2018.09東京呑み~その2

二日目。

特に大きな予定はなかったので
ギリギリまでホテルにいたのち
ちらっと買い物。からのイタリアンランチ。
20181001_001ランチ
お店はこちらです→

前に一度ランチで来たことあって
美味しかったしお店の雰囲気も好きだったから
もう1回来たかったんですよ。
次回はディナーで、って思ってたけど
曜日やら時間がなかなか合わず
今回もランチです。

『ランチタイム限定のスペシャリテコース』チョイス。

写真ないですがまずは
レタスにバルサミコのドレッシングがかかった
『小さなサラダ』と『自家製のパン』


20181001_003生ハム
『当店自慢の生ハム』
キャンドルで温めていただくこれは
前も食べたけど塩味が絶妙、
かつハムが香ばしくて美味!!


20181001_004パスタ
『塩水生うにとチェリートマトのパスタ』
生クリームを使ってないのにクリーミー♪


20181001_005ラム肉1

20181001_005ラム肉2
(毎度おなじみ微音カメラで撮ったのでピンぼけすいません)
『仔羊の藁焼きのロースト ピエモンテ風』
ストウブで藁焼きにされた骨付きラムを
クリームソース&付け合わせの青梗菜と
いただきます。
ラムは…なんせソウルフードなので(笑)
このソース美味しいんですよ。
パンに付けてさらいたいところなんですが
確か前回もこの時点でパンは食べ切ってて。
パンと一緒に出てくるオリーブオイルがまた美味しくて
ついそっちで食べきっちゃうんですよねぇ。


20181001_006ドルチェ
『本日のドルチェ』
上がパイナップルの…何か(忘れた)
左はバニラアイス。
そして右!!平べったい、丸い器の右!
ピスタチオのブリュレ!!
これ超旨い。
小鉢に1杯食べられます。ええ。
めっちゃ好きー!

あ、ワインは

白で
香りが立って
でも後味は引かなくて
フルーティーだけど
やや甘めで
リーズナブルなやつ

っていう、たぶん分かる人からしたら
思いっきり矛盾してるんだろうなーという
リクエストをしてみたところ
(ワインよく分かんない。赤苦手だし)
オススメされたのがこちら。
20181001_002ワイン

これ見てワタシが思い出したのがこちら。
20181001_ワインラベル
(ここ参照→
脳内では
♪ポー○ョ○ーニョポニ○魚の子ー♪と
海の上を走る女の子エンドレス…。

『DONNA FUGATA Lighea SICILIADOC ZIBIBBO』
ドンナ フガータ リゲア シチリア ドッグ ジビッボ
(調べた)

ジビッボ:
「干したブドウ」の意。アフリカ由来のブドウ。
別名モスカート・ダレッサンドリア
アロマティックさと、高い糖度が特徴。
シチリアでは甘口の瞑想ワインに使わる。
(調べた)

瞑想ワイン…。
呑みながら瞑想したら寝る(ワタシの場合)…。

料理を組み合わせる必要が無い
「単体で楽しむことができる」ワインのこと。


香りが芳醇で余韻が長いのが特徴。


納得。
もンのすごく香りが良かったんですよこれ。
フルーティーで
でも食べ物の邪魔をしないスッキリ切り上げ感。
瞑想ワインっていうのか…そうか。
かなり気に入ったから
次から「瞑想系みたいなやつ」って
オーダーしてみよ。

ランチを終えて銀座中央通。
20181001_007銀座暑い
30度。
暑かった…空の青さが夏やんけ。
10月だってのに。

この日、飛行機は午前中~午後にかけての便に
台風の影響で欠航続出。
ウチは夕方の便だったので
影響ありませんでしたが
振り替えた乗客で満席だった上
乗り継ぎ便(石垣とか宮古とか南の方)が
遅れたため40分遅れの離陸でした。

20181001_008雲の上
雲って不思議だよなぁ、と
未だに飛行機乗るたび思うアラフィフ…。




長々ありがとうござましたー。

ランキング参加中です。



スポンサーサイト



NEW