2019.02九州呑み~その1

一日目。

JRで新千歳空港へ。
既にこの時点でかの国の方々の多さに辟易

だがしかしこんなん序の口だったんだよね…。

空港でなんかあればお土産追加のつもりも
あまりの人の多さにうんざりし
早々にチェックイン。
ちょっと早めのお昼はこちらで。
001_ドライブインいとう1
ブタのオケツではなく
ドライブインいとう ゲートラウンジ店→

国内線の出発ゲート内にある店舗。
ラーメン、お寿司等、他の店舗と一緒の
フードコート的な作りなのもあり
大抵混んでるんですが
ちょうど目の前の搭乗口から東京行が出るところで
ガラ空きでした。

002_ドライブインいとう2
相方チョイス、元祖豚丼ドッグ。
ワタシチョイス、mini豚丼。
ワタシ朝からお米はあんましダメなんですよ。
決して小食というワケではなく
パンなら何枚でもイケるのにお米はちょっと…という。
胃にもたれるというか、
横隔膜が詰まるような感覚(※個人の印象です)になる。

だがしかし酒OKの不思議。

この旅一発目の酒は角ハイからスタートでした。

使用機到着遅れが遅れを呼び
20分以上遅れての離陸。
時間と曜日のせいか比較的空いていて
まるっと空いていた前の列に1人で座れました。

フライト中は揺れましたねー。
ベルト着用サインも点いたり消えたり。
寝てても大きな揺れの度に
嫌でも起こされるんで
途中で諦めてkindle読んでました。

面白かったのは
前の席に座ってた20代後半と思しき
ジョシ2人。
かなりの揺れも全く我関せず状態で
ずーっと身振り手振り交えつつ
楽しそうにしゃべり倒してたっぽい
(シートの合間から見える)んですけど
着陸態勢に入ってすぐ
かなり大きな揺れが続くなーと思ったら
シートポケットから「安全のしおり」出して
緊急脱出時の体勢の予習始めてた(爆)
今さらかい!
一時間以上揺れた後だし!

無事に福岡空港着→→ホテル着。
003_ホテル
ココ→

比較的新しいので設備自体がまだキレイなのと
いつも呑みに行く店へのアクセスが便利なので
3回目の利用になりますが
静かな部屋を希望される方には
オススメできませぬ(爆)

目の前は昼も夜も交通量のある国体通り。
裏は3次救急の総合病院。
プラスなんか窓の防音が甘いんですよねここ。
今回10階の部屋だったんですけど
窓開いてんのか?!っていうくらい外の音が入ってくる。
そんなんだから初めて泊まった時は
真夜中の救急車サイレンで2度ほど飛び起きた

今回は3回の中でも特にひどくて
一応窓調べたら鍵が開いてた(爆)
まぁ鍵かけたところで音の入りは変わらないんだけど
考えたら10階の窓の鍵開けっ放しってどうよ


そんなこんなでひと休みして夜。
呑み出。

この日の一軒目。
004_とーごー
ココ→

鳥刺しとかさつま揚げとかお料理も美味しかった!
…んだけど気づいたら写真1枚も撮ってなかったよ


005_八千代新酒白黒と萬世
写真向かって右から
相方1杯目炭酸割り→萬世酒造株式会社『萬世 春ラベル 黄麹仕込み』25度 黄麹
ワタシ1杯目は写真ナシ→『寶CRAFT<九州レモン>』8% 九州地区限定販売

相方2杯目湯割り→八千代伝酒造株式会社
『八千代伝2018 新焼酎 黒麹 Harverster 収穫する者達』25度 黒麹
ワタシ2杯目湯割り→八千代伝酒造株式会社
『八千代伝2018 新焼酎 白麹 Harverster 収穫する者達』25度 白麹

…なんでこんな長い名前

八千代の新酒2018はこれが初。
ていうか今年からリニューアルしたらしいんだけど
去年までの青箔ラベルがこれになった…のか、な?
当日収穫・当日仕込みの芋焼酎です。

これがべらぼうに旨かった!
特に白!甘っ!フルーツか!っていう。
この後1本欲しくて酒屋で聞いて回ったんだけど
九州じゃ新焼酎のピークは
1月で終わってるからねぇ…なかったよ

相方3杯目湯割り。
006_白波新酒白
薩摩酒造株式会社『新酒 さつま白波』25度 白麹

ワタシ3杯目湯割り。
007_小鶴
小正醸造株式会社さつま小鶴 復刻版』25度 黒麹

相方4杯目湯割り。
008_波平
薩摩酒造株式会社『無ろ過いも焼酎 芋屋波平』25度
たぶん黒麹、たぶん(メモ忘れた…)

福岡の飲食店限定銘柄だそうな。
さすが違うな…こんなのあるんだから。いいなぁ。

そしてここまでをチェイサーなしで呑んだワタクシ。
酔っぱらいの出来上がり。
この後、こちらも毎度お世話になってるBARに行ったけど
記憶が途切れ途切れ。つかほぼほぼナイ。
早々に切り上げてホテルで爆睡しましたとさ。




チェイサー、大事。

ランキング参加中です。



スポンサーサイト

昨日、金曜日の外呑み。
ハイボールでサクッとノドを潤してからの
焼酎in!

20180622_ひめあやかと池の露
小正醸造株式会社『夏焼酎ひめあやか』 20度 黒麹

毎年チェックする夏焼酎の中の1つ。
最近苦手な色芋系(赤とか紫とかオレンジとか)で
これは赤芋らしいんですけど
あんま気にならないのは
度数のせい…なのかなぁ。
まぁ赤芋故か
20度なのにしっかり甘濃い感じがいたしました。


20180622_紫尾の露颯
軸屋酒造株式会社紫尾の露颯』20度 白麹

これも毎年呑むようにしている夏焼酎。
夏焼酎は20度が多いのもあり
ロックでも呑みやすいんですけど
これはその中でもさらに呑みやすいですねぇ。
お若いお嬢さん方にウケ良さげ。
…オッサン舌BBAにはちょいと物足りないです


そして酒友さんの間でウワサだったコレ。
20180622_晴耕雨読光龍
佐多宗二商店晴耕雨読 光龍』30度 黄麹

前にも書いたことありますが
色芋よりさらに苦手度上の黄麹…。
普段は選択肢圏外ですけど
これは酒友さんの間で結構
「こんなの出た!」という意味合いで話題。
まぁ勉強のために呑んでおくか…って


だから何を目指してるんだ自分。


自問自答した1杯…。

うーん、ワタシが黄麹苦手な最大の理由である
特有の松ヤニのような渋み(個人の感想です)は
若干軽減されてた気はしたので
普通に呑めたけど
たぶん黄麹好きな人は物足りないじゃないかな、とか
勝手に思いながら呑んでました。

そしてこれからも基本、
進んで黄麹はチョイスしない…。



飲食でも酒販でもないただの会社員です。

ランキング参加中です。




わかさぎの南蛮漬け

これが出てからというもの
自分で作らなくなってたんですが
買い置きして忘れてた炭酸が1本出てきたので
久々に作って呑みました。
20180426_ハイボール

やっぱ全然味違う(笑)
同じBLACK NIKKAなのに
缶の方は甘く、呑みやすくブレンドされてるのが
よぉく分かりました。

以前、GINZA SIXで買ってきたコレ
先日久々に。
20180426_杜氏潤平ブレンデッドエディション

べらぼうに旨くて
開栓即一人で空か!な勢いで呑んでたら
当然のように相方からSTOPがかかり
そのまま置いてあった分。
やっぱ旨い。ロックがたまらんです。
もう売ってないよなぁ…。

そして昨夜の宅呑み肴。
20180426_わかさぎの南蛮漬け
わかさぎの南蛮漬け。
帰りにスーパー寄ったら
安い&見切り品だったので、つい(笑)
思ったよりたくさん入ってて得した気分~。




連休の予定は仕事と呑み。

ランキング参加中です。




2018.02九州呑み~その5

鹿児島3日めは
この旅のメイン目的でもある蔵見学。
蔵の名前は伏せますが
造りについてはもちろん、
蔵の歴史、焼酎の歴史、地元の歴史に
焼酎の今現状とこれからについてや
杜氏が思う蔵のこの先のことまで
面白く興味深いお話を
たくさん聞かせていただくことができました。
楽しかった!!

翌日は鹿児島出て
最終滞在地宮崎へ移動。

ようやくの快晴!
なんせ初日から雪&寒かった上に
夜しか外に出てなかったんで(笑)
久々に浴びる日差しでした。

ちなみに。
鹿児島初日の桜島↓
20180211_桜島

鹿児島二日目の桜島↓
20180212_桜島

そしてこの日の桜島↓
20181214_桜島
(車窓から撮ったんでガラス反射してますが)

二枚目、チラッと見えてますけど
雪山でしたからね…初めて見ましたよ 

ちょうどお昼時の列車だったので
お弁当と言う名の肴を買い込み
車内でまったり呑み。

ワタシチョイス↓
20180214_wine.jpg
白ワイン。

ビール呑みたかったんですけど
なんか胃の調子がいまイチで。
炭酸類控えた方がいいかなーという。
スパークリングじゃない
フツーの白ワインです。

相方チョイス↓
20180214_スパークリング赤猿
小正醸造株式会社赤猿スパークリング』5% 白麹

元の赤猿が白麹なんでたぶん白(笑)
紫芋を使ってるらしいです。
一口もらったんですが…

めちゃめちゃ甘っ!!

相方はサンドイッチ食べてたので
まだ大丈夫だったようですが
ワタシは食中酒、無理です…

そんなワタシのお弁当肴↓
20180214_お弁当
こういうの好きですね~♪
つまめるものは欲しいけど
ご飯も欲しいんで。

呑んで、酔っぱらって、寝てたら着きました。
20180214_宮崎1
宮崎着。

暑い!
この日は地元の方でも
この時期にしては「暑い」という
最高気温17度。
ロングブーツとダッフルコート、スヌードが
憎々しいくらい邪魔でした

20180214_宮崎2
北国人のワタシから見たら
南の島の風景…。




ソテツ系って身近にない。

ランキング参加中です。



タイトル長い

土曜日の呑み。
ホヤホヤ新酒が棚に並んでるのを見て
口元がほころぶワタクシ(笑)


20171014_たてくじらと小鶴

左:大海酒造株式会社くじらのボトル新焼酎』25度 白麹
いわゆる「たてくじら」。
甘くて香ばしい。
突出したクセはないけど
安定したお味の新酒でンまいです。

右:小正醸造株式会社小鶴 初心者お断り』25度 黒麹
この『初心者お断り』っていうフレーズ、
気になってたんですよね。
どんだけ臭いんだろう、と(笑)

呑んだ第一声「これ黄麹だっけ?」(笑)
なんていうか松ヤニの渋みっぽい、特有のクセ。
黄麹の焼酎呑んだ時
いつも舌に引っかかるやつなんですよね。

芋焼酎ベテランの方々から寄せられる多くの声に応えるべく
芋臭い焼酎をつくりました。
クセの強いこの一杯、どう飲みこなしますか。


大将曰く
「何をもって”芋くさい”というか、ですよねー」と。
確かになぁ。
甘いとかガス臭いとか以外だとすると
弱輩者には難しいです。
まだまだ精進せねば。


20171014_お茶娘
大海酒造株式会社『大海 お茶娘。』25度 白麹

たてくじらを頼んだ時、大将が
「そういえばこんなのあるんですよ」
と出してくれたのがコレ。
サツマイモにお茶を加えて一緒に蒸留…
とか言ってた気が。
(酔ってたのであんま覚えてナイ1)。

超呑みやすいけど
なんか芋っぽくない不思議な味でした。
ゴクッと呑んだ後ふわっとお茶が香るのは
ジョシの方にはウケるのではないかと。
限定販売で大将曰く
「入った途端売り切れたとか言ってましたよー」
だそうです。
どこの店の話だったっけかな。
(酔ってたのであんま覚えてナイ2)


20171014_五島灘
五島灘酒造株式会社『五島灘 明治之芋』25度 白麹

五島に100年以上前からある
在来品種「金ぼけ」という芋を
残っていた親芋数個から数年かけ
仕込み可能な1,000kg単位まで増やして
仕込んだ焼酎だそうです。
甘さより先にギュッと締まるような味がして
後味スカッ。面白い味でした。
しかし金ぼけ…ぼけ…方言かなにかなのか?


20171014_秋茜
本坊酒造株式会社秋茜』25度 黒麹

見た瞬間「今日のトリはこれ!」と決めてた
大好きな銘柄。
甘さと臭さがどちらもキツ過ぎず
ちょうどよく立っててたまらんです~

新酒を湯割りで出してもらった時の
ほわ~んっていう特有の香りと
表面にうっすら浮いてる油を
杯傾けて眺めてると幸せな気分になりますな~。
たまらない季節です。




まだまだこれからだぜ!

ランキング参加中です。




NEW