ども。

土曜日に呑み旅から戻りまして
昨日の日曜は宅急便ラッシュ&洗濯の嵐。
ラッキーなことに送った荷物が
全て同じ日に着いたので
早速、2本開けました。

20200216_WY KISHOGURA N1
本坊酒造株式会社WY KISHOGURA No1』20度 白麹

お店で

あ、見たことないやつ。
(手書きPOP見て)カシス系ヨーグルト?
20度?へぇ。
瓶の色からして紫芋かなぁ。
ロックでサクッと呑むのみ良さそー♪

からの予備知識ゼロで購入。
さぁ開けるか!でよくよくラベル読んだら
WY=WINE YEAST、すなわちワイン酵母。
あ…(ワイン酵母苦手)ってなったよねうん。
お芋はやはり頴娃紫(えいむらさき)という
紫芋でした。

20度だけどちょい炭酸割り
(というより炭酸垂らしに近い酒8炭酸2)で。
カシス系&ヨーグルトは分かりませんでしたが(笑)
非常にフルーティーで、でも結構ドッシリ芋!っていう。
変わった味ですけど好きですねこれ。
本坊さんの焼酎はやっぱハズレないわ

そしてギリギリで手に入れたこのコ↓
20200216_宮の露ピンクラベル
小玉醸造合同会社『宮の露ピンクラベル』25度 白麹

従来のブルーラベル=貯蔵タイプに加え
今年初めて出たピンクラベル=新酒タイプ
SNSで酒友さん方が呑んでるのを見て
あー…こっちの酒屋さんに入るのかなぁ。
まぁ入らなくても向う(九州)行けば買えるし、と
気楽に構えてた…

んですけどね。

話が前後するんですけど
今回の旅で行ったんですよ。
飫肥のこの蔵に(笑)
で、杜氏くんとは顔見知りなので
その連絡のやり取りのついでに
「こっち(の酒屋さん)にも入ってる?」
と聞いたら、ある、と。
で、じゃあわざわざ九州で買わなくてもいいか、と
鹿児島の酒屋さんにあったけどスルーしたんですよね。

しかし。

蔵訪問当日。
杜氏くんと喋ってたら
「(酒屋さんに)入ってるけどまだ残ってるかは微妙」
って言いだすんで、えええ?!と。
その場で酒屋さんに電話で確認してくれたら


酒屋さん『あーもうないです!』


なんですとー?!

知らなかったんですけどね…
全部で900本弱しか出してない限定品で
その地元の酒屋さんにも
2ケース(12本)しか入らず
焼酎を中心に扱ってる飲食店さん分で終了だったらしい…
そりゃ店のSNSにも上がらないはずだよ…

鹿児島にはもう戻らない旅程だったし
その日は宮崎泊だったので
どっか!卸してる酒屋でありそうなところ!!
と教えてもらった中から
蔵を出た足で向かったのが大阪屋さん→

店に入るとブルーラベルはあるのに
ピンクが見当たらない…
お店の方に「ピンクラベルありますか?!」と
お聞きしたところ


店員さん「えーっと…」


と言いつつ棚ではなくレジ前のテーブルへ。


店員さん「ラスト1本です!」


セーフ…あ、あぶねー

…という経緯でお迎えした1本です(笑)

この夜に宮崎のBARで初めて呑んだんですが
新酒特有の濃い甘さと香ばしさと芋臭さが
お湯割りによく合います。
しかしこれを昨夜自宅でやろうとしたんですが
なかなか上手くゆかず…。
あーでもないこーでもないと杯だけ重ねた結果、
泥酔一歩手前でございました





ランキング参加中です。



スポンサーサイト




千貫全量

宅呑み新規開栓。
20190731_千貫全量
本坊酒造株式会社千貫全量』25度 黒麹
販売店・地域・本数限定

先日鹿児島で購入したうちの1本。
通常なら麹=米で
そこにさつま芋を加えて作るところを
麹も芋、加えるのも芋=芋麹全量。
さつま芋は黄金千貫の甕壺仕込みです。

酒屋さんのPOPに
『レンゲの蜂蜜を連想させる香り』
『甘さが際立つ1本』
的なことが書かれてて
ハチミツ好きとしては見逃せん!と
購入したんですけど
いざ呑もうとして呑み方に迷う。

レンゲの蜂蜜…
マイイメージだと濃いめぬるめの湯割り、だけど
暑いから湯割りちょっと…。
水割り…あんま好きじゃないし。
炭酸…いきなりそれもどうよ。

先に相方が試しに水割りしたんですが

「・・・・・・・・。」

微妙な顔。
じゃあ試飲してみるわと
ちっちゃいグラスでロック呑みに。
(最初に試飲しろよって話もある)
ええ、上の写真は試飲時です(爆)

ロックが一番好みかな。
湯割りもしましたが
かなり温度下げての濃いめがなんとか。
蜂蜜のような香り、だから
決して蜂蜜入ってるてワケじゃないのに
蜂蜜をそのまま食べた時の口の中…
酸味?渋み?雑味?みたいなのが
舌に残るんですよね。
相方はこれが苦手なので「ダメだなー」らしい。
大丈夫!
ワタシが美味しくいただきます





ランキング参加中です。




金曜日の外呑みは師匠のお店へ。

20180629_ふんわり泰明
藤居醸造合資会社ふんわり涼やか特蒸泰明』麦 19度
毎年金魚ラベルが可愛い夏の泰明。
まだ酒屋さんで見てない(行ってない)んだけど
今年もちっさいやつ出てるんだろか?

20190629_魂の芋
本坊酒造株式会社魂の芋』25度 黄麹

って、黄麹か!

…いや、初見だったんですよねこれ。
なので予備知識全くなく、
あー知らないなこれ。え?本坊さん?
呑む呑む!オススメの呑み方あります?
っていう流れで。
今初めて知った…道理で。
ロックで呑んで美味しかったんですけど
もうちょっと甘さの深みが欲しい、というか
もどかしいというか。
なんだろこの渋みっぽいの、と思ったんで。
(黄麹苦手)
1杯目なら気づいたかなぁ。
藤居さんの甘い麦呑んだ後だったから
余計にバカ舌が働かなかったのではないかと(笑)

20190629_土竜
さつま無双株式会社『五年熟成 土竜』25度 白麹

5年に一度発売される超限定品…

らしいです(笑)

いや、普段あまり土竜呑まないので。
(好み云々ではなく単に機会がないだけ)
湯割りで。
がっしりというより、味の底がドッシリしてる、という感想。
(あくまで個人の勝手な感想です)
これはちょいお湯足しか、
燗冷ましをちびちびやりたいですねぇ。




もう一軒寄っちゃって翌日昼まで起きられず…。

ランキング参加中です。




2019.02九州呑み~その4

三日目の夜の呑み出。

いざ!天文館へ!と
ホテルのシャトルバスに乗るべく
ロビーへ出ると
これ以上ないくらい、
ドンピシャ&タイムリーに
祝賀会お開きからの皆さんお帰り。

ロビー超ごった返し

からの

超芋焼酎臭い方々の波

大笑いしながらも
これ絶対シャトルバス乗り切れないパターン!と
小走りで乗り場へ急ぐ。

…あっという間に後ろは長蛇。

ウチは無事乗れましたけど
最後の方は補助椅子はもちろん
ガイド席(!)まで出す満席ぶり。
案の定全然乗り切れずに発車しました。

ほろ酔いな地元の方(ほぼ蔵関係者)で
満員の車内。
10分ほどの乗車の間は
芋焼酎のかほりと
ヒアリングできない言語が飛び交う大笑いカオス
鹿児島弁って、ネィティブに話されると
何言ってるかまっっったく分かりませんねー。
露天風呂でおしゃべりしてるご婦人方の話を
聞くともなく聞きながら
ずっと「アジア系観光客の方」だと思ってたら
(台湾or韓国or中国)
最後の方で「あ。日本語やんこれ」と思ったことは
何度もありますわ。
お風呂って声反響するから
余計に分からんのもあるけど。

天文館に一番近いバス停に停車する際
運転手さんが「ご利用の方いらっしゃいますか?」
とアナウンスしたら
ホロ酔いで芋焼酎のかほりを放つ
紳士の方々が
野太い&低~い声で一斉に

「「「は~~~い」」」

みなさんここから二次会のようでした(笑)


到着。
20190208_005天文館

お店はコチラ→
昨年2月の九州呑みで行って
すっかり気に入ったお店(前回の記事はコチラ→)。
再来訪です。

まずはビールで乾杯
20190208_006ビール

これは絶対外せない!
20190208_007鳥刺し
九州来ないと食べられない鳥刺し。
(キタノハテ市は保健所が超うるさくてNG)
しかし鹿児島でも
『生食は控えてください』的なのが
出始めてるらしい…ちょっとぉ。
楽しみ奪わないでよねー。

レバーをごま油と塩で食べると
思わず身悶えするほど旨い!!!!
酒がいくらでも入ります。

20190208_008蓮根とジャコのサラダ
蓮根と大根とジャコのサラダ(たぶん。記憶が…)。
乗っかってるのは…揚げ湯葉?だったかな。
(だから記憶が…)

20190208_009そら豆の天ぷら
そら豆の天ぷら。
付け合わせになってる熊手みたいなものは
恐らく乾麺を束ねて揚げたもの。
ええ、キッチリ食べましたワタシ(笑)

20190208_010スナップエンドウ
茹でスナップエンドウ。

20190208_011焼き筍
焼き筍!相方の大好物です。
ていうか、2月にあるんだ筍…。

お酒はさつま白波湯割りからの島美人。
一合を湯割りで相方とシェアしました。

2軒目、チョイ呑みに伺ったのはコチラ→
20190208_012一代
見学に伺った蔵で
杜氏さんに教えていただいたお店。
というか「あんまり行かないんで…」と
杜氏さんが本坊さんのお知り合いに
わざわざ聞いてくださったお店。

かなり年季の入ったお店で
5~6人座れるカウンターと奥に小上り。
おでんやカキフライ、うなぎ等もありました。

聞いてくださった杜氏さん曰く
「焼酎はおはらしかないって言ってたよ(笑)」
(教えてくれたのが本坊さんの方だから)
とのことだったんですが
店に入るなり目はカウンターの中にある
酒燗マシンにくぎ付け!
本坊さんの"さつまおはら"が2本ドン!と
刺さっておりまして。
これは呑まずにはいられない…。

おでんを頼み、おはらの湯割りをいただきました。ら!


べらぼうに旨い!!!


何これ!めっちゃ旨いんだけどおはら湯割り!!
なんでこんな味出るの?!

さすが製造元オススメの店…。
おでんも大変美味しかったです。

相方はすっかりこの店が気に入ったようで


相方「次は(1軒目を)ここにする!!」


と息巻いておりました(笑)



異論ナシ。

ランキング参加中です。




秋茜と旭萬年雪

旅レポはできれば続けてupしたいんですけど
間にどうしても通常呑みが入ってしまう…。






そんなワケで金曜日の外呑み。

この店でのスタートはいつも、
20181130_とりハイボー
とり(あえず)ビー(ル)ならぬ、
とり(あえず)ハイ(ボール)。

からの~

20181130_秋茜と潤平無濾過
ワタシチョイス 左:本坊酒造株式会社秋茜』25度 黒麹
相方チョイス 右:小玉醸造合同会社
『杜氏潤平 蒸留したて 新酒無濾過』25度 白麹

毎年、秋茜はこの店でしか呑まない(呑めない)ので
これが今年ラストかなぁ。
そういえば日曜日に某農業系アイドルのTVで
モノホンのアキアカネ(とんぼ)を初めて観ました。
思わず「あ!本坊さんのヤツ!」と
テレビを指さして叫んだのはワタシです。


20181130_萬年雪と八重桜無濾過
ワタシチョイス 左:有限会社 渡辺酒造場無濾過 旭萬年 雪』28度 白麹
相方チョイス 右:古澤醸造合名会社『八重桜 手づくり 無濾過』20度 白麹

今年初の萬年雪!
毎年分かりやすく味が変わるので
面白くもあり楽しみでもありガッカリも時々あり(笑)な
萬年雪ですが
相変わらずの香ばしい焼き香は健在!!
利き酒はアホですけど、この匂いを嗅ぐと
「ああ~渡邊さんのやつだ~♪」←こんなカオになります。

最近は呑みやすい方向へ向かってて
クセモノ好きとしてはちょっと寂しかったんですが
今年のはいい!クセ感出てます!!
翌日、早速酒屋さんに行って
子ペンギン捕獲してきました。
(四合瓶はラベルがペンギン@冬ver.)




子ペンギンとあと2本捕獲してきた♪

ランキング参加中です。






NEW