清酒『手取川』の思い出

最初に金沢を訪れた時の事。
もう二十年は昔の話です。

ワタシには初めての金沢。
駅前のビジホにチェックインし
じゃあ夕飯にいきましょか、と
チェック入れておいた中の1軒へ。

店名も場所も忘れましたが
確か海鮮が売りで酒は日本酒を揃えている店、
だったと思います。
間口は狭く、奥に長い作りの店内で
入って右にカウンターと厨房、
左に畳の小上がり。
小上がりではお若い男女の方々、
10名ほどの呑み会が始まるところ。
私達はその盛り上がりを背中に
カウンターへ。

なにせ人一人分の通路挟んだだけの
カウンター&小上がり間。
オーダーも呼び鈴や電話ではなく
普通に地声で
「すいませーん!ビール1つお願いします!」等
背中から私達の上を飛び越えてゆく(笑)
若いっていーやねぇ~等と呟きつつ
海の幸と日本酒に
まったり舌鼓を打ってたんですが…。


「すいませーん!手取川追加お願いしまーす!」
「すいませーん!手取川お願いしまーす!」
「すいませーん!手取川1つお願いしまーす!」

…やたら”手取川”とやらを呑んでるのがいるなぁ。

「すいませーん!手取川お願いしまーす!」
「すいません!手取川ください!」

・・・・・・。

「手取川ください~」
「あ、2つ~!」
「追加お願いします~手取川!」


気になる。
そんなに旨いのか手取川とやらは。


洗脳というかすりこみというか…
店にいる間ずっと「手取川お代わり!」を
聞いていたので
サブリミナルに近い状態。
気になるならその場で呑んでみりゃいいんですけど
既に結構呑んだ後だった上
今より全然お酒呑めない頃だったので

帰ったら探して呑んでみよう

現在に至る

置いてるとこ見つからなかったよ…。

そんな清酒 手取川、
今月から地元の最寄り酒屋さんで
取引が始まったそうです。
二十年前のサブリミナルが今!
やっと満たされそうでございます。

清酒 手取川の思い出でした(笑)

スポンサーサイト




クラフトBEER5連発

過去呑み記録。


本格的に酒に入ったのが
比較的味の濃い(特徴があるというか)
芋焼酎だったせいか
日本酒もビールもモルトも
どちらかというとクセモノを好む傾向にあります。

そんなワケでビールもIPAとかクラフト系が好きですが
根底にあるのは
ビール=サッポロクラシック
これ不動也(笑)


20170726_マイボックと志賀高原IPA
左:株式会社ベアレン醸造所Maibock(マイボック)』6.5% ラガー
Mai=May:5月 bock=濃厚・強い
という名の通り春のビールだそうです。
苦みのあるコク、なのに甘く
最後に独特のフルーティーさもくるという
なんでもありなビール。
「とり(あえず)ビー(ル)」ではなく
じっくり味わいながら呑むビールでございます。

右:株式会社 玉村本店House IPA』8% インペリアルIPA
これは確か相方チョイス。
IPAの割にはスッキリ軽い口当たりで
呑みやすかった記憶が。


20170726_RisingSunPaleAle.jpg
Baird Beer(ベアードビール)Rising Sun Pale Ale
5.5% ペールエール
”ラガービールの中のピルスナーのようなもの”
という説明がありますけど
その通りのスタンダードビアでした。
「ライジングサン」って言われたら
こっちじゃなくてあっちが浮かぶわ(笑)



20170714_こざるIPAとサマバケ
左:株式会社 箕面ビールこざるIPA』4.5%
割とスタンダード寄りだけど
穏やかなIPAで、ちょっとホワイトビールみたいな
柑橘系の味もするヤツ。だったような。
ラベルといい、
女子ウケしそうだなーと思った記憶あり。

右:ハーヴェストムーンSummer Vacation Ale』5% 
千葉県舞浜と言えばディズニーランド!
そのTDR内にあるショッピングモール、
イクスピアリ内で作られている
舞浜の地ビール。

名前の通りの爽やか&呑みやすさ。
ホワイトビールっぽい甘さもあり
スッキリしながらも味わって呑めました。

そういやウン十年前行った時
SEAだけお酒呑めたので
ビール呑んだんですよね。
あれって銘柄はなんだったんだろうなー。







NEW