2019.08京都東京呑み~その3

3日目。

G-SIXで職場へのお土産を買う、という
相方に付き合いぶらぶらと出かけるも

まさかの定休日。

これは想定外でした(爆)
G-SIXだけじゃなく、同じ建物の
バスタやコンビニもお休み。
11時のOPEN目指して行ったので
コンビニで早めにお昼を買おうと来たであろう
恐らくは近くにお勤めの方々もみかけましたが
みなさん「え…」と言った感じでした(笑)

仕方ないので翌日出直すことにして
そのまま真向かいのじゃんがらでお昼ご飯。
…いや、昨夜も行きましたよ。ええ。
だけど食べなれないつけ麺にしたら
苦手な魚粉が香ってて不完全燃焼だったんで。
やり直し食べ(笑)

20190826_ じゃんがら味玉
行くと食べるのはいつも同じ。
じゃんがらの味玉入りを粉落としで。

それにしても客層変わりました。
外国の方増えましたね。G-SIXの影響もあるのかな。
10分ほど待ちましたが
前に並ぶのはみな「かの国」の方々。
中に入ると、狭い店内のテーブル席は
「かの国」のママ友らしき数人+そのお子たち。
見渡したところ日本人はウチ2人と
向かいに座ったリーマンの方だけという
凄まじさでした…。

それでかどうかわかりませんけど
味変わったね。(自分比)
なんか、塩っ気が強くなって
クリーミーさがなくなったような…と思いつつ
食べてたら
隣の相方も「(ヒソッ)味変わったな」って。
う~ん…いつも銀座店だったけど
次は他の店舗まで足伸ばしてみるかなぁ…。

そういや『外国の方は麺がすすれない』って
聞いてはいたんだけど、今回リアルで見た!
前の晩に行ってつけ麺食べた時、
相席した向かいの方が
お二人とも金髪・青い目の方だったんですよ。
その時は何とも思わず
「あー外国人増えたなぁ」ぐらいだったんだけど
なんか違和感覚えて二度見して気づきました。
あ、ホントに啜れないんだ、って。
レンゲに一口分の麺とスープを入れて
スプーンで食べるみたいに
それごと口に入れて食べようとしてるんですけど
本来レンゲは丸ごと口に入るサイズじゃないから
レンゲの先っちょから流し込む体になるんですよねー。
ありゃ食べづらいし、麺のびるだろ…と見てました。

この日相方は午後から仕事。
ここから夕方までは別行動。
ワタシは雑貨見て回ったりお茶したりと
のんびり過ごしまして、夜。

この日のディナーはコチラ→
20190826_01グスタヴヴィーノ
以前行った記事を書きましたが→
2回ランチに行ってすっかり気に入ったので
ぜひ1回ディナーで食べたかったんですよねー。

まずはワイン。
ウチは2人とも赤ワインが苦手で
常に白オンリーなんですけど
詳しくないのでいつもなんとなくの好みを言って
お店お任せ。
今回は前回ランチの際に呑んだのが美味しかったので
そんな感じのやつ…と頼みたいんだけど
銘柄名を覚えていない。
スマホ見たけど写真も削除しちゃってて
う~ん…と思ったワタシが言ったのは
前回ランチに行った時のblogに書いた→


「あのー…ポニョのお母さんが
海から出てきた時みたいなやつのイラスト(ラベル)なんですけど」


なんという乱暴な例え…。
しかしこれが一発で通じた。


「…ああ!分かりましたたぶん」という言葉と共に
店長さんが持ってきてくれたのがコレ。
20190826_02リゲア

ビンゴ!

『DONNA FUGATA Lighea SICILIADOC ZIBIBBO』
ドンナ フガータ リゲア シチリア ドッグ ジビッボ
イタリアの瞑想ワインです(笑)

やっぱり美味しい。
甘くて爽やかな香りと風味は凄く立つのに
舌にいやらしい甘さが残らないから
酒も食事も両方楽しめます。
そんな高いワインじゃないらしいんですけどね。
(店長さん曰く)

ポニョママ。
20190910_ポニョママ
やっぱ似てる…
声は天海の姐さんで脳内再生されます(笑)


店長さん「ちなみにそれ、一応人魚らしいですよ(笑)」


人魚かぁ…まぁポニョも人魚で
間違ってはいない…よね。

そしてお料理。
まずは生ハム。
20190826_03生ハム
ここの生ハムは塩気が好みジャストで大好物。
丸いのはサラミで白いのは背脂なんですが
お初のこの背脂が香ばしくて旨かった!!!
ワインがサクサク入って困りました。
お代りしたかった~

20190826_04パン
パンもワインに合う…
オリーブオイル付けて食べると
サイコーです。

20190826_05さんま
メニュー名をすっかり忘れたんですが
…さんまです(笑)

20190826_06かます
これは帆立の貝柱の側面にかますを巻き
チーズを乗せてグリルした上から
トマトソースをかけたもの。
これ美味しかった!!!!
野菜で似たようなのできないかな…。

20190826_07しらすのパスタ
しらすのパスタ。

この後写真ないですけど
『ピエモンテ州の郷土料理 
西オーストラリア産 仔羊背肉の藁焼きのロースト
藁の香ばしい香りを仕上げに蒸し焼きで』
という肉料理が出て

デザート。
20190826_チョコプリン
このチョコプリンめっちゃ美味しかった~。
チョコ自体は好きなんだけど
チョコを加工したお菓子はあんま好きじゃないんですよ。
この店なら美味しいかなーと思って
チョイスしたんですけど大正解でした♪

この後、ちょっと呑んでくかーと
ミッドタウン日比谷に入ってる
スターバーへ行ったんですが
まさかの定休日(笑)
G-SIXといい定休日づいてる…。
結局、帝国ホテルのバーで飲んでホテルへ戻りました。





ランキング参加中です。



スポンサーサイト




金曜日。

ずっと行きたかったラーメン屋さん行ったり
アウトレットで買いまくったりした後
夜はお寿司!!

この日は宴会目白押しで
大将の手が回らないため
予約以外はすみませんが…の日。
ウチ同様、たまたま予約してた常連さんと
ゆっくり呑み、喋り、食べ、で深酒…。

特に美味しかったやつBEST3。

20190607_かわはぎの肝のせ
かわはぎの肝乗せ。
こーれはめちゃめちゃ旨かった!!!
真剣にお代りしようかと思ったくらい。
食べ過ぎ!と相方に止められなければ
間違いなくワンモアしてたなぁ

20190607_炙り金目鯛ポン酢
炙り金目鯛ポン酢掛け。
これも美味しかったなぁ。
炙りの香ばしさがたまらんかった。

20190607_雲丹食べ比べ
〆に食べた雲丹食べ比べ。
左が古平、右が余市のもの。

雲丹は年中、北海道を回ってるので
季節によって獲れる場所が違うそうな。
で、これがちょうど切り替わりの時の雲丹。
余市がマイルドだとすれば
古平はキリッって感じでした。
(※あくまで個人の感想です)






お寿司屋さんを出て、真っすぐ帰ればいいのに
ついふらふら途中にあるお店へ。
相方が「ワイン呑みたい」というので
お任せで頼んだら出てきたのがコレ。
20190607_クズマーノシンプリーシシリー
Cusumano Simply Sicily Chardonnay 2017
クズマーノ・シンプリーシシリー2017 13.5度

イタリアのシャルドネ。
つかさんざ焼酎呑んだ後のワインは
甘さと酸味がごっちゃになって
ワタシには味判別不能…。
呑みたがってた相方が喜んでたから
いいけども(笑)


よせばいいのに〆に燗酒。
20190607_るみ子のお燗
合名会社 森喜酒造場『るみ子のお燗 純米酒』15.2度

この日はお寿司屋さんで生ビール2杯、
のち焼酎ハイボールしこたま、
で白ワイン2人で1本と燗酒一合シェア。

さすがに…
翌日はお昼近くまで頭重かったですわ…。





ランキング参加中です。




ジンギ!

「クチがジンギ(スカン)!ジンギ(スカン)!」

と相方が騒ぐので
行ってきましたジンギスカン。
20190330_ジンギ
ハーフ&ハーフの中からスタート。
小を1杯追加してからの白ワインは
20190330_ワイン1
『DONINI SOAVE ドニーニ ソアーヴェ』12度 イタリア

スッキリしてるんだけど
あっさりし過ぎずのバランスが
食中酒にはピッタリで
相方の好みドンピシャだった模様(笑)

そしてお約束のクーラーは
20190330_ワイン2
残雪でまだこれができる店の裏手は
一面の雪原です(笑)




この後BARでモルト呑みまくった…。

ランキング参加中です。









Orvieto Classico DOC Secco BIGI

土曜の夜は
どうしてもお寿司が食べたい!と
相方が騒ぐので
いつも行く近所の店に電話したところ
そんな日に限って貸し切り
あんま遠く出たくなかったけど
寿司!寿司!と騒ぐため
ススキノまで出ました…。

お寿司と言ってもいわゆる握りではなく
ちょっと変わった創作寿司の店なので
ここではいつもワインスタート。
シニアソムリエの資格を持つ女将の
今日のチョイスはコレ↓
20181117_BIGI.jpg
Orvieto Classico DOC Secco
オルヴィエート・クラッシコ・セッコ 12%

昔BIGI(ビギ)ってDCブランドの
メンズ好きだったなーと思ってたら
ビジ、と読むらしいです。へー。

甘いけど後口引かずスッキリ。
サックリ呑めるのであっという間に1本空ですわ…。
この後は焼酎湯割りで。
写真ないけど大浦酒造さんのみやこざくらをいただきました。

で。

真っすぐ帰ればいいものを
ついつい途中で寄ってしまう銀だこ…。
20181117_たこ焼き
左が相方、右がワタシ。
つか相方メガ角ハイって…
おんなじだけ呑み食いしてんのに
まだメガ呑めるのか…。




ちゃんぽん呑み危険。ダメ。絶対。

ランキング参加中です。




炊き肉

酒ブログ用のツイッター見てたら
フォローしてるおつまみbotに『炊き肉』の文字を発見。

焼酎師匠のお店で食べて美味しかったんで
鹿児島行った時、天文館の人気店で食べてみたら
超美味い!何これ!
当然、家でもやってみたかったんですが
ちょいと特殊な形のお鍋が必須なので無理…
と思ってたらばこのレシピは
「ホットプレート」「豚肉」でできるとな。
読んだその足で材料買いに行きました(笑)

Cpicon ブラボー…炊き肉 by 気まぐれ母さん。

20181020_炊き肉before
人参、もやし、キャベツ、えのきの順に輪にのせ
上から豚ロースのしゃぶしゃぶ用お肉をのせる。
真ん中、レシピはニラだけど
アレルギーでNGなので長ネギで代用。
合わせダシを回しかけ、蓋をして炊く。

10分後↓
20181020_炊き肉after

縮んだ(笑)

野菜盛り過ぎて蓋が微妙に浮いてた(笑)んだけど
蓋を開けたら良さげにボリュームダウンしてました。

実は最初、合わせダシもつけて食べる塩ダレも
味見して「…なんかいまイチ」と思ってたんですが
野菜甘みとお肉の味と合わさると超旨!!
ほぼ野菜でお腹一杯になるし(笑)
これはリピかなぁ…。
ただワタシ的にはロース肉の脂身のお味が
ポイントだなと思ったので
スーパーのパック肉でこれが出るかどうか…。
(今回はお肉屋さんで買ってきた=割高)

あと、ホットプレートなので
ダイニングテーブルの上での加熱したら
リビングに残り香が(笑)
次は台所で加熱して
ダイニングテーブルで保温にしよう…。

お酒はこちら。
20181020_スパークリングワイン
Spumante Biancavigna
(スプモンテ ビアンカヴィーニャ)11.5%
イタリアのスパークリング白。
我が家でお気に入りの泡。
買い置きのラスト1本だったから
また買いに行かねば。




肉400g買ったら余った。次回どうしよ。

ランキング参加中です。





NEW