古酒 琉球クラシック

酒棚で前回のホワイトタイガーより
さらに見つけにくい、普段開けない方から出てきた泡盛。
20180209_琉球1
新里酒造株式会社古酒 琉球クラシック』25度

詰め日は2007年の9月らしい。
20180209_琉球2

もともと3年古酒のものから10年だから計13年?
さぞやまろやかに、と思いきや
蔵のサイト見たところ
そもそもがまろやかな泡盛らしいので
どんなことになってるのか…。

呑むならやっぱ冷やして=夏かなぁ。




追記アリ↓

ランキング参加中です。



[ 続きを読む ]
スポンサーサイト




ホワイトタイガー7年古酒

昨夜もダラダラと
ひとり歩き古酒の湯割り呑みつつ
(空になった…また来年…)
酒庫の物色整理。

20180207_WhiteTiger1
有限会社 今帰仁酒造ホワイトタイガー7年古酒』43度

那覇空港限定販売の泡盛です。

20180207_WhiteTiger3
コースター付き(笑)

数年前、宮古島へ行った際
那覇空港での乗り換え時に
売店でこれを見かけまして。
ちょうど四方将神(青龍、白虎、朱雀、玄武)の
出ている本を読んでいたこともあり
「白虎の泡盛か~」とひどく惹かれたんですが
これから宮古島へ移動する今、
瓶モノを買うのもちょっと重い。
相方に
「帰りまたここで乗り換えだからその時買えば?」
と言われ、そーだそーだそうしよー♪で
帰りのお楽しみ…のはずが。

時間なくて寄れず

宮古島からの便が
なんかで(忘れた)遅れて
那覇での乗り換えがギリギリ。
とても買い物どころじゃなく諦めざるを得ず。

ところがそれから数年後、
知人が「貰い物なんだけど泡盛呑まないから」と
出してくれたのがコレ。
まさかの再会!
ありがたくいただいてきてから
開けたいような、もったいないような、のまま
現在に至ります。

20180207_WhiteTiger2
詰め日が2014年らしいので
7年古酒+4年=11年古酒?(笑)
結構いいとこまで来たなぁ、と思ってたら
奥の方まだなんか泡盛が…
昨夜は眠くてここまでにしたので
チェックはまたの機会に~。




宮古島…遠かったなー。

ランキング参加中です。



去年の今頃、鹿児島の酒屋さんでgetしたやつ。
20180206_マルス2016nonpeated1
本坊酒造株式会社
マルス津貫蒸溜所2016年 蒸留新酒 ノンピート
20180206_マルス2016nonpeated2
蒸留:2016.11月 度数60%
マルス2016nonpeated3
瓶詰め:2016.12月 内容量:250ml

すいませんジャケ買いです

ボトルと中の液体の透明度&質感、
ラベルの色と光沢あんばいと
スペックの一見手書きっぽいフォントも
どストライク。の、一目惚れ。
ラスト1本だったのもあり
「よしよし一緒におウチに行こうね」と
何も知らず考えず買ってしまったんですが
よくよく見たら60度。

…どうやって呑んだらいいんだべ。

からの現在(笑)

実は近々、毎年恒例の
九州呑みっぱなし旅に出る予定。
向うで焼酎を仕入れてくるつもりなので
家にある在庫の確認を…と漁ってて
コイツを思い出し
今さらながら調べてみたんですが

・ニューポット(蒸留新酒)はシングルモルトウイスキーの原型
・これは2016年11月開設初年度のニューポット
・モルティな香りと豊かに広がる甘味余韻が将来のウイスキーの片鱗
・トワイス・アップ(ニューポットと同量の水を注ぐ)するとより香りが広がる
※本坊酒造HP商品説明より抜粋



だそうです。
横文字のモルト用語多いえーと

とりあえず水と5:5がオススメらしいですけど
元が60度ですから5:5でも30度。
…高過ぎ。
どうやって呑もうかなー。

あとこれ調べてたら
これの2017verもあったんですが
こちらは

・2017年5月に蒸溜されたヘビーピートのニューポット
※本坊酒造HP商品説明より抜粋



って
ヘビーピートの方がたぶん好み。
とっくに生産終了してるし
もうないだろうなぁ。。。




創吉のティスティンググラスいいなぁ…。

ランキング参加中です。






NEW