金曜日の外呑み。

20190315_軸屋シルクスイート
ワタシチョイス
左:軸屋酒造株式会社軸屋 シルクスート』25度 黒麹

軸屋さん初の
天然酵母を使った焼酎だそうです。
湯割りで。
割り方にもよるんでしょうが
(この店はいつも濃いめに割ってくれるので)
呑んだ後、フワッとお芋の甘さと香ばしさが
鼻をかすめていくのがたまらん!でした。

右は相方チョイス。
小鹿酒造株式会社鹿児島限定 小鹿の郷』25度 黒麹


20190315_阿久根新酒無濾過2019
ワタシチョイス
左:鹿児島酒造株式会社『新酒 無濾過阿久根2019』25度 白麹

5,000本限定でシリアルナンバー入り。
相変わらず店で目を惹くどピンク(笑)
初めて見た時は
白地に光るショッキングピンクで名前入ってて
なんじゃこりゃ、と思いましたけど
見慣れるんですねぇ、人って。
今じゃ酒屋でこの色が視界を掠めると
「あ、阿久根の新酒?」って(笑)

で、これ、実は買ってあるんだけど
なかなか開封の順番が回って来ず、
未だ未開封…。
先にこっちで呑んじゃいました(笑)
無濾過だからはよ呑まにゃ-。
それにしても

前年製造した「阿久根」原酒を3ヶ月間貯蔵。
低温冷却で浮遊物を取り除き25度に割り水。


って初めて知りましたわ。
新酒無濾過って
パイプから出てきた!即瓶詰め!よし出荷!
が全てじゃないんだ。

右は相方チョイス。
株式会社 宮田本店日南娘 黒麹』25度 黒麹


20190315_DAIYAME.jpg
ワタシチョイス。
左:濱田酒造株式会社だいやめ~DAIYAME~』25度 黒麹

これ、たぶん呑むの初めて…のはず。
あちこちで見ているので記憶が
炭酸割り推し&ライチの香りと聞いてたので
その通りにいただきました。
ライチ…香りますね確かに。
う~ん、でも言われないとスルーしそうな。
ライチというとどうしても『安田』が浮かびますが
あっちはあっちで強烈過ぎだし(笑)

さつま無双の烏天狗シリーズの1発目が
ライチ凄かったらしいんですけどねー。
1発目だけ呑んでないので悔しい。

右は相方チョイス。
長島研醸有限会社『春薩摩旬(とき)あがり さつま島美人』25度 白麹


ワタシは焼酎の炭酸割=ビール感覚。
じっくり味わう気持ちが1くらいで
残りの9はのど越し。
ゴクゴクプハー的な。
てっきりみんなそうだと思ってたら


女将「笑 湯割りと同じように呑む人も多いですよ」

え、それってガス抜けるわ氷融けて薄くなるわで
味落ちて美味しくなくなるでしょ?
(炭酸割りは)ガス抜けないうちに
スカッと呑み切るもんじゃないの?

女将「普通の人は違います(爆)」


…いや、普通の人って




早く人間になりたい?

ランキング参加中です。



スポンサーサイト




2018.08九州呑み~その5

そしてこの夜の本番である
超強力焼酎BARへ。

20180827_青とんぼ
小鹿酒造株式会社青とんぼ』25度 白麹

『水割りやロックで美味しく呑めるよう』に
作られた焼酎だと聞いたので
夏焼酎だと勝手に思ってたんですが
考えたらとんぼ…秋だよなぁ。
(少なくともワタシの在住地では秋)
これは今年初めて呑みました。
ネットで見て、小鹿さん好きだし呑んでみたいなーと
思ってたんですけど
地元では取り扱いがなくて。
しかしさすがは超強力焼酎BAR。
座るなりカウンターにこれ置いてあって
いきなり狂喜乱舞からのスタート(笑)


20180827_神秘の島
合名会社 天草酒造『神秘の島』25度
天草島内限定

順序が逆になりましたけど
以前UPした宅呑みよりこっちが先呑みでした。


20180827_大和桜金
大和桜酒造『大和桜 匠 長期貯蔵』(金)25度


酔ってたので詳細のメモが
あんましアテにならないんですが…(笑)

7~8年前に鹿児島山形屋のPBで出た300本限定の
一年甕貯蔵『大和桜 匠』(銀)、の
3年甕貯蔵版。こちらも300本限定。

…らしいです。
あくまでワタシの話なんですけど
大和桜さんの焼酎はいつも困るんですよ。
冷たいのがいいのか温かいのがいいのか
自分で判断できない。なぜか。
湯割りで呑むと
「美味しい!けどロックだともっと…」と思うし
ロックで呑むと
「美味しい!けど湯割りならもっと…」と思う。
なんなんだ(笑)

で、トリミングしてますけどこれ
ロックで呑んでるんですよねワタシ。
そして写真撮ってないけど(酔って面倒になった)
実はこの他にもかなり呑み散らかしてる。
さんざ呑んだ〆にそれじゃ酔うわな…。

それなのに。

20180827_おつまみ?
このあともう1軒(爆)
ホテルの下がハイボール専門の酒場で
前に行ってすごく好きだったんですよね。
で、今回も泥酔しながら1杯だけ!とか言って
アイラ呑みに行きました…。
この写真はフリーのおつまみです。
並べて撮ってるんだけど
これは酔っ払いのやることです間違いなく




あと1つで九州記終わり!

ランキング参加中です。




小鹿の郷と朝蔵との馬

新酒の季節到来なんですが
遠征その他諸々予定が詰まっていて
酒屋さん&外呑みにもなかなか行けない状況です。

さっき地元酒屋さんのFBに
佐藤のあらあらが入ったとの告知が。

めっっっっちゃ美味しいんですけどね、あらあら。
以前あれ呑んで鼻と舌おかしくなったというか
濃厚寄りになっちゃった結果
2週間くらい他の酒の味が
あんまししなくなったことあったんですよ。
超濃く作った鶴見の白濁無濾過湯割りでさえ
しばらく「なんか物足りない」となって以来
色々呑みたい新酒シーズンなのもあり
躊躇してしまいます(笑)


そんなワケで過去呑み記録。

20171025_朝蔵と小鹿

左:小鹿酒造株式会社小鹿の郷』25度 黒麹
しっかりというかがっしりしたイメージで
湯割りはもちろん、
ロックにしても多少割ってもどっしりのまま。
私的”黒麹の焼酎王道”なお味(笑)

以前、小鹿酒造さんへ
お邪魔させていただいたことがありまして。
その時撮った写真がコレ↓
20171025_P箱
九州P箱の山(笑)
九州の方にはなにそれ、でしょうが
『九州域外持ち出し厳禁』の
この薄緑のP箱がこれだけ積まれている光景は
県外者のワタシから見ると
「おおおおお!」だったワケで。

ちなみに小鹿さんで撮った写真は
これ1枚だけでした。
いつもは1枚も撮らないで終わるので
(結構お邪魔してるのに写真がほとんどナイ)
それだけ衝撃だった、ということで

右:大久保酒造株式会社朝蔵』25度 黒麹 ※PB

鹿児島県鹿屋市にある
「あさくら」という酒屋さんのPBのようです。
呑んだのはたぶん
師匠の店だと思うんですが…マニアック(笑)


20171025_の馬
寿海酒造株式会社『の馬』(のば)20度 白麹

2015の夏に『ロックで飲みたい焼酎シリーズ』として
九州各地の6蔵が
各土地にゆかりのある妖怪のラベルで
出していたようです。

の馬は『妖怪なまずボウズ』。
”破戒の罪で妖怪の姿に変えられた僧侶”らしく
”歌舞伎十八番の「暫(しばらく)」の悪役”…って
そういや悪役って青い隈取だよなぁ。
(地味に観劇も趣味)
天盃さんのヌリカベが可愛い♪

作り手のコンセプト通り
ロックでいただきました。
確かに呑みやすい、
でも薄っぺらくない。
地元で手に入るなら1本欲しかった焼酎でした。
そして今でもこれを見ると
頭の中でピンクのうさぎが
駅前留学を歌います(笑)




♪いっぱい聞~けて♪
♪いっぱいしゃべれ~る♪

ランキング参加中です。


前割り小鹿ペットボトル

昨夜の宅呑み酒。

20170903_小鹿前割りペットボトル
小鹿酒造株式会社前割り小鹿』15度 白麹

鹿児島行った際、
新幹線車中で呑もうと
コンビニで買ったまま持ち帰ったやつを
湯煎で温めて。旨し!!
鹿児島はコンビニやキオスクに
すぐ呑める前割りが色々あって
うらやましい~。


鹿屋の小さな蔵で「小鹿」。

ランキング参加中です。




NEW