体調不良なかなか上向かず。
暑かったり寒かったりの
UPDOWNも激しいしキツいですなー。


過去呑み記録。

20171101_風門
神楽酒造株式会社風門』25度 黒麹

白芋と紫芋でそれぞれ仕込んだものを
ブレンドしているそうです。
宮崎県内限定販売。


20171101_須木の古酒
すき酒造株式会社『秘境 須木の古酒』25度 白麹

10年熟成8割りと7年熟成2割のブレンド酒。


20171101_十年の転た寝
合資会社 宮原酒造場『十年の転た寝(うたたね)』25度 白麹

10年古酒。
隣に映ってるいかにも「泡」は別モノです。
湯割りでいただきました。

米焼酎は好き嫌いが分かれるなぁ…。





ランキング参加中です。



[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

小鹿の郷と朝蔵との馬

新酒の季節到来なんですが
遠征その他諸々予定が詰まっていて
酒屋さん&外呑みにもなかなか行けない状況です。

さっき地元酒屋さんのFBに
佐藤のあらあらが入ったとの告知が。

めっっっっちゃ美味しいんですけどね、あらあら。
以前あれ呑んで鼻と舌おかしくなったというか
濃厚寄りになっちゃった結果
2週間くらい他の酒の味が
あんまししなくなったことあったんですよ。
超濃く作った鶴見の白濁無濾過湯割りでさえ
しばらく「なんか物足りない」となって以来
色々呑みたい新酒シーズンなのもあり
躊躇してしまいます(笑)


そんなワケで過去呑み記録。

20171025_朝蔵と小鹿

左:小鹿酒造株式会社小鹿の郷』25度 黒麹
しっかりというかがっしりしたイメージで
湯割りはもちろん、
ロックにしても多少割ってもどっしりのまま。
私的”黒麹の焼酎王道”なお味(笑)

以前、小鹿酒造さんへ
お邪魔させていただいたことがありまして。
その時撮った写真がコレ↓
20171025_P箱
九州P箱の山(笑)
九州の方にはなにそれ、でしょうが
『九州域外持ち出し厳禁』の
この薄緑のP箱がこれだけ積まれている光景は
県外者のワタシから見ると
「おおおおお!」だったワケで。

ちなみに小鹿さんで撮った写真は
これ1枚だけでした。
いつもは1枚も撮らないで終わるので
(結構お邪魔してるのに写真がほとんどナイ)
それだけ衝撃だった、ということで

右:大久保酒造株式会社朝蔵』25度 黒麹 ※PB

鹿児島県鹿屋市にある
「あさくら」という酒屋さんのPBのようです。
呑んだのはたぶん
師匠の店だと思うんですが…マニアック(笑)


20171025_の馬
寿海酒造株式会社『の馬』(のば)20度 白麹

2015の夏に『ロックで飲みたい焼酎シリーズ』として
九州各地の6蔵が
各土地にゆかりのある妖怪のラベルで
出していたようです。

の馬は『妖怪なまずボウズ』。
”破戒の罪で妖怪の姿に変えられた僧侶”らしく
”歌舞伎十八番の「暫(しばらく)」の悪役”…って
そういや悪役って青い隈取だよなぁ。
(地味に観劇も趣味)
天盃さんのヌリカベが可愛い♪

作り手のコンセプト通り
ロックでいただきました。
確かに呑みやすい、
でも薄っぺらくない。
地元で手に入るなら1本欲しかった焼酎でした。
そして今でもこれを見ると
頭の中でピンクのうさぎが
駅前留学を歌います(笑)




♪いっぱい聞~けて♪
♪いっぱいしゃべれ~る♪

ランキング参加中です。


昨日は休肝日でした。
…三連休呑み続けたんで必須

そしてやっぱりカレーでした。

20171011_カレー
スープカレー。
昨夜は鶏むね肉を小さく切ったものと
ジャガイモ、ニンジン、玉ねぎ、ズッキーニ、
ピーマン、キャベツ。
ジャガイモとピーマン、キャベツは煮込まず
別焼きしたものにスープをかけてます。

市販のルーを使ったカレーも作りますが
相方はこちらの方が好みなので
時間に余裕がある時はこちらを。
牛乳を使うのでまろやかで美味しいんですけど
牛乳を使うが故に日持ちしないのがなんとも(笑)
よく『寝かせたカレーは旨い』と言いますが
ギリギリ冷蔵庫で一晩です


             


過去呑み記録。

20171022_龍、燕返し
酒蔵 王手門無濾過麦焼酎 龍、燕返し』(ろんてん、つばめかえし)
麦 25度 白麹
限定特約店のみ(1,000本?)

映ってませんが瓶の首の部分に
「燕返し」にちなんでか
佐々木小次郎のイラスト付きでした(笑)


20171012_はちまんろかせず
高良酒造 有限会社『八幡ろかせず』35度 白麹

入手困難だけど旨くてハラ立つ酒(笑)
地方在住のウチでは
年に1~2本手に入れば御の字です。
湯割りがべらぼうに旨い!!!


20171022_羅針盤
古沢醸造合名会社『羅針盤』36-7度 白麹
販売終了

同蔵『ひとり歩き』の原酒を数年熟成させたもの。
「ひとり歩き」で迷子にならないように
「羅針盤(方位磁石)」を、ということから
命名されたそうです(蔵元曰く)

数年前に販売終了してますが
原酒の樽はあるそうなので(蔵元曰く)
いつか再販ある…といいなぁ。




今日は呑む!!!

ランキング参加中です。


赤江と多楽㐂(たらき)

マイ2017年の新酒第1号のこの子
地元酒屋に入荷しているはずなんですが
週末まで買いにゆけず
SNSで酒友さんがupした画像を
指くわえて見ております。
白濁がそそられる…ああ、呑みてー。






過去呑み記録。

20170920_赤江
株式会社 落合酒造場赤江(あかえ)』25度 白麹
鹿児島へ行った際、知り合いに
(芋とガス)臭いのが好きだと言ったら
「じゃあこれどうよ」と勧められた焼酎。
確かに芋臭は強いですが
紫芋特有の優しい甘さ&酸味で
かなり抑えられている印象でした。


20179020_多楽㐂
知覧醸造株式会社『多楽㐂』25度 白麹・黒麹

白黒それぞれで仕込み、
甕で熟成した後ブレンドした焼酎。
らしいです。

これを初めて知ったのは某コミック(笑)
『珍しい焼酎もらったから一緒に…』
っていう場面。
縦に3本並んだ格好で描かれてて
1番前が岩倉さんの「月の中」、
2本目は…なんだったっけな、で
前の2本にほとんど隠れてたのが多楽㐂。
なんせラベルが半分以上見えず
辛うじて見える漢字と
思いつくキーワード(芋 焼酎 宮崎 鹿児島等)
を入れまくってようやく引っかかった正解。
(七を3つ重ねた『き』の字が引っかかってた)

知覧醸造さんへお邪魔したことがあるんですが
穏やかな口調と物腰で案内してくださった
代表の森さんと同じ
柔らかい口当たりの焼酎だなーと。
やっぱ作り手に似るのかなぁ。


今夜は何呑もう~。

ランキング参加中です。


天嵐坊とむんのらと妻

絶賛腱鞘炎中。
右手の親指のと人差し指の間から
二の腕にかけて痛みと違和感がひどく
一升瓶どころか四合瓶、
もっと言うなら500mlの炭酸すら
自力で注げない状態です。

…呑んでますが。
(相方に甘えております)






過去呑み記録。

20070907_天嵐坊
黒木本店『天嵐坊(てんらんぼう)』25度 麦麹

これは山芋で作られた(山)芋焼酎。
黒木さんのサイトには掲載されていませんが
つい最近どこかで見た記憶があるので
終売ってことはないと思う…かなぁ。
(よくわからん)
今の黒木さんの焼酎デザインは
シンプル&スタイリッシュなものが多いので
これ並べると浮きますねー(笑)


20170907_むんのら
村尾酒造合資会社『むんのら』25度 麦麹

村尾さんの幻の麦焼酎で
販売されるのは超不定期…らしいんですけど
ワタシはこの写真の時(2012年)の
1度しか見たことありません。
ホントに出てるのか?(笑)
村尾さんの焼酎は茶屋が一番好きですねー。


20170907_妻
岩倉酒造場『妻』25度 白麹

これも2012年の写真。
東京大阪九州は存じませんが
当時ワタシ周りでこれは超超超レア酒でした。
これは宮崎へ行った際、
あちらでお世話になった方に
お土産としていただいたんですが
相方と『独り占めはバチが当たる!』
的に意見が一致したので
酒友さん達と呑める場所へ持参。
みんな記念撮影してましたねー(笑)
今でも品薄らしいですけど
昔よりは出回っているようで
地元の呑み出先でもちょいちょい見かけます。


ウチは頭に『鬼』が付く。

ランキング参加中です。




NEW