金もぐら

お任せボトルの店へ。

あくね日和からの~
20180905_金もぐら
さつま無双株式会社金もぐら』25度 白麹

原酒を4年貯蔵した焼酎で
年1回のみ販売の限定。
湯割りが美味です。








これが9/5水曜日の夜でした。
大満足で酔っぱけて帰ったこの夜未明、
まさかあんなことが起ころうとは
夢にも思わなんだ。




試される大地。
ってか試すんならもう少し穏やかな方法はないのか。

ランキング参加中です。




悪魔の抱擁

お任せボトルでお世話になっている
某店に
「♪暮れーの元気なご挨拶~♪」と
ワインを1本差し上げたら
「同じこと考えてましたー!」と
焼酎をいただいてしまいました。

20171219_悪魔の抱擁
さつま無双『悪魔の抱擁』25度 白麹

これ、かなり昔に一度呑んだことあるんですが
ラベルの怪し過ぎ感インパクトあり過ぎて
味覚えてません(笑)

作ってるのはさつま無双さんらしいですけど
ギルト焼酎で
販売店も本数少ない、くらいの情報しか
昔も今もナシ。
さんざ検索かけたけど
ホント詳細情報出てきませんでした。

木樽熟成でオークの香りがする、という
情報もありましたから
湯割りではなくロックかなー。

「あくまのほうよう」で変換すると
「悪魔の法要」と出るので
その都度「法要」→「抱擁」に直してたら
第一変換候補が「抱擁」に。
またいらぬ知識をマシンに与えてしまった…。




Tさんいつもありがとう。

ランキング参加中です。




黒麹荒濾過 坐忘

昨夜はお任せボトルの店へ。
前ボトルの隠し玉終了でnewボトルin。

20171003_坐忘1

さつま無双株式会社『坐忘(ざぼう)黒麹荒濾過』30度 黒麹
特約店限定

荒濾過って書いてあるんだから
そこから気づきそうなもんなんですけど
全く気にせずいつもの調子で
湯割りサクサク。
しかも濃い方が好みだったから
いつもより気持ち濃いめでサクサク。
で、帰宅したら一気に酔いがやってきて
もう眠くて眠くてどうしようもない。

おっかしいなー。
量的にはいつもと変わらないのになー。
歳のせいかなー。
最近呑みっぱなしだから
内臓疲れてんのかなー。

とか思いつつやっとお風呂に入り
髪も乾かさず寝落ち。
少し酒控えた方がいいかなぁ、と
今朝も思ってたんですけど
このブログ書くのにさっき画像確認して
20171003_坐忘2
(いつもupはしないけどブログ用に撮っておく裏ラベル)

あ、30度じゃん。と思わず声に出す。
(会社で)

たった5度とはいえ
度数が高いことには変わりないですし
それを濃いめでサクサクいっちゃったから
いつもより酔ったのかなーと。
まぁ旨かったんでいいんだけど(笑)

無濾過とか荒濾過とかが
一番多く出回る季節。
1種類でもたくさん呑みたいもんです。


無双さんの烏天狗呑みたい…。

ランキング参加中です。


週末呑み記録
まずは金曜。


20170721_金もぐら
さつま無双株式会社『金もぐら』25度 白麹

普段もぐらはあまり呑まないんですけど
SNSで見かけたのが目の前にあったので
呑んでみました(笑)

種子島安納芋で仕込んだ原酒を
4年寝かせたもの、だそうな。
これ、写真にも入ってる通り
ロックで呑んだんですが
後から聞いた話によると
湯割り向けだった模様…。
道理で、なんか味がよく分かりませんでした。
また機会あったら湯割りでと思ったけど
年一回のみの販売らしいので
多分次店行く時にはもうないだろうなー(笑)


20170721_万年星
有限会社 渡邊酒造場旭万年星』麦 25度 麦麹

湯割りで。
相方が頼んだやつを横からもらいました(笑)
渡邊さんの焼酎呑む時は芋がほとんどで
これもいつも見てはいるものの
しばらーく呑んでませんでした。
麦呑みたい時によくチョイスする
麦冠情け嶋が麦チョコなら
こっちはグラニュー糖な私的イメージです。


20170721_長雲
有限会社 山田酒造『あまみ長雲 新焼酎』黒糖 30度 黒麹

写真の撮り方悪くて
首のラベルが入ってなかったんですが
今年4月に蒸留されたばかりの新焼酎。
焼酎師匠が「これ旨かったよー」というので
呑んでみました。

黒糖焼酎は呑み始めたばかりで
新焼酎とスタンダードにの違いが
全く分からないんですけど(申し訳ない)
確かに美味しかったです。
後からふわっと黒糖香るのがいいですねぇ。

あまり好みではない焼酎に
黄麹・黒糖・米焼酎があったんですが
最初の2つがクリアされつつある今
残すは米焼酎…。
ていうかクリアしない方が
お財布にも内臓にもいいんじゃね?っていう話も(笑)





竈とクリスタルヴァイツェン

言いたかないけど言わざるを得ない。

暑い。

三連休初日は超快晴。
だがしかし暑過ぎる。
エアコンの効いているエリアから出ると
テンションもモチベーションも体力も
急激に右肩下がり。
これはもう呑むしかない。

そんな昨日の呑み。

ボトル入れてるお店の日替わりランチが
肴OKなメニューだったのもあり
20170715_昼酒1
さつま無双の七年古酒『竈』を
焼酎ハイボールで。
炭酸1本分だけね、と言いつつ
気づけば2本分…。

駅前広場でサッポロビールが
イベントやってるというので
呑む気満々で行ってみれば
出てるビールはスタンダードなやつオンリー。
別に今ここで呑まなくてもいいかーってんで
さらに汗だくになりながら移動。

札幌開拓使麦酒醸造所賣捌所』。
さっぽろかいたくしビールうりさばきしょ。
20170715_昼酒2
@サッポロファクトリー。

フードメニューなしで
(ナッツとかチーズはレジで購入可)
ちょっとビールだけを楽しみたい人向け。
隣接している地ビール工場で作られた
できたてビールが程よい量で楽しめます。

右下の日替わり含め6種類あり
全て1杯240CC 大体250円。
(日替わりだけ時々ちょっと高いかも)

この日は
20170715_昼酒3
左:開拓使麦酒 未濾過(ピルスナー)
右:季節限定 クリスタルヴァイツェン

いやーもう!
できたての雑味のないスッキリ感!
ひゃっほー!!!!!ってカンジ(笑)
1杯の量が少なめなので飲みやすいし
ビール好きな方オススメです。
外に椅子とテーブルあるし
敷地内にコンビニもあるから
そっちでおつまみ買ってきて呑むのも可。

すぐ隣の入り口から入ったところには
同じ出来立て地ビールが呑める
ビアホール的な店もありますので
ちゃんと食事も楽しみたい方はそちらへ。
どちらもビールは絶品です(笑)

そして夜は相方の希望で寿司。
写真ありませんが
焼酎ハイボールを呑みながらお寿司~♪
一番旨かったのは
20170715_寿司
蟹の”二の腕”(大将曰く)の握り。
乗っかってるのはカニ味噌です。
めちゃめちゃ大きな毛ガニで
二の腕1つ分で握り1個にしてもらったら
カニで口の中が一杯に~
シアワセな夜でした。




しかしよく呑んだ…。




NEW