連休前夜、木曜日の外呑み。

20200319_蕾と宮の露ピンク
左:柳田酒造合名会社『霞千本桜』25度 黒麹
右:小玉醸造合同会社『宮の露ピンクラベル』25度 白麹

今年はお初の霞千本櫻。
湯割りに良く合う爽やかな甘さは
2020年も健在なんですが
今年はそれプラス
なんていうんだろ…後味?にちょっと華やかな
色芋にあるような香りが
チラっと色っぽく出てきて(笑)
しみじみ旨かったですわ。

宮の露ピンクラベルは自分ちでも買って→
さんざ呑んだんですけど
(とっくに空になった)
師匠が作った湯割りで呑んでみたくて。

…美味しかった。
どうしてこんなに違うのかしらねぇ…
あれこれ試してるウチに1本空になった、
って言ったら
師匠に大爆笑されましたわ。。。

20200319_ヤエザクラオレンジ
古澤醸造合名会社『八重桜 yaezakura ワイン酵母仕込焼酎』25度 白麹

前回→湯割りで冒険したので(笑)
王道の炭酸割りでいただきました。
ワイン酵母のオレンジ芋はやはり炭酸割り正解ですな…。

20200319_復刻版兵六
相良酒造株式会社『復刻版 兵六』25度 白麹
年1回 本数限定

これも今年はお初。
湯割りでいただきました。

ドスッ。っていう擬音が脳内にポップアップしましたね(笑)
みっちり味が詰まって重い感じ。旨。
温度が下がるにつれての変化を楽しみつつ
ゆっくりいただきました。





ランキング参加中です。



スポンサーサイト




ウワサのあの店

で。

土曜日、久々のススキノは
こちら→へ行ってきました。
20200307_1かわ屋

先日、福岡で有名なラーメン『一蘭』が
札幌にopenしてビックリしてたんですけども
知人にその話をした際に
ここのopenを聞いてまたビックリ。
なんなんだ福岡人気店の札幌進出。

まずは酒。
20200307_2金宮シャリキンレモンサワー
金宮シャリキンレモンサワー。

左のレモン&炭酸と一緒に
中央の金宮パウチを凍らせたものが登場。
自分で中身を絞ってシャリキンを作ります。

家でシャリキンしたくて
金宮をあの手この手で凍らせようと
色々試したんですけど
所詮家庭用の冷凍庫じゃ無理。
業務用じゃなきゃダメなんだな…と思ってたら
この後行った店で

「(同じパウチを)業務用冷凍庫に入れてるけど凍らない」

って。
実際見せてもらったけど
ホントに凍ってなかった。
-15~20度じゃないとほどよいシャリシャリは
難しいようで
このお店でもオシボリ温める機械サイズくらいの
別冷凍庫に入れてました(見えた)

フードオ-ダー。
まずはやはりコレでしょう。
20200307_3かわ焼き
かわ焼き。

2人で10本オーダーしましたが
相方(博多の本店に行ったことがある)によると
「向うじゃ1人10本がデフォ」らしい…。
サクサクで思ったよりあっさり。

20200307_4しぎ焼き
しぎ焼き。

タレにわさびが利いてて辛い!
ウチらにはちょーっとしょっぱかったかな。

20200307_5明太ポテサラ
明太ポテサラ。

ワタシチョイス(笑)
ボリュームありましたねーこれ。
食べ応えナイス!

20200307_6胡麻さば
胡麻さば。

相方チョイス。
「…しょっぱい」らしい。
(相方しょっぱいの嫌い)

料理は…うーん、皮は美味しかったけど
後はフツーかなぁ。
頼んだのはこれで全部なんですけど
滞在30分でお会計\6,000弱。
全体的に高めでしたね。

ゆっくり呑み食いできる雰囲気じゃ
ありませんでしたね。
少なくともウチは。
座った席がたまたま店員さんの通行が
やたらと多い場所だったせいも
あるかもしれませんけども。

あとBGM!
ずっと80年代の歌謡曲かかってたんですが
ボリュームが微妙にデカい=うるさいというか
耳障りでこれも落ち着かなかった理由かな、と。

そういや店に入った時に流れてたのが
♪よ~ぉこそーここーへ~♪
「これ、誰のカバーかなぁ。嫌に声若いから本家じゃないよね」
と言ったら


相方「本家だろ。昔は若かったんだから」


と返ってきて成程!となりました(笑)





ランキング参加中です。





土曜日。

久しぶりに外呑みに出ました。
外出自粛がちょっとだけ緩んだことと
前々からの約束がありーので久々のススキノ。

確かに人出は土曜日のススキノじゃない数でしたけど
それでも結構出てました。
が、若者ばかりでしたねさすがに(笑)

お目当てのお店が
ススキノの中心を抜けた場所だったため
そこを避けて西側からグルッと周っていったら
更に閑散としててビックリ。
閉めているお店もたくさんあって
中小路は薄暗いままのところが多かったです。

で、そのお目当てのお店については置いといて(笑)
2軒目に行ったお気に入りのお店で。

20200307_yaezakuraと武家屋敷黒こうじ
ワタシチョイス
左:古澤醸造合名会社『八重桜 yaezakura ワイン酵母仕込焼酎』25度 白麹
相方チョイス
右:知覧醸造株式会社限定蔵だし武家屋敷黒こうじ』25度 黒麹

古澤さんの新焼酎、あちこちのSNSで写真見て
気になってたんですけど…
ラベル見て「これ…オレンジ芋じゃ…」と。
案の定オレンジでしたええ。

苦手なオレンジ芋と
苦手なワイン酵母のダブルコンボ。

「克服しなければ」「勉強しなければ」で
呑んでみましたが
自分がどこに向かっててこう思うのかは
ワタシにも分かりませぬ。

オレンジってことは冷たい(呑み方)系?と
女将に聞くと


「炭酸割り推しみたいですねー蔵の方でも」


1軒目でキンミヤレモンサワーを呑み
2軒目のここでも1杯目にハイボール呑んでるんで
もう炭酸はなぁ…と思ったところに


「でも湯割りも呑めますよ?」(試したらしい)


ってんでお湯割りトライ。

コーマーチ!!!(オレンジ芋)っていう
酸味がドン!ときますさすがに湯割りは(爆)
と同時に芋の甘さも来る。

この夏、炭酸割りで出したら
ジョシに受けそうなお味でした。
(湯割りは二度としない)

二杯目。
202000307_おまち櫻井
櫻井酒造有限会社『おまち櫻井』25度 黒麹

久しぶりに呑みました。
櫻井さんの焼酎。
いや別に避けてたワケじゃなく(笑)
行った店にたまたま置いてなかった(or品切れ)
だけなんだけど。

ラベルの勝手な印象で
どっしりした味のイメージなのに
めっちゃフルーティーなのが
何回呑んでも一口めで「あれ?」ってなる(笑)





ランキング参加中です。






三連休初日の土曜日は
九州土産を渡しがてら
お気に入りのいつものお店で外呑み。

20200222_宮の露ピンクと銀の星
ワタシチョイス
左:小玉醸造合同会社『宮の露ピンクラベル』25度 白麹
相方チョイス
右:株式会社 宮田本店『銀の星』25度 白麹

やっぱりここには入ってたか~の
ピンクラベル。
こないだの宮崎訪問でその限定数っぷりを
思い知ったばかりだったのでね…→

女将曰く、
閉店後の呑みでピンクラベルを呑もうとすると
店主から『くじらさんまだ呑んでないかもしれないから』
ってチェック入ってました(笑)と
ありがたく湯割りで2杯いただきました
プロが割ると旨いんだよねぇぇぇ…。
なぜこの味が出せないのか…。
蔵元or酒屋さん主催の湯割り教室とか
こっちでないかなぁ。

〆はコレで。
20200222_旭萬年無濾過
有限会社 渡邊酒造場『無濾過 旭萬年』28度 黒麹

美味しい連休のスタートでございました。




女将からめっちゃいい昆布貰った(嬉)

ランキング参加中です。




ユメナカと其ノ儘と山猪

金曜日は今年初の師匠のお店へ。

20200131_ユメナカ
丸西酒造合資会社『ユメナカ』25度 白麹

個性ある焼酎の企画・開発を目指して結成された
『KOSEI's 倶楽部』という焼酎倶楽部があるそうで(初耳)。
これはそこの定番焼酎だそうです。
『脱藩 黒揚羽の会』的なカンジかな。

白麹と黄金千貫はともかく
これワイン酵母だったのか!
道理で…お湯割りで頂いたんですが
なんか不思議な味だなぁと思ったんですよね。
美味しいんだけど微妙にもどかしい、みたいな。
(個人の勝手な感想です)
いやワイン酵母…
実はあんま好みなのに当たったことなくて(笑)
師匠は知ってるから
カウンターにいたらきっと教えてくれたんだろうけど
ちょうど厨房に入ってたからなー。


20200131_其ノ儘
若潮酒造株式会社其ノ儘(そのまま) 黒麹』25度 黒麹

焼酎の日である11月1日に発売された
新酒の無濾過。

我が家はここ半年くらい、
なるべく焼酎買わずの在庫整理を徹底してたため
酒屋さんにもあまり行っておらずノーチェック。
無濾過だということすら知らず…
知ってたら放っておくワケがない(笑)

発売から3か月近く経ってるせいか
濃厚さは若干弱く感じましたが
無濾過特有の甘さは残ってて
湯割りで美味しくいただきました。


20200131_山猪
すき酒造株式会社山猪』25度 白麹

久しぶりに呑みました。
やっぱガツンときますねぇ。
いつもこれ呑むと
フンガー!!とドドドドッ!!いう文字と共に
202000203_猪突猛進
こんなのが頭の中を駆け抜けます(笑)





ランキング参加中です。






NEW