玉露原酒と縁志(えにし)

過去呑み記録。
中村酒造場攻めで(笑)

20170905_玉露原酒
有限会社 中村酒造場玉露 本甕仕込 原酒』37度 白麹

湯割りが超旨な原酒。
こっちじゃなかなか手に入らないのがな~。


20170905_縁志1
有限会社 中村酒造場『井筒屋限定芋焼酎 縁志(えにし)』
25度 白麹

去年、小倉へ行った時
時間調整で入った井筒屋の酒売り場で
偶然出会った焼酎。
井筒屋創業80年(?ウロ覚え)の記念で作ってもらった
「中村さん初のPB」(売り場担当者談)だそうな。
20170905_縁志2

限定芋焼酎”縁志”はカルゲン農法により収穫されたお米と
契約農家の黄金千貫でこだわった「なかむら」と、手作りの良さと
味と甘みのふくよかさに定評のある本甕仕込み”玉露”をブレンドし、
深みと甘み・コク・余韻に満ち溢れている焼酎です。(※ラベル裏面より)



限定やレアものをとっておけず
呑みたい!と思ったら
いつもサックリ呑んでしまうタチなため
これも即開栓→既に手元にナシ。
中村さんのいいとこどりで美味しかった!
四合瓶のみだったんですぐ空になりました(笑)


オブジェじゃないのよ焼酎は。

ランキング参加中です。


秋茜と赤伊勢吉と百合

過去呑み記録。

20170901_秋茜
本坊酒造株式会社秋茜』25度 黒麹

蔵元名とかラベルで判断せず
呑んだことないものを呑める機会があれば
なるべく口にするようにしてますが
本坊さんの焼酎はほの好み百発百中。
好きです(笑)
今年のコレも楽しみです。


20170901_赤伊勢吉と百合2016新酒
左:小牧醸造株式会社『伊勢吉どん』35度 白麹 ※非売品
右:塩田酒造株式会社『六代目 百合』25度 黒麹

赤の伊勢吉どんは
この年(2016)の蔵開きで振舞われた
35度の非売品。
鹿児島天文館の某店で呑ませていただきました。

百合もこの年(2016)の新酒。
地元では手に入りにくい焼酎なんですけど
飲食店さんが入れてくれるので
口にすることができます。ありがたや。

レギュラーの百合も好きですが
新酒の百合はさらに輪をかけて好きですねぇ。
濾過仕立てとか、荒濾過無濾過、
ガス臭付きが大好物なので。
ああ、新酒の時期が待ち遠しい。。。


食欲の秋!飲酒の秋!

ランキング参加中です。


現在、宅呑みは
同時開栓分数本をを並行呑み中。
だいぶ”呑んでる途中酒棚”も
寂しくなってきたので
ボチボチおnew登場ですが
とりあえず目新しいものがないため
本日は過去呑み記録(笑)


20170825_大堂津浜ブルース
古澤醸造合名会社『大堂津浜ブルース』25度 白麹

「宮崎紅」というサツマイモを使用。
五年以上熟成の古酒ベース。
ロックで呑みました。

見慣れないラベルだなーと見たら
古澤さんでビックリ。
…いや、イメージが(笑)
プロデュースは別だと聞いて納得。

名前の『大堂津浜』は
蔵の目と鼻の先にある浜の名前。
以前一度蔵にお邪魔させていただいたことがありますが
海が蔵のすぐ目の前にある、
素晴らしいロケーションの蔵でした。

当時、これを呑んだ直後に某所で
古澤醸造の昌子さんとお会いする機会があり
呑んだことをお話ししたら

「どうでした?なかなか感想を聞く機会がなくて」

と聞かれたんですが…
気の利いた返答ができず
いや、美味しかったんですよ。ホントに。
美味しかったんですけど、なんていうか…
スタンダード、というか。
ちゃんと美味しい、というか。
普通に美味しい、というか。
もっと他に言葉はなかったんかい!というか。
いまだに思いだしては「ああ~」と
身悶えてますワタクシ。


20170825_浜小町の女王
神酒造株式会社『浜小町の女王』25度 黒麹

こちらも同じプロデュース。
名前とラベルの色でまる分かりな
オレンジ芋『ハマコマチ』の焼酎。
…オレンジ芋苦手と思ったんですけど
『大堂津浜~』と同じプロデュースだというので
いただきました。
が、写真見て分かる通り
湯割りにしてるんですよねワタシ。
…余計酸味立つだろーよ。
ここはロックじゃね?と後から思う…。


で。


プロデュースしたのは
『脱藩 黒蝶統(くろあげは)の会』
20170825_黒蝶統の会
・本格焼酎を愛す全国の地酒屋酒販店で構成
・「Dappan(脱藩)」=あらゆる垣根を越え新しいビジョンを成す意志
・「黒」=何にも染まらない公平で自由な色
・「アゲハ」は優雅で親しみ易く魅了される象徴
(公式ページ→より抜粋)

とまぁなるほどなぁなんですが…
とりあえず怖い第一印象否めず。
”脱藩”だけでもかなり引いたわー。

この一連のプロデュース酒、
ワタシはこの2種類しか呑んでないんですが
久々に見たら種類増えてました。
呑んでみたいの結構あるんだけどなぁ。
こっちで取り扱いあるのかどうかわかんないし
『本格焼酎を愛す全国の地酒屋酒販』に
どこの酒屋さんが入ってるのか
サイトからは確認できないみたいだし。

手に取ってみてみたいなー…。





過去呑み記録。


20170816_一壺酒
薩摩酒造株式会社造りたて 一壺酒』25度

白か黒か分からない・・・多分黒?
薩摩酒造の明治蔵限定。

枕崎の端っこにある明治蔵。
ずいぶん前(数年前?)に一度行きました。
詳細忘れましたけど
エラい遠かったのと
ここで買ってきた酒が全部旨かったのだけは
覚えてます(笑)


20170816_あくねの華
福徳長酒類株式会社『あくねの華』25度 白麹

これもずいぶん前に呑んだやつ。
今風というか、
ちょっと他のとは違うラベルが目を引きます。
これを呑んだ店は
レア酒より地元の人が普通に呑む焼酎を
多く扱っていた店で
フードも大変美味しかったんですが
かなりショッキングなことが起こった後に閉店。
懐かしいな…。


20170816_屋久の杜
本坊酒造株式会社黒麹仕込み 屋久の杜
25度 黒麹

スタンダードに美味しいやつ。
そういや最近呑んでないな…。





諸事情で昨夜も休肝日。
まぁ今日、明日、明後日と酒まみれ確定なので
肝臓休ませるにはよかったかも。


そんなワケで本日も過去呑み。

20170804_すんくじら
杜氏の里笠沙薩摩すんくじら』黒麹 25度

初めて聞いた時、
大海酒造さんの酒だと思ってた『すんくじら』。
鹿児島弁で『隅っこ』だという名前通り
杜氏の里は鹿児島の奥の隅っこ。
一度だけ行きましたが…いやー遠かった、確かに(爆)

ちなみにこんなトコロです↓
20170803_笠沙1
造りをやっている箇所は
ガラス貼りコース仕様で外から見学可。
その他の部分には展示物。
20170803_笠沙2
センサー感知で照明が付き
喋りだすタイプのやつ(笑)
蔵の歴史や造りの推移が聞けます。

後は
20170803_笠沙3
焼酎瓶ズラリ。
見たことないものや、
今とはデザインが変わってるもの等々。
20170803_笠沙4
個人的に惹かれたのはコレ。
20170803_笠沙5
呑んでみたい…。

往復はがき申込→抽選の一どん同様、
すんくじらもいきなり行っても買えない
(発売日が決まっている)ので
この時は見学だけ。
焼酎は後から知り合いに送ってもらいました(笑)

当時は湯割りで呑んでましたけど
今ならロックかなぁ。


20170804_鴨田楽
株式会社 尾込商店鴨田楽』25度 白麹

蔵元と親戚関係にある(らしい)
尾込酒店のPB。
無農薬栽培のさつま芋・合鴨米で造られていますが
原料が少ないので、1回2,500本程度の
超限定生産だそうです。

PBなので当然、
鹿児島市内にある尾込酒店で買ったんですが…
すごい酒屋さんでした。
何て言うか…店内で探し甲斐があるというか、
掘り起こし甲斐があるというか(笑)
看板商品らしい
鴨田楽、さつま寿、神座は別に出てるんですけど
それ以外はもう宝さがし状態
あれっきり行ってないけど
あのまんまなんだろか(笑)


20170804_しょうちゅうの華
岩倉酒造場『しょうちゅうの華』25度 白麹

岩倉さんの人気銘柄『月の中』の無濾過ver.。
なんですがー…
あんま記憶がナイ(笑)
これ1回しか呑んでないというか
実物お目にかかってないからなぁ。

こないだG-SIXの某酒屋さん行ったら
この『しょうちゅうの華』が
棚いっぱいに横整列してたんですよね。

さすがここに出店する酒屋はすごいなぁ。
こんなに並べられるほど在庫あるんだなぁ。
でもこれで棚1つ潰すって
他に並べる商品なかったとか(笑)

なんて思ってたらなんと。
全て出荷年違いのしょうちゅうの華!!
平成14、15…(数字は忘れたけど)みたいに
順番に並んでてスゲエエ!!!!
他に並べる商品ないとか思ってすいませんんん!!!
ってなりました


さて、怒涛の酒まみれ週末到来。
呑むぞ~!










NEW