2019.07宮崎鹿児島呑み~その8

最終日その2。

なんせ早起きだったため
のんびり朝風呂の後は
これまた余裕を持って荷造り。
そして予定より1時間早く朝食会場へ。

結果的にこれが良かったんですけどね。

同フロアにあるフロントと朝食会場の
ちょうど真ん中あたりに
EVがある造りなんですが
降りると目の前にホワイトボードが。

高速道路通行止め発生。

鹿児島空港までは
ホテルのシャトルバスで天文館まで移動し
天文館から高速バスに乗る予定だったので
一瞬「ゲッ」と思ったんですが
その時点ではまだ
詳細な情報は入ってなくて
土地勘のないウチにはどこら辺に影響があるのか
ピンと来なかったんですよ。
で、ゆっくり朝食済ませて部屋へ戻る前に
もう一度確認しに寄ったら
さらに具体的に影響範囲が書かれてまして。

『空港への高速バスは下道運行』
『移動にはいつもより時間がかかります』

後で調べてみたらこんな状況でした。
20190714_04通行止め
黒い部分が通行止め範囲。
モロ空港IN。

これも後から聞いたんですけど
Yの字になってる真ん中にある『加治木』、
ここで前の週にもあった大雨の際
法面が崩れ土砂が高速道路に流れ込んだそうな。
で、その復旧が完全に終わってないうちに
大雨来たんでまたやられたんだとか。
(地元の運ちゃん曰く)

前の週の大雨は
ウチらも当然ニュースで知ってて
『鹿児島空港まで4時間かかって乗れなかった』
っていうインタビューも観てたので
(通常だと約一時間)
こりゃまずい、と。
高速バスが下道を走る場合、
前もって陸運局に届け出た道路しか走れないので
そこがどんなに渋滞していても
抜け道も回り道もできないんですよねー。
渋滞に捕まったらそこで終了。

知り合いのタクシーに電話をかけ
急遽空港まで乗せてってもらうことに。
2時間はかかる、ということで
予定より一時間早くチェックアウトすることにし
フロントが混んでる場合も考えて先に清算。
あらかじめ荷物はまとめてあったので
9時きっかりに降りていくと
案の定チェックアウトは行列…ヤバかった

後は地元の運ちゃん任せ。
途中「え?!ここ曲がるの?!」的な
山道(抜け道)を爆走したりした結果、
きっかり2時間後に鹿児島空港に降り立ちました。
感謝感謝です。

でね。

乗る飛行機は14時過ぎ。
当初の予定では10時にチェックアウトしたら
天文館で鰻食べて
それから空港移動だったのを
とにかく空港に行かなくちゃ!で出てきたので

3時間の待ち発生。

…しゃーない。緊急事態だったし。

ゆっくりするしかない、と
最後のお土産を物色した後
お昼ご飯は大好物のコレ!
20190714_05山形屋の焼きそば
山形屋の焼きそば。
いつもはデパートで食べるんですが
今回行ってないので。
デパートの方には「小サイズ」があって
量的にはそれがジャストなんだけど
空港は通常サイズのみ。
相方とシェアして食べましたわ。

搭乗手続きをして中に入ると
搭乗口の近くに
区切られたテーブルとイスのスペースがあり
充電もできたのでそこでマッタリ。
ひたすらスマホ&昼寝を繰り返して待ち
ようやく時間になった!…と思ったら
今度は使用機到着遅れでまだ着いてない。

三連休で羽田空港滑走路渋滞。
使用機の羽田離陸10分遅れ、
プラス機内清掃と離陸準備遅れ、
プラス気流の乱れで到着遅れ。
最終的に羽田空港着30分遅れ。

乗り継ぎ時間は50分。

しかも羽田空港は広い。
そして地方からの便は搭乗口が遠い。
うわマズい。
こりゃ爆走せにゃならんな…と
思ったところにトドメの
ボーディングブリッジなしでバス移動。

・・・・・。

重なる時は重なるもんなのか…。
いやでもウチのせいじゃないしさ。
むしろ遅れないように打つ手は打って来たし。

で、まぁ
『〇〇便にお乗り継ぎの方は地上係員に~』
って、ええバッチリ該当で。
急いで出てって
「すみません!〇〇です!」って言ったら
そこからはもう、内線(スマホだった)で
連絡を取り合いながら移動する
グランドホステスさんにひたすらついて
よく分かんない階段とかドアくぐって
気が付いたらリムジンバスの乗り場にいたんですけど
みんなが乗ってるバスじゃなく
その後ろのバスに
「乗ってください!」って言われて
でっかいリムジンバスにウチら2人で移動するという
文字通りの「リムジンバス」状態に(爆)

「滅多にできない経験だぞ!動画撮っとけ!」と
相方に言われて撮りましたけど
3人しか乗ってないバス車内を撮らなきゃ
意味ないんだよねこれ…
でもさぁ、真剣モードのグランドホステスさんの目の前で
「うわーい!レア体験!」とか
申し訳なくてできなかった

バスが着くとまたグランドホステスさんの後から
ドアを何枚もくぐり、よく分かんない階段を上がり
最後にパスワード入れて開くドアを出たら
目の前には機内に乗り込む人達。
改札くぐり直さなきゃならないので
そこを逆流するんですけど
これもまたレア体験だなと(笑)

出る時、ずっと案内してくれたグランドホステスさんに
「ありがとうございました!」って言われ
つい「こちらこそお手数かけました!」って
言っちゃったんですけど
そもそも遅れたのはウチのせいじゃないよな、と(笑)
逆にレアな体験をさせていただいて
ありがとうございました、ですわ

なんやかんやで無事新千歳着。
20190714_06新千歳着
七分袖が寒かった…。




ちょっと追記アリ↓



[ 続きを読む ]
スポンサーサイト




2019.07宮崎鹿児島呑み~その7

呑み旅最終日。

…色んな意味でてんこ盛りでした。

まずは未明からの大雨。
ワタシは前夜の夕食後
あまりのお腹のキツさ&酔いで
温泉入るのもやめて速攻寝たんですが
(たぶん22時くらい)
午前2時くらいから
雨がヤバい状況になりつつあったため
枕元に置いたスマホが
気象情報を知らせ始めまして。
それが
一時間おき。
そして
その都度起こされる。

うつらうつらしながらも
なんとか寝てたんですけども…
20190714_01防災速報

トドメのコイツで飛び起きる↓
20190714_02緊急速報
テレレレレンテレレレレンという
上向きの嫌~なアラーム。
地震を思い出して変な汗の出るアラーム。

ワタシの枕元のスマホ、
相方の枕元の携帯、
デスクに置いてあった相方のiPad、の
3台同時に鳴りだすもんだからもう…
いっぺんで目覚めましたよ

諦めて起きた相方。
朝風呂行くかなーと支度を始めるも今度は


「あれ?部屋の鍵がない?」


このホテルはカード式じゃなく
ルームナンバー入りキーホルダー付の鍵。
もちろんワタシと相方と1つずつ。
ワタシの分はバッグにちゃんとあったけど
相方の鍵がどこにも見当たらない。

前夜、夕食後ワタシは爆睡したけど
相方は1人で温泉行ってるんで
その時にどっか変なとこ置いたんじゃないの?と
一緒に探しながら言うと
入り口脇にあるクローゼットを確認しに行った相方、


(ボソッ)なんかドアに挟んである…」


と何やら小さな白い封筒を。
20190714_03メッセージ

鍵がドアに刺さったままになっておりました。

相方~
なにやってんの?!
危ないじゃん!!

いや、今回の部屋ってのがフロアの一番端の部屋で
かつ、隣室には客がいなかったらしいんですよ。
しかも向かいはたぶんスイートかなんかの
ハイグレードな部屋っぽい2部屋分ぶち抜きで
こちらも人が入ってる気配ナシ。
ホテル取る時はいつも
『EVから遠くても構わないから静かな部屋』
をリクエストするんでこうなったんでしょうけど
希望通りすっごい静かで良かった替わりに
部屋前の人通りはほとんどないワケで。

メッセージの時刻は午前1時。
他のお客さんを案内した時っていう時間じゃないから
見回りで気づいてくれたのか、
防犯カメラか何かで気づいてくれたのか…。


で。


フロントに電話すれば持ってきてくれるとの
ことなので
準備のできた相方にはワタシの鍵を持たせて
先にお風呂へ行かせ
ワタシが電話して受け取ることに…って
ちょっと待て。
これじゃワタシが挿しっぱにしたみたいじゃんか!
違う!やったのは相方だ!ということを
アピールしなくては!


電話したらすぐ持ってきてくれたホテルの方
「鍵が刺さっておりました~(笑顔)」

ワタシ
「すみません!主人がやらかしまして!」
主人がお手数かけました!」


リアル”大事なことなので2回言いました”(笑)

やっと鍵が来たのでワタシも温泉へ。
支度中にもアラームが鳴ったので
無人の部屋で鳴らしておくのも迷惑だよな…てんで
スマホ、携帯、iPad全て電源オフって出発。
露天風呂から見るこの旅最後の桜島は
雨雲で覆われ、裾野の方しか見られませんでした。


そしてこの後で
ひと山どころかもうふた山発生…
長くなったので分けます。






NEW