2019.07宮崎鹿児島呑み~その8

最終日その2。

なんせ早起きだったため
のんびり朝風呂の後は
これまた余裕を持って荷造り。
そして予定より1時間早く朝食会場へ。

結果的にこれが良かったんですけどね。

同フロアにあるフロントと朝食会場の
ちょうど真ん中あたりに
EVがある造りなんですが
降りると目の前にホワイトボードが。

高速道路通行止め発生。

鹿児島空港までは
ホテルのシャトルバスで天文館まで移動し
天文館から高速バスに乗る予定だったので
一瞬「ゲッ」と思ったんですが
その時点ではまだ
詳細な情報は入ってなくて
土地勘のないウチにはどこら辺に影響があるのか
ピンと来なかったんですよ。
で、ゆっくり朝食済ませて部屋へ戻る前に
もう一度確認しに寄ったら
さらに具体的に影響範囲が書かれてまして。

『空港への高速バスは下道運行』
『移動にはいつもより時間がかかります』

後で調べてみたらこんな状況でした。
20190714_04通行止め
黒い部分が通行止め範囲。
モロ空港IN。

これも後から聞いたんですけど
Yの字になってる真ん中にある『加治木』、
ここで前の週にもあった大雨の際
法面が崩れ土砂が高速道路に流れ込んだそうな。
で、その復旧が完全に終わってないうちに
大雨来たんでまたやられたんだとか。
(地元の運ちゃん曰く)

前の週の大雨は
ウチらも当然ニュースで知ってて
『鹿児島空港まで4時間かかって乗れなかった』
っていうインタビューも観てたので
(通常だと約一時間)
こりゃまずい、と。
高速バスが下道を走る場合、
前もって陸運局に届け出た道路しか走れないので
そこがどんなに渋滞していても
抜け道も回り道もできないんですよねー。
渋滞に捕まったらそこで終了。

知り合いのタクシーに電話をかけ
急遽空港まで乗せてってもらうことに。
2時間はかかる、ということで
予定より一時間早くチェックアウトすることにし
フロントが混んでる場合も考えて先に清算。
あらかじめ荷物はまとめてあったので
9時きっかりに降りていくと
案の定チェックアウトは行列…ヤバかった

後は地元の運ちゃん任せ。
途中「え?!ここ曲がるの?!」的な
山道(抜け道)を爆走したりした結果、
きっかり2時間後に鹿児島空港に降り立ちました。
感謝感謝です。

でね。

乗る飛行機は14時過ぎ。
当初の予定では10時にチェックアウトしたら
天文館で鰻食べて
それから空港移動だったのを
とにかく空港に行かなくちゃ!で出てきたので

3時間の待ち発生。

…しゃーない。緊急事態だったし。

ゆっくりするしかない、と
最後のお土産を物色した後
お昼ご飯は大好物のコレ!
20190714_05山形屋の焼きそば
山形屋の焼きそば。
いつもはデパートで食べるんですが
今回行ってないので。
デパートの方には「小サイズ」があって
量的にはそれがジャストなんだけど
空港は通常サイズのみ。
相方とシェアして食べましたわ。

搭乗手続きをして中に入ると
搭乗口の近くに
区切られたテーブルとイスのスペースがあり
充電もできたのでそこでマッタリ。
ひたすらスマホ&昼寝を繰り返して待ち
ようやく時間になった!…と思ったら
今度は使用機到着遅れでまだ着いてない。

三連休で羽田空港滑走路渋滞。
使用機の羽田離陸10分遅れ、
プラス機内清掃と離陸準備遅れ、
プラス気流の乱れで到着遅れ。
最終的に羽田空港着30分遅れ。

乗り継ぎ時間は50分。

しかも羽田空港は広い。
そして地方からの便は搭乗口が遠い。
うわマズい。
こりゃ爆走せにゃならんな…と
思ったところにトドメの
ボーディングブリッジなしでバス移動。

・・・・・。

重なる時は重なるもんなのか…。
いやでもウチのせいじゃないしさ。
むしろ遅れないように打つ手は打って来たし。

で、まぁ
『〇〇便にお乗り継ぎの方は地上係員に~』
って、ええバッチリ該当で。
急いで出てって
「すみません!〇〇です!」って言ったら
そこからはもう、内線(スマホだった)で
連絡を取り合いながら移動する
グランドホステスさんにひたすらついて
よく分かんない階段とかドアくぐって
気が付いたらリムジンバスの乗り場にいたんですけど
みんなが乗ってるバスじゃなく
その後ろのバスに
「乗ってください!」って言われて
でっかいリムジンバスにウチら2人で移動するという
文字通りの「リムジンバス」状態に(爆)

「滅多にできない経験だぞ!動画撮っとけ!」と
相方に言われて撮りましたけど
3人しか乗ってないバス車内を撮らなきゃ
意味ないんだよねこれ…
でもさぁ、真剣モードのグランドホステスさんの目の前で
「うわーい!レア体験!」とか
申し訳なくてできなかった

バスが着くとまたグランドホステスさんの後から
ドアを何枚もくぐり、よく分かんない階段を上がり
最後にパスワード入れて開くドアを出たら
目の前には機内に乗り込む人達。
改札くぐり直さなきゃならないので
そこを逆流するんですけど
これもまたレア体験だなと(笑)

出る時、ずっと案内してくれたグランドホステスさんに
「ありがとうございました!」って言われ
つい「こちらこそお手数かけました!」って
言っちゃったんですけど
そもそも遅れたのはウチのせいじゃないよな、と(笑)
逆にレアな体験をさせていただいて
ありがとうございました、ですわ

なんやかんやで無事新千歳着。
20190714_06新千歳着
七分袖が寒かった…。




ちょっと追記アリ↓



[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

2019.07宮崎鹿児島呑み~その6

鹿児島。2日め。

この日は元々『ホテルから出ないday』。
ワタシが極端に暑いのダメなのと
前々から
『一日ホテルから出ないで施設を堪能したい』
と言っていたため
相方が作ってくれた『どこにも行かない日!』
おあつらえ向きにお天気も
前日までの夏全開な快晴とは打って変わり
朝からドンヨリ&予報は雨。
しかも雨は午後から激しくなるそうな。

ってんでまずは朝からまったり温泉~
からの朝食ブッフェ~

ここは長年、
ホテル朝食ランキングのTOP10入りを
常に果たしてる、朝食が人気のホテル。
ワタシも大好き!なんで
もう、ここぞとばかりに食べまして。
帰りにホテルの売店覗いて
普段なかなか買えないベーカリー
(食べる暇がないから)でお昼用のパンを買い
大満足で部屋に戻ったら

朝寝。

午後からは再び温泉と
出発前に予約しておいたオイルマッサージを
たっぷり90分…。

極楽MAX。

ちなみにこのマッサージで言われたのは

首の骨がものすごく細い!細すぎる!!
→なぜどうでもいいところばかり細かったり小さかったり…
 (耳も小さい)



首と肩の筋肉が硬い!硬すぎる!!
→辛いのは腰と足と申告しても
 みんな背中触るとそちらに時間を割いてしまう…
(自分じゃもう慣れてるんでそっちの不快感は薄い)


でした。

揉まれて湯に浸かって再び夕寝。
この日は夕食も
ホテル内のレストランブッフェを予約。
今回利用したパッケージが
航空券+宿泊+朝食2日分+夕食1回分、の
セットになってる超お得なやつでして。
それを利用させていただきました。

レストランはコチラ→

地元の方にも人気の店らしい上に
週末で家族連れ多し。
実際、予約した19:30に行ってみると
入り口には待っている方10名ほど。
横に”次のご案内は20時~になります”と
案内が出てました。
そうとは知らず前日に予約入れたため
ホテルの方にはお手数をおかけして申し訳ない

店内は明るくてキレイだけど落ち着いたインテリア。
景色もいいレストランらしいんですけど
生憎の夜&大雨で景色は全く見られず(笑)
つか雨なくても湿度すごくて
外なんか出ませんわワタシ(爆)

ブッフェ代はクーポン範囲内だったので
2,000円で90分飲み放題を追加。
クラフトビールも飲みほに入っていたので
最初はそっちを呑んでたんですが
途中から焼酎炭酸割りにシフト。

ビ―ルとワインはセルフですけど
焼酎はオーダー式。

これがね。

焼酎の銘柄がメニューになかったんで
スタッフに

この焼酎って(銘柄は)何ですか?

って聞いたんですよ。そしたら


「芋です(即答)」


分かってるよ!
鹿児島だし!
麦とか米とか思わないし!!
バカにしてんのかゴルァ!!


ということで銘柄は不明です。

お願いしたら1杯目と2杯目は
ショットグラス?っていうのかな、
200ml強くらいだろっていう
炭酸割りとしては小さめのグラス
(我が家比較)での登場。
まぁ飲みほだし、さんざビ―ル呑んじゃったから
これくらいでちょうどいいかな…
でも物足りないかな…で
結局この後2杯呑んだんですよ(笑)
しかしそのグラスが
20190713_ブッフェ焼酎
左:3杯目 右:4杯目

…たぶん左はグラスビールが出てくるようなサイズ。
右は向かいの席の子供がカルピス呑んでるのと
同じサイズでした。
いや、これあるなら最初からこれで欲しかったよー。
最後の最後になんでこんないきなりデカくするんだよー。

ということで4杯目は呑み切れず
相方にお願いした次第です…。
腹パンパンで部屋へ戻りベッドに倒れ込みましたとさ。





ランキング参加中です。




2019.07宮崎鹿児島呑み~その5

二日目。夜。

まずは一軒目→

ビールでカンパイ。
昼よりはマシだったけど
蒸し暑かったんですよ~
20190712_01ビール
写真ないですが
この後レモン氷のレモンサワー呑んでました。
(焼酎呑まず)

絶対に外せない鶏刺し!!!
20190712_02鶏刺し
相方と奪いあって食べる始末…
あああああ旨かったなあああああ

茹でスナップエンドウ。
20190712_03スナップエンドウ
北海道産も最近出回ってますけど
皮の張りというか、パリッっていう感触が
全然違うんですよねー。

あなごの天ぷら。
20190712_04あなご天
写真切れてますが
器の倍はみ出てます(爆)

そしてワタクシ大好物の
長芋鉄板焼き。

ひどい猫舌なもんで
このテは冷めるまでお預けなんですが
そんなワタシを横目に相方

「ちょっと頂戴ね~♪」

と、どんどん食べてゆく…チッ
途中でstopかけました(→大人げないシニア)

〆は炒飯!
20190712_05ネギと卵の炒飯
ごちそうさまでしたっ!!


二軒目。
有名な焼酎BARで
名前はずっと聞いてたけど
入るのはこれは初でした→

以下、写真が隠しカメラ的な粗さなのは
店内が薄暗く、照度不足だったのと
使っている微音カメラアプリを覗いても真っ暗で
ピント合わせどころか
被写体の確認ができないレベルだったため
あてずっぽうで撮ってフォトショで判別できるところまで
無理矢理加工したせいです。

あと今さらですが、お酒・料理等、
店内の撮影は全てお店側に了解を取って
撮影しております。

相方・ワタシ共々「ガッツリ香るやつを」で
チョイスお任せ。
20190712_河童草子と甑州 journey
左:オガタマ酒造株式会社『河童草子』25度 黒麹

「がらっぱぞうし」と読むそうです。
調べたら河童=かっぱ、のを鹿児島の方言で
「がらっぱ」と言うらしい。
販売店限定の焼き芋焼酎。
口に含むと優しく、
呑んだ後で焼き芋の香ばしさがふわっと来る
穏やかな甘さの焼酎でした。

右:吉永酒造株式会社『甑州 JOURNEY』25度 黒麹

甑州は何度も呑んでいますが
このジャーニーは初めて見ました。

串木野からフェリーで
1時間ちょっとのところにある甑島。
高校がないため中学を卒業すると島を出て
本土=鹿児島の高校に進学しなければならず
これを「島立ち」と言うそうです。
酒蔵最寄りの中学校の卒業生が植えた
黄金千貫で作られた焼酎が
この『甑州 JOURNEY』で
島立ちする子供達へのエールの意味合いがあるそうな。

一口貰いましたが
そんなエピソードを聞いたせいなのかなんなのか
お気楽に当たり前に地元を離れず成長し
BBAにまでなったワタクシには
口当たり的にも気持ち的にも
ズシッと来るお味でございました。

20190712_杜の妖精とツン
左:大久保酒造株式会社『杜の妖精』25度 黒麹

こちらも焼き芋焼酎。
蔵の商品紹介に
「蔵に住み着く妖精たち」等と言う文言があったので
ちょっと違う方向の”夢子さん”かと
一瞬引いてしまいましたけど
『蔵に住み着く妖精』=『蔵付き酵母』のことでしたか。
大変失礼いたしました
優しい甘さですがコクの深いお味でしたねー。

右:田崎酒造株式会社『市来焼酎 ツン』25度 黒麹

これは相方の方に来たヤツなんですけど…
去年とかのツンじゃなくて
確か結構前のヤツだったような記憶が。
カウンターの前に
店の人が蔵見学行った時の動画流れてて
そっちに釘付けだったんで覚えてないです(笑)


軽めにもう一軒行くか~と三軒目。
天文館の老舗有名焼酎BARです→
経営の母体が日本から手を引いたとか
海外を主力拠点にしたとか聞いてたので
店あるのか…?と心配してましたが
若い方がパワフルに切り盛りしてて
安心しました。

20190712_08フラミンゴ
国分酒造株式会社flamingo orange(フラミンゴオレンジ)』26度 白麹

これね。
酒友さんがSNSでやたらUPしてて
旨い旨いと評判高かったやつ。
『フラミンゴ』だと思ってたんですよ。
みんなそう呼んでたから
『~オレンジ』付いてるの知らなくて。
でもみんながみんな”炭酸割りがナイス!”
ってコメントなのに加え
このラベルの感じ見たら…たぶんオレンジ芋だよなぁ、と。
(オレンジ芋苦手)
案の定でした…。

とは言うものの
地元で口にできる可能性はほぼナイので
呑んでみました。
うーん…割り方の好みもあるんだろうけど
あんまり味がしなかった…かな。
もっと甘くてシュワシュワ!的なのを
期待してたんですけど。
オレンジ芋って酸味が多くて
その分甘さ抑えられてる気がするから
(※あくまで個人の印象です)
そのせいもあるのかなぁ。

そして今回のヒットはコレ!
20190712_09小鶴サワー専用ゆずレモン
小正醸造株式会社『小鶴サワー専用ゆずレモン』25度 麦

宮崎だったか、鹿児島着いてからか
忘れたんですけど
途中で一度見たんですよこれ。
え。こんなのあるんだ、って。
これからの季節にピッタリじゃん!

美味しかったです。いいですねこれ。
麦のせいもあるんでしょうけど
焼酎の香りがいい塩梅に柚子・レモンと絡まって
甘さになってて呑みやすいし。
チューハイ感覚でゴクゴクいける…んですけど

だがしかし25度。

9%のチューハイ気分で呑ってると
気づいたら泥酔になるんで用心用心。

たまたまかもしれませんが
回った酒屋さんでは見かけなくて
(3月発売だから売切れた?)
帰りに鹿児島空港の売店で
ようやく四合瓶買いました(笑)
まだ開けてないので楽しみですけど
四合瓶なんざウチらにかかれば1回で終了だからな…

今回の旅で狙っててお会いできなかった焼酎は
コレのみ→
古澤さんのやつだから呑んでみたかったんだけど
宮崎の焼酎BARで聞いても
置いてなかったんですよねー。
調べ直したら地域限定の超PBでしたわ。
ちゃんと調べて行きゃ良かったなぁ。





ランキング参加中です。




2019.07宮崎鹿児島呑み~その4

二日目。
前日よりさらに快晴&暑い中
微妙な二日酔いを抱えつつ
ホテルから歩いて5分ほどのところにある
地元スーパーへ。
20190712_01フーデリー
宮崎が本社らしいスーパー。
ここは食材や調味料の品ぞろえがスバラシイ!
あとお弁当も美味しい!!
お土産や自分用の地元調味料は
行くたびにほぼここで買っております。

そういやここで売ってたオクラ、
10本入ってなんと100円!
さすが産地は違う…
札幌じゃ倍近いよ…ウラヤマシイ

車中で食べるお弁当なんかを買い
駅ナカのお土産屋さんもチラッと覗いてから
鹿児島行き特急きりしま乗車。
20190712_02特急きりしま
早速ランチ…
なんですが。
この時点ではかなり回復していたものの
買った朝の時点では二日酔いで食欲ゼロ。
しかし食べないとお腹が空く、ということで
20190712_03ランチ
相方が買ったお弁当を少しもらい
唯一食べられそうだったコンビニのサンドイッチに
もちろんノンアルコール…
考えたら宮崎来るたびにこれやらかしてるな…

相方・ワタシ一致で
「「これ美味しそう…」」となったお弁当がコレ。
20190712_04タコライス
タコライス。
宮崎関係ナシ!(爆)

いや、ちょうどフーデリーで
『沖縄グルメフェア』的なのやってて
お弁当にも色々出てたんですよね。
昔、地元でよく通ってたカフェのタコライスが
めちゃめちゃ美味しかったんで
よく食べに行ってたんですけど
そこがお店閉めちゃってから食べてなかったなぁ、と。
久しぶりに。

で、このタコライス、
めちゃめちゃ旨かった!
ホントに美味しかった。
相方曰く
「久しぶりに美味しいの(タコライス)食べたなぁ」と。
ソースが別についてるんですけど
トマトソースの甘さと
ピリッと来る辛味が絶妙。
ひき肉の味付けとチーズのバランスもGOOD!

一口食べたらすっかり食欲回復したんで
もう1つ買っときゃ良かった…と
激しく後悔いたしました。

特急とはいえ
なんかやたらと停まる”きりしま”から
のんびり車窓を眺めつつガタゴト。
さすが途中の地名にも
聞いたことのあるものがチラホラ。
『次は 国分 国分です』というアナウンスに
あー国分…黄麹だなぁ…
(※あくまで個人の印象です)と
ボンヤリ降りる人を眺めてましたら

ギリでムービー間に合った中村酒造場さんの看板。
そっか、蔵があるの国分だっけそういや。
こういう看板が駅にあるのっていいなぁ

そしてついに車窓の切れ間からパイセン登場。

お邪魔いたしまっす(`・ω・´)ゞキリッ

近づくにつれてお姿が大きく。
20190712_07桜島
噴いてない?珍しいな。

鹿児島中央駅着。
そのまま某酒屋さんまで
散歩がてら市内を歩いてたんですが…

これね。
20190712_08天文館before
いきなり空がひらけてビックリした。
いやもちろん知ってはいたし
どういう風になるのかも聞いてはいたけど
なんか、うわ!ない!みたいな。
こうなるらしい↓
20190712_09天文館after
城山ホテルのビジホver.?が
入るとかどうとか。景観変わるなぁ。

シャトルバスでホテルへ→
夜まで温泉&昼寝で体力温存して
鹿児島の夜を迎え撃ちます!




2019.07宮崎鹿児島呑み~その3

一日目。夜。二軒目。

焼酎BARへ。
20190711_18よっと
こちらも前回に続いて2度目。
宮崎の焼酎がズラリと並ぶ棚を見てるだけで
ワクワクするお店です。

20190711_19夏茜と夏赤江
左:相方チョイス
株式会社 落合酒造場『夏赤江』25度 白麹

甘々でワタシも大好きなヤツ。
そういや黒麹の『夏山吹の里』には
今年お目にかかれてないなぁ。

右:ワタシチョイス
姫泉酒造合資会社『無濾過御幣~夏茜~』25度 白麹

ネットでたまたま見かけて
あ!これ知らない!だったやつ。
地元じゃお目にかかれなかったので
宮崎で狙ってたうちの1本です。ロックで。
甘いんだけど後口スッキリ
美味しゅうございました。

2杯目、相方は
何かの前割りを呑んでたような記憶が
かすかにあるんですけど
(自分の酒チョイスに一生懸命だったw)
ワタシの2杯目を迷いまくっていたところ
コチラを呑み比べで試飲させていただけました。
20190711_20千本桜ハマコマチ呑み比べ
柳田酒造合名会社『千本桜 ハマコマチ』
写真右から、減圧・常圧・熟成。

超贅沢試飲

これも宮崎で狙ってた焼酎の1つ。
何度か書いてますけどオレンジ芋苦手なので
最初「ハマコマチ」と聞いた時は
「ああ…」だったんですけど
蒸留違いに熟成まであるというので
これはぜひ呑み比べてみたい!と思いつつ
まぁ全部は無理だろうから
(品揃えうんぬんではなく肝臓的に)
どれか1つ出会えればいいなーみたいな。
いやー夢が叶いました。

一番オレンジ芋の酸味が立ってるのは
常圧…かなぁ。
減圧は常圧に比べてマイルドな感じで
熟成は全ての旨味が溶け合って
最大公倍数的な味になってるというか。
(分かりにくい表現…)

で、熟成チョイス。
大満足
宮崎の夜を堪能させていただきましたっ。




秋のハシゴ酒イベ行ってみたいなぁ。

ランキング参加中です。






NEW