豚肉とパプリカの黒酢炒め

日曜日の宅呑み肴。

20190602_豚肉とパプリカの黒酢炒め
豚肉とパプリカの黒酢炒め。

Cpicon 柔らか豚肉とパプリカの黒酢炒め by Y’s

お肉は豚バラ薄切り。
レシピでは巻いてますけど
めんどくさいので巻かずに大きめに切ってそのまま。
パプリカは産直で買ってきた
釧路産なんですけど
釧路でパプリカ採れるんだ…知らなかったよ。

これ、黒酢がポイントですねー。
ウチ愛用の黒酢はとても濃いので
酢だけ量半分で作りましたが
案の定それでちょうどいい味でした。
コレ→
九州行った時買い込んできます。






で、夏の潤平ですが…

買ったのが土曜日の18時頃。
その晩に開栓。
相方共々よってたかって呑んだ結果、
日曜の宅呑み終了時には
20190602_夏の潤平残量
1800mlです…。
いやさすがに呑み過ぎ…。




また週末買いに行かにゃー。

ランキング参加中です。
スポンサーサイト




SAPPORO餃子製造所

日曜日。

用事すましがてら相方と駅前でランチ。
相方が前から「行ってみたい」と言ってたコチラへ。
20190602_餃子研究所1
SAPPORO餃子製造所 札幌BRIDGE店→

市内に数店舗あるんですねー。知らなかった。

餃子は大好きだし
惹かれるメニューもたくさんあったんですけど
なんか暑くてお腹の空き具合がイマイチ。
定食は諦めて単品にしました。

20190602_餃子研究所2ビール
まずは中生。食欲なくても酒は別腹です(笑)
相方はハイボールの大頼んでましたが
一口呑んで
「…次(来る時)はレモンサワーにしよう」
と呟いてたので、まぁそういうことなんでしょう

ワタシチョイス。
20190602_餃子研究所3_焼き
焼き餃子。
つけダレは醤油+ラー油+酢…と思いきや
出されたのは刻みネギだけが入った小皿。
「お酢を入れてお召し上がりください」とな。
20190602_餃子研究所4_焼きタレ
ここでは酢+きざみネギが基本らしいです。
なるほどお肉の甘さがジューシーに引き立って
これはこれでアリですねー。

相方チョイスは水餃子。
20190602_餃子研究所5_水餃子
こちらは普通に餃子のタレでした。

普通に美味しかったです。
また行くかな。
今度はちゃんとお腹空いてる時にしよう(笑)





ランキング参加中です。




夏の潤平2019

宅呑み新規開栓。
20190601_夏の潤平
小玉醸造合同会社『夏の潤平』20度 白麹

これだけは飲食店で味を確認しなくても
毎年まず自分で買って呑む銘柄。
今年もようやく手にできました。

杜氏曰く今年は
「ロックにちょい水」がオススメらしいんですが
ワタシはロックが好き。

ガッツリ強いけど
フローラルっぽい味と甘さで優しいカンジ。

好きだわこれ。

相方も同様らしく
2人してよってたかって呑んだ結果…
(日曜日へ続く)




コスパ超悪我が家。

ランキング参加中です。




土曜日は朝から産直へ。
道外の知人に送る手配をするため
結局2か所回ったんですが
考えたらワタクシ今年初の産直
(冬の間はcloseだから)だったんで
ついつい買いまくりまして
20190601_野菜
野菜祭り。
漬けたり、茹でたり、色々アテを仕込みました。

色がキレイなんですよねー。
お店のすぐ裏手にある畑で採れた野菜ですから
生命力の溢れ方が違うというか。
真っ先に目に留まったのはラディッシュ。
強い赤と緑のコントラストがキレイ。
実の部分はいつもピクルスにするんですけど
葉って大抵萎れかかってて
食べたことなかったんですけどね。
今回の葉シャキシャキピーン!
これは食べられるだろーとレシピググったら
普通にサラダとか、炒め物が多かったので
シンプルに。
20190601_ラディッシュの葉のニンニク炒め
ごま油、ニンニク、白胡麻、塩のみの
炒め物です。
シャキシャキしてて美味しかった♪

20190601_肉巻きコロッケ
北あかり(じゃがいも)は越冬モノだったので
早く使い切らないといけないってんで
久々に肉巻きコロッケ。

玉ねぎのみじん切り、マヨネーズ、
隠し味にバターちょびっと入ってます。
それを豚バラスライスで巻いて揚げただけ。

越冬じゃがいもが甘い!とにかく甘い!
雪の下でひと冬栄養蓄えまくりましたぜ~!
っていう甘さが美味!
芽の出る寸前ギリギリまで
養分蓄えたお芋なので
ちょっとでも暖かいと速攻発芽して台無しですから
急いで使い切らないとならないのが
毎度大変です(笑)




だから道外には送れない…。

ランキング参加中です。






NEW