虎斑(とらふ)霧島

ネットで見かけて
ちょっと気になってた焼酎ですが
週末、別の焼酎を探しに出かけた先に
たまたまあったのでGET。

20181124_虎斑霧島
霧島酒造株式会社虎斑霧島』(とらふきりしま)25度 黄麹 黒麹

「あ、これネットで見た新しいやつ!」で
よく考えずに買ったんですけど
いざ呑むべし!とラベル見たら
黒麹はともかく黄麹…どうしても苦手なやつ…。

苦手意識があるせいか、
どうやっても黄麹の味が気になる…というより
苦手故に探してしまうんですよね、黄麹の味を。
その結果、ストレート、ロック、炭酸割り、湯割り、と
ひと通り試したにも関わらず
自分にとって(できるだけ)美味しく呑む
落としどころが見つかりませぬ
相方は湯割りがいいと言ってましたが…。

名前の『虎斑』ってなんぞや、と
ググってみましたら『こはん』とも読むらしく
要するに虎模様を指すようです。
焼酎に虎模様…ってのもピンと来ないので
たぶん「黄(麹)」と「黒(麹)」から来たのかなぁ、と
勝手に思っておりまする。

追記アリ↓



黒霧島EX未だお目にかかれず(涙)

ランキング参加中です。






この『虎斑霧島』を見つけたのは
酒友さんの間ではちょっと話題になってる某スーパー。
前から行ってみたかったんですけど
ウチからではどこへ行くにも真逆方向で
ついでがなかったため今回が初めてでした。

行ってビックリ。
普通の、チェーンスーパー店舗の1つで
酒売り場もスーパーのそれまんまなんですが
なんこの充実っぷり!!!
下手な酒屋よかありまっせ…。

とりあえずあの辺のM系とか
それに準ずるあの辺とか
え?!これが?!っていうそこら辺とかがズラリ。
ただもれなくプレ値だった。惜しい。

モルト系も充実してましたねー。
D丸でようやくGETした
あのクラフトジンが普通に売ってて
ここ…スーパーの酒棚だよな…?と。

で、ここに行ったそもそもの目的は
伊佐大泉新酒が欲しかったから。
以前、限定でこれのひと樽ものが出た時
(呑んでるんだけど記事が見つからなかった…)
ここのスーパーで手に入れた、という話を
酒友さんから聞いてたんですよね。
なので新酒もあるかなーと。

ありました。ええ。1本だけ。
おお!と手に取ると…どうも濁りが薄い。
こないだの旅行の際、福岡で実物を見てるので
(1本だけだと送料嵩むので諦めた)
明らかに濁りが薄いのは分かる。
んー…と詰め日を探すと、ありました。ラベルの裏側。

去年の新酒。

もはや新酒じゃない。
元”新酒だった”やつ。
今年の新酒はないのか店員さんに聞きましたけど
発注してないそうでガッカリ。

虎斑霧島みたいに
棚からボタ餅のGETもあれば
探しても手に入らないのもある。
うまい事いきませんや。



スポンサーサイト






NEW