酒blog3周年グリーティング画像
よろしければこれからも何卒



スポンサーサイト




昨日の宅呑み。

20200526_一果
宝酒造株式会社
松竹梅白壁蔵 澪『一果』スパークリング清酒 4%

知人からの頂き物。
イチゴとバナナの”ような”香り(※蔵元HPより)
スパークリング清酒、ってことですが
確かに『香り付けましたー!』的な
どギツさではなく
清酒特有の甘さにフルーツフレーバーが
良く合ってるお酒でした。
お米のシャンパンみたいなカンジ。

まぁ呑んべのウチからすると
シャンパンというよりはシャンメリーみたいな(笑)
一気呑みでしたけども


20200526_夏のまんねん
有限会社 渡邊酒造場夏のまんねん』20度 黒麹
期間限定

今年も来たねー青ペンギン!と
ワクテカで開栓したんですけども…

最初にシャンメリーか、っていう
甘いのを呑んだせいか
舌が甘くなってて妙に辛い。
改めて今夜呑み直します…。




にほんブログ村 酒ブログへにほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ






注目してて
こないだようやく呑めたやつ。
20200522_朗らかに醸すTRY2019紫娘
(※諸事情により背景編集済)
有限会社 渡辺酒造場
『朗らかに潤す TRY2019 紫娘』25度 白麹
マグナムボトル仕様1,500ml
1,194本限定

右は相方チョイス
知覧醸造株式会社『多楽き無濾過』25度 黒麹


で。このTRY2019紫娘。
なんかもう、個人的には
良くも悪くもある意味ツッコミどころ満載で(笑)


四合瓶ないの?え?マグナムボトル?
1,500?なにそれ?
え、25度で1,500なのに¥高くない?!
あ、でも首細くて長いから持ちやすいかも。
ラベルに一杯書いてある‥・けど字小さ過ぎて読めない(老眼)


↑私的ツッコミ一式でした。


炭酸かロックがオススメとどこかで見たんですけど
渡邊さんの焼酎は
湯割りで出る香ばしい焦げ感が好きなので
敢えて湯割りでトライ。

紫芋を湯割りにすると
ベタッとした甘さと酸味が立つのが好みじゃないんですが
これは気にならなかった。
ていうか、一時期すっかり呑みやすくなって
鳴りを潜めてたあの焼き芋感が出てて嬉しかったー。

夏のペンギンも買ってあるんですが
まだ未開栓…楽しみです。



にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ





20200524_肴
鮭と玉ねぎのサラダ レモンドレッシング
切り干し大根
新生姜の甘酢漬け・ゆで卵の白だし漬け
キュウリの白だし漬け→
焼きそら豆

サラダはテキトーに。
焼き鮭を大きくほぐしたものと
水にさらしたスライス玉ねぎ、レタス、
余ってたインゲンを茹でたもの、と合わせて
レモンドレッシングをたっぷり。

このレモンドレッシング、酸っぱすぎなくていいです。
のレシピなので
いつものようにリンク貼ったら
なぜか文字化けして上手く表示されない…。
プレビューではちゃんと貼られてるのに。
レシピID : 2083766 です。

そら豆は近所のスーパーにあって
『鹿児島産』と書いてあったので衝動的に(笑)
焼きそら豆、家で初めてしましたけど
焼き上がりの皮がなんか…お店で食べるのとは違い
コゲの付き方が爬虫類のそれのようで
グリル開けた時、思わず「ゲッ」って出ましたわ…。




にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ





解除になったらなったで心配だし
でもならなかったらならなかったで
このままで経済大丈夫か…ともなるし
なんとも複雑でございます。

ススキノの某BARが営業自粛中に
『カクテルキット』のTAKEOUTをしていたので
何度か購入しました。
必要な材料が全て小分けで
カクテルの種類ごとにパックされているので
自宅で説明書通りに混ぜるだけ。
それで手軽に、しかしクォリティの高いカクテルが
自宅で呑めたので楽しかったですねー。

作る際、炭酸モノ以外は最後に
『(あれば)シェイカーで振る』
『(なければ)ペットボトルに入れて振る』
という工程があるんですけど
確認したらウチ、道具なぜか最低限ありました。
20200523_ツール
周りに話すと
「なんでシェイカーなんてあるの?!(爆)」って
揃って笑われた…いや、そんな変???
ワタシの実家にもありましたよ?
…今思えば誰も使わないのに

マドラーは普段使ってるんですけど
メジャーカップとシェイカー…
すっかりあるの忘れてた。
確か一時期、オールドソルティドッグにハマって
家で呑みたいなーってマドラーとメジャーカップを
買いに行った時
「あ、シェイカーもいるでしょ」(※いりません)って
買ったんですよね。
それっきり使ってない、はず。
袋と箱に入ったままだったし。

バーテンダーさんのように
カッコよくは振れないので
せめて「まんべんなく振る」に集中しよう、と
全身全霊で振ったところ


相方「…代わるわ。手首傷めるそれ」


で、あまり振らせてもらえなかった件…。






自粛=宅呑み増で
我が家の酒在庫が本当にヤバい状況に。
木曜の帰りに相方から
『これから酒屋行くぞ!』というメールが来て
急遽仕入れてきました(笑)

で、まぁせっかく酒買ってきたのに
お預けはないよね、ってことで
木曜の休肝日は吹っ飛ばし

そんなワケで宅呑み新規開栓。
20200521_小牧ソーダ割り専用1
小牧醸造株式会社『一尚(いっしょう)ソーダ割り専用』35度 白・黒麹

札幌の某酒屋さん考案で
去年から始まった夏焼酎らしいんですけど
ワタクシ今回お初です(笑)

20200521_小牧ソーダ割り専用2

酒2:炭酸8がオススメらしいんですが…
(ウチには)薄いよねってんで
相方、いきなり5:5で作りだす(笑)

旨。

美味しいですねこれ。
炭酸割りに負けない強い味。
もう少し薄くても十分美味しいと思われますが
ウチは終始5:5で通しました。
(昨夜呑み終わった)

さんざ呑んでから裏見たら…
20200521_小牧ソーダ割り専用3

35度なのか!

この時点で気づくのも
どうかと思うんだけど
そりゃあ濃いはずだ…

これはもう1本追加購入予定です。
キタノハテの夏ピークは他の都府県より
1か月強遅れですからねぇ


20200521_夏の潤平20201
小玉醸造合同会社『夏の潤平』20度 白麹

毎年のマイマスト。
ウチが試飲せずに最初から一升瓶買うのは
ここの焼酎だけです。
相変わらずロックでウマウマ

20200521_夏の潤平20202

ステッカーめんこい




にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ





宅呑み新規開栓。
酒倉庫の奥に引っ込んでた段ボール
(引っかかって取りにくいからスルーしてた)
引っぱり出して眠ってた2本open。

20200520_小鶴1
小正醸造株式会社『小鶴 復刻版』25度 黒麹

ググったら”小鶴の復刻版”という同名で
明治の復刻版(黄麹)と昭和の復刻版(黒麹)が
あるらしいんですけど
昭和の復刻版との見た目の違いが
いくら探しても分からなかったのと
そこまで古くはないはずなので
たぶん昭和の復刻版だと思います(笑)

キャップ開けて匂い嗅いだら
ほんのりライチのような甘い香り…
そう言ったら相方


「炭酸割りじゃない?それ(ライチ)なら」


って言われたけど
昨日は炭酸開けない日なので
まずは湯割りで。

濃いめの甘さと
ちょっと変わったクセが舌に残ります。
相方は苦手なタイプの味ですが
ワタシは好きな方。
荒濾過とか無濾過とかそっち系だった
(何年経ってるか分からないので過去形…)
らしいので、クセと濃い甘さはそれゆえかなぁ。

あと詰め日などの刻印を
ラベルから見つけられず。
透明ボトルだからラベルの裏も良く見えるんだけど
それらしいものはありませんでした。
替わりにあったのは
20200520_小鶴2
これのみ。
たぶんこれが詰め日等の暗号…?なのかな?
解読は不可能です(笑)


20200520_佐藤白1
佐藤酒造有限会社白麹仕込 佐藤

箱の中にこれいたのはビックリした。
うぉ!アンタここにいたの?!って(笑)
四合瓶はダイニングテーブルからすぐ取れる場所に
置いてるから在庫把握してるけど
一升瓶…あったんだ…と

20200520_佐藤白2
2015.03の印字。
日付からして恐らく…地元酒屋さんが蔵元と
取引をスタートさせて間もない頃かなぁ、とも
思ったんですけど
この酒屋さん、当初は四合瓶のみでの販売だったんですよね。
なのに一升瓶ってなんでだ…?
モザイクの下には酒屋さんのスタンプがあったので
そこで買ったことには間違いないはずなんですよねぇ。

まぁ2本とも
詳細が記憶の彼方へ消えている、
ということで




にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ






昨日の宅呑み肴。
20200519_肴
しゃきしゃきレタスの豚キムチ炒め→

味付けはほぼコレのみ(笑)↓
20200519_キムチ鍋の素
産直でリーフレタスが超安かったんで
あまり考えずに買ってきたんですけど
ひと抱え(かなりの大玉)もあるとさすがに…
サラダじゃ消費しきれない…ってんで
炒め物で何か!とググったらこれがヒット。

これ自体はキムチ鍋する時に
いつも使うので
(この季節、鍋の素は最寄りスーパーでこれのみ)
あ、ちょうどいいじゃん!と。

切って、漬けといて、炒めて、絡める、だけですが
かーなーり美味しかったです。


            


最近、blog記事に焼酎ネタが少ないと
お気づきの方もいらっさるのではないかと。

外出自粛からの宅呑み激増による
在庫僅少…。
酒屋さんへ行こうと思いつつ
なんやかんやで行けておりませぬ。
しばらくは九州どころか
市内から出るのもNGだし
どうしようかなぁ、と。
ネットで買うのあんま好きじゃないんだけど
背に腹は代えられないかもなぁ…。




にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ







随分前に買ってあったやつ→
マイクラフトジンブームで開けました(笑)
20200517_HINATA.jpg
京屋酒造有限会社HINATA』47度

呑み切りタイプの小瓶ですが
度数が度数なので
一度に呑み切ったら死にますたぶん

まずはロックで味見。
比較対象がこないだ呑んでた
本坊さんの和美人しかないんですけど(笑)
ちょっと辛め…かな。

トニックウォーター&ライムでジントニックに。
量にもよるんでしょうけど
ジンがなまじスッキリ辛めなので
ライムとトニックウォーターの甘さが前に来て
ジュースのように。呑みやすっ。

結局、一番好みだったのは
ライムたっぷり絞って炭酸INの
ジンリッキー的なやつでした。
今年の夏はジンの消費量が上がりそう~




にほんブログ村 酒ブログへ








昨日、日曜日の宅呑み肴。
20200517_肴

・焼きねぎのおひたし→
・紅大根甘酢漬け
・ゆで卵の白だし漬け
・エリンギ焼いたの
・鶏チリ
Cpicon 黄金比率の甘辛たれ♬ 胸肉鶏チリ☆ by スタイリッシュママ

朝チラッと産直行きまして。
まだハウスものなので
そんなには買わなかったんだけど
やっぱり生きがいい!特に葉物!

エリンギはキノコをあまり好かない相方が
珍しく「焼いて食べたい」というので
買ったんですけど
割いて、グリルで炙って、塩振っただけのこれが
めちゃめちゃ旨かった!
新鮮だからでしょうね、水分すごい含んでて
弾力のある歯ごたえと一緒に
ジュワジュワ出てくるんですよ。
新鮮って、すごいなーと。

ゆで卵の白だし漬けは
昨日書いてたやつ→
ちょっと食べたら美味しかったんで
ダメ元で相方に勧めたら
(ゆで卵はあまり…固ゆでならなんとかというヒト)

「旨いなこれ!」

定番肴になりそうです


鶏チリは2度目。
この下に敷いた野菜は
産直で”サラダセット”として売ってたもので
ルッコラやアカミズナ等、5種類くらいの葉物が
2~3束づつに1セットになってたやつ。
これを切って鶏チリの下に敷いたんですけど
ちょっと辛めのチリソースにこの野菜が絡んで
最後まで美味しく食べられました。

しかし野菜が高いですなぁ…。
地物ピークまではしばらくかかるし…。
外出自粛で酒代もうなぎ上りだし
お財布が大変でございます




にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ









NEW