昨夜は相方からのお誘いを受け
急遽外呑みへ。
令和初(笑)の夏焼酎呑んで来ました

一発目。
20190515_涼風大海
大海酒造株式会社『涼風大海』25度 白麹

大海さんの夏焼酎…って
去年もこんなラベルだったっけ?
なんか見るたびにデザイン変わってる気が。

ロックで。
確か去年のやつも美味しかったんだよなぁ、
と言ったら、店の女将曰く
「今出てる夏焼酎では一番好き」だとか。
爽やかでフルーティーなお味でした。
25度とは思えない口当たりの軽さ!
呑みやすいですけど
決して物足りないワケではなく
ロックでスイスイいけますねーこれ。


二発目。
20190515_夏の松露
松露酒造株式会社『夏季限定 白麹赤芋仕込 松露』20度 白麹

あ、これ20度だったっけ(今さらw)。
酒友さんのクチコミに関係なく
毎夏呑むと決めているマスト夏焼酎の内の1本。
白麹の甘さに赤芋特有の甘さと香りが
毎年身悶えするほど好きです(笑)
今年も美味しゅうございました。
いやまだ機会あったら呑むけど


三発目。
20190515_烏天狗しゅわしゅわ
さつま無双株式会社『烏天狗しゅわしゅわ』36度 白麹

今年のやつです。
去年と同様(→)オーク樽熟成らしいんですけど
なんか去年よりマイルドで
オーク樽特有のクセがなく
呑みやすくなってました。
全然味違う。

この烏天狗シリーズは
毎年色々替えて仕込むけど
同じものは二度と作らない、というのを
どこかで聞いたことがあるので
ホントなら納得だなーと。


〆は湯割りで。
20190515_青鹿毛
柳田酒造合名会社青鹿毛』麦焼酎 25度 白麹

超有名な麦焼酎。
久しぶりに呑みました。
香りだけで癒されます…。




実はハイボールスタート。呑み過ぎ。

ランキング参加中です。



スポンサーサイト

祝日前夜の昨日の外呑み。

20180320_大和桜紅芋
大和桜酒造株式会社『大和桜 紅芋』25度 白麹

甘いはずの紅芋もなぜか
甘さ控えめに感じる大和桜(個人の感想です)。
最近、色付き芋(紅とか赤とか)が
苦手になってきてるんですが
これは普通に呑めました。
割り方もあるのかなぁ。

で。

大将が出してくれました。
20180320_大和桜not for sale
大和桜の『新酒』。25度。
Not for saleと書いてあるように非売品です。
地元酒屋さんが本数限定
(大将談:20本くらいだったらしい)で
大和桜を買ったお客さんにプレゼントしたのは
見て知ってたんですが
お店に行く時間がなかったので
仕方ないなーと諦めてたんですよねー。
まさか呑めるとは。感謝。

ウチの好みに合わせて
いつも濃いめの湯割りを作ってくれる女将。
これ一瓶しかないから「半分くらい(の量)で」と言ったのに
いつものように湯割りを作った結果、
封切り1杯でほぼ空

女将「何も考えずに作ったら~(爆)」

180mlしか入ってないんだから!(笑)
ショット1杯分くらいしか残ってませんでしたわ。
申し訳ない。

”新酒は出さない宣言した蔵”だそうなので
貴重な1杯。
甘さと辛さ、フーゼル感のバランスが
とてもいい新酒でしたけど
やはり(味的な意味ではなく)渋い酒だなぁ、と(笑)
杜氏の風貌の印象が影響してるんだろうな(個人の感想です)

〆はお初で
20180320_大海ジョイオトメ
大海酒造株式会社『大海ジョイオトメ』25度 白麹・黒麹

ジョイオトメ、っていう名前で
ああ、ジョイホワイトとなんとかオトメって紅芋
(すぐ名前出てこなかった)だなと丸わかりだったので
お湯(割り)じゃない方が良さそう?と大将に聞いたら
やはりロックかなーと。
ワタシ的にはなんとなく常温かなーと思ったんですが
既に結構呑んだラストに
25度ストレートはヤバいので(笑)ロックで。

甘っ!!!

…甘過ぎ
ロックでこんなに甘かったら
湯割りの燗冷ましなんかシロップじゃないのか…?
常温でも呑んでみたいですねぇ。

それにしても大海さん、杜氏さん変わったからか
ラベルデザインがっつり変わりましたねー。
見かけるたび「あの焼酎なに?」って聞いてますわ(笑)




大海さん=くじらのイメージ強し(笑)

ランキング参加中です




タイトル長い

土曜日の呑み。
ホヤホヤ新酒が棚に並んでるのを見て
口元がほころぶワタクシ(笑)


20171014_たてくじらと小鶴

左:大海酒造株式会社くじらのボトル新焼酎』25度 白麹
いわゆる「たてくじら」。
甘くて香ばしい。
突出したクセはないけど
安定したお味の新酒でンまいです。

右:小正醸造株式会社小鶴 初心者お断り』25度 黒麹
この『初心者お断り』っていうフレーズ、
気になってたんですよね。
どんだけ臭いんだろう、と(笑)

呑んだ第一声「これ黄麹だっけ?」(笑)
なんていうか松ヤニの渋みっぽい、特有のクセ。
黄麹の焼酎呑んだ時
いつも舌に引っかかるやつなんですよね。

芋焼酎ベテランの方々から寄せられる多くの声に応えるべく
芋臭い焼酎をつくりました。
クセの強いこの一杯、どう飲みこなしますか。


大将曰く
「何をもって”芋くさい”というか、ですよねー」と。
確かになぁ。
甘いとかガス臭いとか以外だとすると
弱輩者には難しいです。
まだまだ精進せねば。


20171014_お茶娘
大海酒造株式会社『大海 お茶娘。』25度 白麹

たてくじらを頼んだ時、大将が
「そういえばこんなのあるんですよ」
と出してくれたのがコレ。
サツマイモにお茶を加えて一緒に蒸留…
とか言ってた気が。
(酔ってたのであんま覚えてナイ1)。

超呑みやすいけど
なんか芋っぽくない不思議な味でした。
ゴクッと呑んだ後ふわっとお茶が香るのは
ジョシの方にはウケるのではないかと。
限定販売で大将曰く
「入った途端売り切れたとか言ってましたよー」
だそうです。
どこの店の話だったっけかな。
(酔ってたのであんま覚えてナイ2)


20171014_五島灘
五島灘酒造株式会社『五島灘 明治之芋』25度 白麹

五島に100年以上前からある
在来品種「金ぼけ」という芋を
残っていた親芋数個から数年かけ
仕込み可能な1,000kg単位まで増やして
仕込んだ焼酎だそうです。
甘さより先にギュッと締まるような味がして
後味スカッ。面白い味でした。
しかし金ぼけ…ぼけ…方言かなにかなのか?


20171014_秋茜
本坊酒造株式会社秋茜』25度 黒麹

見た瞬間「今日のトリはこれ!」と決めてた
大好きな銘柄。
甘さと臭さがどちらもキツ過ぎず
ちょうどよく立っててたまらんです~

新酒を湯割りで出してもらった時の
ほわ~んっていう特有の香りと
表面にうっすら浮いてる油を
杯傾けて眺めてると幸せな気分になりますな~。
たまらない季節です。




まだまだこれからだぜ!

ランキング参加中です。


酒浸り週末初日のスタートは
焼き鳥&焼酎から。

20170804_大海2017と夏潤平
左:大海酒造株式会社海からの贈り物2017』25度 白麹
右:小玉醸造合名会社夏の潤平』20度 白麹

夏の潤平は何度も呑んでるマイ鉄板ですが
大海さんの”海から~”は
何度も目にしていながら呑んでいなかったお初(笑)
相方は湯割りで呑んでたんですが
ワタシ的にはロックちょいお湯垂らしがいいかなぁ。

でね。

『海からの贈り物』のラベルなんですけど。
20170804_海から贈り物ラベル
真ん中の黒い人影。
これずっと
「漁師」の「大物へ最後の一突き」
だと思ってたんですよね、ワタシ。
だって『大海』さんといえば『くじら』で『海』だし。
ボトルがブルーなのもあって
ああ漁師か、と。
で、お店で

なんでこれ漁師なんだろうね?

と言ったら


女将「え?これ焼酎の仕込みじゃないんですか?(笑)」


と。

ハイ、そうでした。
言われてみれば
櫂で混ぜてるとこ以外の何物でもない。。。
関係者の前で言わなくて良かったよー(笑)

んでこの日の〆は
20170804_夏の紫尾露颯
軸屋酒造株式会社紫尾の露 颯(そう)
20度 白麹


明日も明後日も酒浸り予定!







umi 15

朝から結構な雨だった昨日の土曜日。
寒いわ止む気配ないわで
呑み出するのも面倒~と
しっぽり宅呑みの予定が
夕方になって晴れだしたので
つい繁華街へGO(笑)

20170610_umi.jpg
大海酒造株式会社『umi15』15度 黄麹

』を垂水温泉水「寿鶴」で15度に前割したもの、
だそうですが
「海」の仕込み水が確かその「寿鶴」なので
要するに仕込み水で前割したやつ、ってことですな。

あっさり呑みやすいけど
同じ大海さんの焼酎なら
こないだ呑んだ『うみ』の方が好みかな。




NEW