2019.07宮崎鹿児島呑み~その5

二日目。夜。

まずは一軒目→

ビールでカンパイ。
昼よりはマシだったけど
蒸し暑かったんですよ~
20190712_01ビール
写真ないですが
この後レモン氷のレモンサワー呑んでました。
(焼酎呑まず)

絶対に外せない鶏刺し!!!
20190712_02鶏刺し
相方と奪いあって食べる始末…
あああああ旨かったなあああああ

茹でスナップエンドウ。
20190712_03スナップエンドウ
北海道産も最近出回ってますけど
皮の張りというか、パリッっていう感触が
全然違うんですよねー。

あなごの天ぷら。
20190712_04あなご天
写真切れてますが
器の倍はみ出てます(爆)

そしてワタクシ大好物の
長芋鉄板焼き。

ひどい猫舌なもんで
このテは冷めるまでお預けなんですが
そんなワタシを横目に相方

「ちょっと頂戴ね~♪」

と、どんどん食べてゆく…チッ
途中でstopかけました(→大人げないシニア)

〆は炒飯!
20190712_05ネギと卵の炒飯
ごちそうさまでしたっ!!


二軒目。
有名な焼酎BARで
名前はずっと聞いてたけど
入るのはこれは初でした→

以下、写真が隠しカメラ的な粗さなのは
店内が薄暗く、照度不足だったのと
使っている微音カメラアプリを覗いても真っ暗で
ピント合わせどころか
被写体の確認ができないレベルだったため
あてずっぽうで撮ってフォトショで判別できるところまで
無理矢理加工したせいです。

あと今さらですが、お酒・料理等、
店内の撮影は全てお店側に了解を取って
撮影しております。

相方・ワタシ共々「ガッツリ香るやつを」で
チョイスお任せ。
20190712_河童草子と甑州 journey
左:オガタマ酒造株式会社『河童草子』25度 黒麹

「がらっぱぞうし」と読むそうです。
調べたら河童=かっぱ、のを鹿児島の方言で
「がらっぱ」と言うらしい。
販売店限定の焼き芋焼酎。
口に含むと優しく、
呑んだ後で焼き芋の香ばしさがふわっと来る
穏やかな甘さの焼酎でした。

右:吉永酒造株式会社『甑州 JOURNEY』25度 黒麹

甑州は何度も呑んでいますが
このジャーニーは初めて見ました。

串木野からフェリーで
1時間ちょっとのところにある甑島。
高校がないため中学を卒業すると島を出て
本土=鹿児島の高校に進学しなければならず
これを「島立ち」と言うそうです。
酒蔵最寄りの中学校の卒業生が植えた
黄金千貫で作られた焼酎が
この『甑州 JOURNEY』で
島立ちする子供達へのエールの意味合いがあるそうな。

一口貰いましたが
そんなエピソードを聞いたせいなのかなんなのか
お気楽に当たり前に地元を離れず成長し
BBAにまでなったワタクシには
口当たり的にも気持ち的にも
ズシッと来るお味でございました。

20190712_杜の妖精とツン
左:大久保酒造株式会社『杜の妖精』25度 黒麹

こちらも焼き芋焼酎。
蔵の商品紹介に
「蔵に住み着く妖精たち」等と言う文言があったので
ちょっと違う方向の”夢子さん”かと
一瞬引いてしまいましたけど
『蔵に住み着く妖精』=『蔵付き酵母』のことでしたか。
大変失礼いたしました
優しい甘さですがコクの深いお味でしたねー。

右:田崎酒造株式会社『市来焼酎 ツン』25度 黒麹

これは相方の方に来たヤツなんですけど…
去年とかのツンじゃなくて
確か結構前のヤツだったような記憶が。
カウンターの前に
店の人が蔵見学行った時の動画流れてて
そっちに釘付けだったんで覚えてないです(笑)


軽めにもう一軒行くか~と三軒目。
天文館の老舗有名焼酎BARです→
経営の母体が日本から手を引いたとか
海外を主力拠点にしたとか聞いてたので
店あるのか…?と心配してましたが
若い方がパワフルに切り盛りしてて
安心しました。

20190712_08フラミンゴ
国分酒造株式会社flamingo orange(フラミンゴオレンジ)』26度 白麹

これね。
酒友さんがSNSでやたらUPしてて
旨い旨いと評判高かったやつ。
『フラミンゴ』だと思ってたんですよ。
みんなそう呼んでたから
『~オレンジ』付いてるの知らなくて。
でもみんながみんな”炭酸割りがナイス!”
ってコメントなのに加え
このラベルの感じ見たら…たぶんオレンジ芋だよなぁ、と。
(オレンジ芋苦手)
案の定でした…。

とは言うものの
地元で口にできる可能性はほぼナイので
呑んでみました。
うーん…割り方の好みもあるんだろうけど
あんまり味がしなかった…かな。
もっと甘くてシュワシュワ!的なのを
期待してたんですけど。
オレンジ芋って酸味が多くて
その分甘さ抑えられてる気がするから
(※あくまで個人の印象です)
そのせいもあるのかなぁ。

そして今回のヒットはコレ!
20190712_09小鶴サワー専用ゆずレモン
小正醸造株式会社『小鶴サワー専用ゆずレモン』25度 麦

宮崎だったか、鹿児島着いてからか
忘れたんですけど
途中で一度見たんですよこれ。
え。こんなのあるんだ、って。
これからの季節にピッタリじゃん!

美味しかったです。いいですねこれ。
麦のせいもあるんでしょうけど
焼酎の香りがいい塩梅に柚子・レモンと絡まって
甘さになってて呑みやすいし。
チューハイ感覚でゴクゴクいける…んですけど

だがしかし25度。

9%のチューハイ気分で呑ってると
気づいたら泥酔になるんで用心用心。

たまたまかもしれませんが
回った酒屋さんでは見かけなくて
(3月発売だから売切れた?)
帰りに鹿児島空港の売店で
ようやく四合瓶買いました(笑)
まだ開けてないので楽しみですけど
四合瓶なんざウチらにかかれば1回で終了だからな…

今回の旅で狙っててお会いできなかった焼酎は
コレのみ→
古澤さんのやつだから呑んでみたかったんだけど
宮崎の焼酎BARで聞いても
置いてなかったんですよねー。
調べ直したら地域限定の超PBでしたわ。
ちゃんと調べて行きゃ良かったなぁ。





ランキング参加中です。



スポンサーサイト




お任せボトルの店で
鶴見 白濁無濾過→終了からの
NEWボトルIN。
20190107_むろか利八
吉永酒造有限会社『蒸留したて むろか利八 黒麹』25度 黒麹

ここのお店は仕入れ先の都合なのか
お任せボトルの
大石(酒造)率と吉永(酒造)率が
ズバ抜けて高いので
このむろか利八も多分…2~3回目くらいじゃないかと。
湯割りが旨い焼酎です。

それにしても一か月で1本。
店に行く回数から考えると
一回に呑む量に問題が
春で閉店が決まっているこのお店。
相方が
「(閉店までに)あと2本(ボトル)お願い!」と
言うのを聞いて
いやー…それはちょっと多くね?
余ったら持ち帰るの重いよ?と思ってましたけど。

…足りないかも




ボトルマーカーは由緒正しきfrom.鹿児島!

ランキング参加中です。




曼荼羅 第二弾

金曜日の宅呑み新規開栓。

20180316_曼荼羅
吉永酒造有限会社『曼荼羅(まんだら)』25度 白麹・黒麹

侍士の門や桐野等をプロデュースしている
天世味酒販プロデュース『曼荼羅』シリーズの第二弾。
第一弾が大石酒造さんで
呑みたかったんですけど地方に入るはずもなく…。
先日の九州呑み旅で
吉永さんverのこれを見つけ即買いです。

黄金千貫の白麹原酒をベースに
ジョイホワイトの黒麹原酒をブレンドした焼酎。
湯割りの燗冷ましがめちゃめちゃ甘い!!
砂糖水かと思うくらい甘かったですわ。


で。

酒には直接関係ないんですけども
リンク貼るのに社名で検索かけたら
出てきた『天世味酒販』の住所が

鹿児島県志布志市志布志町志布志○丁目

一瞬、の入力ミスかと思った…。




よく見ないと切りどころが分からない。

ランキング参加中です。




あさひかわと陶眠利八

過去呑み記録。

20170720_あさひかわ
宇都酒造株式会社『南さつま焼酎あさひかわ』25度 黒麹

鹿児島の酒屋で初めて見て
「なんで旭川?」と思ったのを覚えてます(笑)

北海道旭川の冬祭りに
南さつま市の関係者が参加。
そこから始まった交流により
旭川の酒米「吟風」(ぎんぷう)と
南さつまの「黄金千貫」から生まれた焼酎だそうな。

旭川の酒米「吟風」(ぎんぷう)は
有名ですから知ってますけど
南さつまとの交流うんぬんは知らなんだ~。
甘くて湯割りがよく合う焼酎でした。


20170720_陶眠利八
吉永酒造有限会社『陶眠利八』25度 黒麹

100年モノの甕壺(陶器)で眠らせた利八、で
この名前だそうな。
お任せボトルの店で会ったので
何年眠らせた等の詳細不明(笑)

首のラベルは
20170720_陶眠利八午
午年(2014年)出しで
シリアルナンバー八百壱拾六番。

最近見かけないけど
これ毎年出てるのかな?







NEW