朗らかに潤す log.2018

砂くじら

-
えー。
年をまたいで酒記事は久々のupです

今日が仕事始めなんですけど
早速ドーン!とブツが着弾。
同封されていた書類を見ると
あちらから発送したのは昨年の26日&27日。
…出たな『年内に送ってスッキリ』野郎め。
こっちは『新年一発目からどんより』だっつーの。


          


雑念blogの方には書いたんですが
年末年始は道外で年越しをしておりました。
まぁ酒浸りの年越し旅行でしたねー(笑)

帰宅したのが3日。
さすがにその日はあまり呑む気になれず
(出発直前と機内で呑みまくってたせい)
4日も開封中かつ残り少なかった瓶をチョイ呑み程度。
腰据えて呑んだのは昨日から。
年末に買っておいたコレを新規開栓です。
20200405_朗らかに潤す1
有限会社 渡邊酒造場『朗らかに潤す log.2018』38度 黒麹

TRYシリーズ同様、シリアルナンバー入り。
20200405_朗らかに潤す2

湯割りで。
ワタシが作る湯割りは
酒6:湯4と濃いめなんですけど
高度数の酒特有のアルコール!っていう感じが
甘さのおかげかほとんどしません。
芋の味が濃いぃ、38度という度数の割に
呑みやすい焼酎だと思いました。

その代わり、毎度言ってることですが
渡邊さんの焼酎で一番好きな焼き芋感というか
焦げ感の香ばしい味があまりしません。
”呑みやすい”とあの”香ばしい焼き芋感”は
同時成立が成り立ちにくいんだろか?
クセもの好きとしてはちょっと残念。



今年もよろしくお願いします。

ランキング参加中です。



スポンサーサイト