ジンギスカン

なるべく旅呑みレポの間に
別の記事を入れたくはないんですけど
(話が飛ぶので読みづらい)
通常酒ネタがいくつか溜まってきているので…。






本来準休肝日の水曜日。
暑かったせいか、
相方のgive me ジンギ!が盛り上がったらしく
急遽外呑みへ。
20190717_ヤマダモンゴル
お店はコチラ→

混んでましたねー。
カウンターもほぼ予約でビッチリだったし
最初空いてた小上りも
次から次へとお客さんが入って
あっという間に埋まっちゃいました。
みんな気温が上がるとジンギを欲するんだろうか…。
アジア系外国人の方も多かったです。

今回は呑み放題で。
20190717_beer.jpg

20190717_肉
野菜の5種盛りとお肉の3種盛りチョイス。
肉はレッグ・ロース・ショールです。

20190717_ジンギ
微妙に火が弱くて
焼けるのが遅い=酒が進む…
いやこれ呑み放題だから
お店としてはどうなんだろう?(笑)

ここのお店、換気扇が強力だったのと
座ったカウンター席が
網戸になってる入り口ドアからの外気が
モロに当たるところだったせいか
食べ終わった後の髪や服の臭いが
ほとんどしませんでした。
大抵『自分が(ジンギスカン)臭い…』と思いつつ
帰るので(爆)

ごちそうさまでございました。





ランキング参加中です。




2019.07宮崎鹿児島呑み~その5

二日目。夜。

まずは一軒目→

ビールでカンパイ。
昼よりはマシだったけど
蒸し暑かったんですよ~
20190712_01ビール
写真ないですが
この後レモン氷のレモンサワー呑んでました。
(焼酎呑まず)

絶対に外せない鶏刺し!!!
20190712_02鶏刺し
相方と奪いあって食べる始末…
あああああ旨かったなあああああ

茹でスナップエンドウ。
20190712_03スナップエンドウ
北海道産も最近出回ってますけど
皮の張りというか、パリッっていう感触が
全然違うんですよねー。

あなごの天ぷら。
20190712_04あなご天
写真切れてますが
器の倍はみ出てます(爆)

そしてワタクシ大好物の
長芋鉄板焼き。

ひどい猫舌なもんで
このテは冷めるまでお預けなんですが
そんなワタシを横目に相方

「ちょっと頂戴ね~♪」

と、どんどん食べてゆく…チッ
途中でstopかけました(→大人げないシニア)

〆は炒飯!
20190712_05ネギと卵の炒飯
ごちそうさまでしたっ!!


二軒目。
有名な焼酎BARで
名前はずっと聞いてたけど
入るのはこれは初でした→

以下、写真が隠しカメラ的な粗さなのは
店内が薄暗く、照度不足だったのと
使っている微音カメラアプリを覗いても真っ暗で
ピント合わせどころか
被写体の確認ができないレベルだったため
あてずっぽうで撮ってフォトショで判別できるところまで
無理矢理加工したせいです。

あと今さらですが、お酒・料理等、
店内の撮影は全てお店側に了解を取って
撮影しております。

相方・ワタシ共々「ガッツリ香るやつを」で
チョイスお任せ。
20190712_河童草子と甑州 journey
左:オガタマ酒造株式会社『河童草子』25度 黒麹

「がらっぱぞうし」と読むそうです。
調べたら河童=かっぱ、のを鹿児島の方言で
「がらっぱ」と言うらしい。
販売店限定の焼き芋焼酎。
口に含むと優しく、
呑んだ後で焼き芋の香ばしさがふわっと来る
穏やかな甘さの焼酎でした。

右:吉永酒造株式会社『甑州 JOURNEY』25度 黒麹

甑州は何度も呑んでいますが
このジャーニーは初めて見ました。

串木野からフェリーで
1時間ちょっとのところにある甑島。
高校がないため中学を卒業すると島を出て
本土=鹿児島の高校に進学しなければならず
これを「島立ち」と言うそうです。
酒蔵最寄りの中学校の卒業生が植えた
黄金千貫で作られた焼酎が
この『甑州 JOURNEY』で
島立ちする子供達へのエールの意味合いがあるそうな。

一口貰いましたが
そんなエピソードを聞いたせいなのかなんなのか
お気楽に当たり前に地元を離れず成長し
BBAにまでなったワタクシには
口当たり的にも気持ち的にも
ズシッと来るお味でございました。

20190712_杜の妖精とツン
左:大久保酒造株式会社『杜の妖精』25度 黒麹

こちらも焼き芋焼酎。
蔵の商品紹介に
「蔵に住み着く妖精たち」等と言う文言があったので
ちょっと違う方向の”夢子さん”かと
一瞬引いてしまいましたけど
『蔵に住み着く妖精』=『蔵付き酵母』のことでしたか。
大変失礼いたしました
優しい甘さですがコクの深いお味でしたねー。

右:田崎酒造株式会社『市来焼酎 ツン』25度 黒麹

これは相方の方に来たヤツなんですけど…
去年とかのツンじゃなくて
確か結構前のヤツだったような記憶が。
カウンターの前に
店の人が蔵見学行った時の動画流れてて
そっちに釘付けだったんで覚えてないです(笑)


軽めにもう一軒行くか~と三軒目。
天文館の老舗有名焼酎BARです→
経営の母体が日本から手を引いたとか
海外を主力拠点にしたとか聞いてたので
店あるのか…?と心配してましたが
若い方がパワフルに切り盛りしてて
安心しました。

20190712_08フラミンゴ
国分酒造株式会社flamingo orange(フラミンゴオレンジ)』26度 白麹

これね。
酒友さんがSNSでやたらUPしてて
旨い旨いと評判高かったやつ。
『フラミンゴ』だと思ってたんですよ。
みんなそう呼んでたから
『~オレンジ』付いてるの知らなくて。
でもみんながみんな”炭酸割りがナイス!”
ってコメントなのに加え
このラベルの感じ見たら…たぶんオレンジ芋だよなぁ、と。
(オレンジ芋苦手)
案の定でした…。

とは言うものの
地元で口にできる可能性はほぼナイので
呑んでみました。
うーん…割り方の好みもあるんだろうけど
あんまり味がしなかった…かな。
もっと甘くてシュワシュワ!的なのを
期待してたんですけど。
オレンジ芋って酸味が多くて
その分甘さ抑えられてる気がするから
(※あくまで個人の印象です)
そのせいもあるのかなぁ。

そして今回のヒットはコレ!
20190712_09小鶴サワー専用ゆずレモン
小正醸造株式会社『小鶴サワー専用ゆずレモン』25度 麦

宮崎だったか、鹿児島着いてからか
忘れたんですけど
途中で一度見たんですよこれ。
え。こんなのあるんだ、って。
これからの季節にピッタリじゃん!

美味しかったです。いいですねこれ。
麦のせいもあるんでしょうけど
焼酎の香りがいい塩梅に柚子・レモンと絡まって
甘さになってて呑みやすいし。
チューハイ感覚でゴクゴクいける…んですけど

だがしかし25度。

9%のチューハイ気分で呑ってると
気づいたら泥酔になるんで用心用心。

たまたまかもしれませんが
回った酒屋さんでは見かけなくて
(3月発売だから売切れた?)
帰りに鹿児島空港の売店で
ようやく四合瓶買いました(笑)
まだ開けてないので楽しみですけど
四合瓶なんざウチらにかかれば1回で終了だからな…

今回の旅で狙っててお会いできなかった焼酎は
コレのみ→
古澤さんのやつだから呑んでみたかったんだけど
宮崎の焼酎BARで聞いても
置いてなかったんですよねー。
調べ直したら地域限定の超PBでしたわ。
ちゃんと調べて行きゃ良かったなぁ。





ランキング参加中です。




2019.07宮崎鹿児島呑み~その2

一日目。夜。

まずは一軒目。
20190711_10ひろ志
前回行って非常に気に入ったので
2度目のコチラ→

今回はなんとカウンター席!
いや、カウンター好きなんですけど
前回、小上り席から
カウンター席のお客さんの会話を聞きつつ
そのあまりの会話の濃さに
『皆さんヘヴィ常連なんだろうなぁ』
『ちょっとあの中へ入る勇気はないなぁ』
と思ってたのでちょっとビビるの図(笑)

今回もカウンター席は満席でしたが
ヘヴィ常連さんは1組だけっぽかったので
安心してお料理に集中できました

まずは地ビールで乾杯。
20190711_11日向夏ラガー
宮崎ひでじビール九州CRAFT 日向夏』5%
ビールというよりは
日向夏のサワーのような爽やかさ。
これはジョシの皆さんにウケるだろうなぁ。
オッサン舌のワタシはソフトドリンク感覚で
ゴクゴクぷはー

お料理。
20190711_12いさき
いさきのお造り。

20190711_13釣りアジ
釣りアジのお造り。

20190711_14炙り〆鯖
炙り〆鯖。

20190711_15おぞえび塩焼き
オゾエビの塩焼き。

聞いたことのないエビだったので
「なんですか?」と聞いたら
冷蔵庫から出して見せてくれました。
甘海老より二回りくらい大きい、
ボタン海老より一回りくらい小さい海老。
調べたらヨシエビが正式名称らしく→
オゾエビというのは宮崎の呼び方らしいです。
塩焼きもお造りも行けると言われたので
オススメの方でお願いしたら
塩焼きが出てきました。

20190711_16めひかり天ぷら
メヒカリの天ぷら。

どれもこれも旨過ぎる。

お造りも塩焼きも揚げ物もめっさ旨い!!!
相方と競って食べ尽くしました…。

お酒は地ビールの後、
夏の焼酎をロックで。
相方は…と見れば
別の夏の焼酎を「お湯割り」でオーダー。
いや…夏の焼酎湯割りって
家ではちょいちょいするんですけど
外ではどうよ…マズいだろ…と思ったら
20190711_17夏の焼酎湯割り
メニューにあるのか

所変われば色々あるある。





ランキング参加中です。





待てないレモン氷

昨日のお弁当のおかずは

ササミを開いて
ラップで挟んで叩いて伸ばして
間にチーズを挟んで閉じて
閉じ口に大葉を巻いて焼いて
焼き上がりにお醤油を振ったもの

だったんですが
帰宅した相方の第一声が


「今日の(お弁当の)おかず食べたらワイン呑みたくなった!」
「(休肝日だけど呑みたいもんだから)狙って入れたろ?!」


言いがかりです。


全くの言いがかりなんですが
呑みたいのは事実なので
とりあえず乗っかっておきました。
休肝日スルー。

初めて行くお店だったんですけど
焼酎(の割り方)があまり期待できなかったので
レモンハイボールなるものをオーダー。
しかし出てきたグラスを見て
失敗を悟る…
20190612_レモンハイボ
この、氷代わりに凍ったレモンが入ってるタイプ。

…ダメなんですよ。

サクサク呑むのでレモン融けるのが追い付かない。
マドラーで潰しながら呑むと
レモンのタネが入って嫌だし
潰さないとレモンが中途半端に出る。

ゆっくり呑めばいいじゃんって話なんだけど
呑むスピードなんか個人の自由だ!
なんでコントロールしなきゃならんのだ!

しかし頼んでしまったし
これ、中(この場合ハイボール)だけ
追加で頼めるので1回は足したい。
押し潰しつつ呑みましたが
レモン氷が融けて本来のレモン味になったのは
追加の中を呑み終わる頃でした…。





ランキング参加中です。




念願の立呑みデビュー!

土曜日は相方の提案で
立呑みデビューを果たしましたワタクシ!!



20代の終わりに相方と関西行った時
梅田のガード下の立呑みを見て
猛烈に入ってみたかったんですが
当時は女性の姿なんかゼロ。
スーツのオジサマばかりだったので
「なんでこんなところに女が…」と
雰囲気的に迷惑になるんじゃないかと
入れなかったんですよね。

時は流れそれからウン十年。
時代は変わった。
ワタシも変わった。
…色んな意味で
加えて相方も一緒だし行けるぞー!ということで。

立呑み市場調査も兼ねて
まずは以前通りがかって以来
気になってたこちらへ。
20190608_立呑みパラダイス
立呑みパラダイス
…名前もいいわ~

JR札幌駅と市営地下鉄南北線札幌駅、
両方直結のビル内。

まずはハイボールでカンパイ。
ワクワクしながらメニューを見たけど
すっごいある!
しかも安い!!
テンションUPまくりであれこれ頼んだんですが
一番気に入ったのはコレ。
20190608_紅ショウガの天ぷら
紅ショウガの天ぷら。
ウマー♪後味スッキリー♪

次何呑もうとメニューを物色したら
見つけてしまいましたよ大好きなやつ!!
20190608_バイスセット
バイスセットー!!!!!
これ、新橋の某店で呑んでから
大好きになったんだけど
こっちじゃどこでも見かけなくて。
呑みたかったんですよねー。

しかしこれ。
ホッピーもそうなんだけど
中と外の違いがどうしても覚えられない…。
中=キンミヤ 外=バイス?が正しいんだっけ?
あれ?逆か…?とホッピーの時毎度なる。
そして毎度聞く(笑)今回も聞きました

ここはまた行くなぁ。
バイスハイは嬉しいです。

勢いついてもう1軒目。
こちらも前通るたび気になってたトコ。
札幌駅から地下歩行空間直結で行ける
日本生命札幌ビル内の
立ち呑み処 酔円

ハイボールを呑みつつ
20190608_ハイボール
枝豆やらポテトやら。

店内には、いかにも常連っていう
女性の1人客も2~3人。
お店のお母さんらしき方とお喋りしつつオーダーし
一人カウンターでしっぽり呑んで帰る…
カッコいいわー。
ワタシやると1杯で済まなくて
たぶんグダグダになるからね…。





ランキング参加中です。






NEW