き六無濾過と新酒 紫尾の露

金曜日は焼酎師匠のお店へ。

昨年のクリスマス明けからの
相方インフルで
年末年始に顔を出せなかったので
これが今年初。遅っ(笑)

一杯目。
20190125_き六無濾過
株式会社 黒木本店『き六 無濾過』25度 黒麹

いつ呑んでも旨い。
黒木さんの焼酎にはいつも
キレイというかスマートなイメージがあるんですけど
これは『五代目=スマートな人っぽい雰囲気』という
ワタシの”勝手な”イメージから来るものではないかと(笑)
なにせプリンスですからねぇ、ええニヤリ


20190125_紫尾の露 紫月
軸屋酒造株式会社『紫尾の露 紫月(しづき)』25度 白麹

初堀の黄金千貫芋を白麹で作られた
その年の新焼酎。
湯割りでほっこり甘々なんだけど
後味キリッとオトコマエ、みたいな(笑)
軸屋さんの焼酎の中では
この紫月が一番好きだなー。

そして「紫月」という字面を見るたび
ワタシの脳内では男役のジェンヌさんが浮かびます…。




ちょっとだけ追記アリ。

ランキング参加中です。



[ 続きを読む ]
スポンサーサイト




で。昨日。

4日ぶりに帰宅し、カバンを置いたら即、
外呑みにレッツゴー(笑)
そういやこの時、サツエキの辺りで

『中央区7秒後に震度3来るぜ』
『頭守れよ』

っていう速報が入って身構えたんですが
まっっったく揺れ感じず。
店に着いて(ススキノ=中央区)
揺れた?って聞いたら

女将「結構揺れましたよー」

とな。
同じ中央区でも場所によって全然違うんだよねぇ。






久しぶりのススキノ!
20181114_すすきの
気温4度とかでしたけど
むしろ冷気が気持ちよかったです。

いつものお店でまずは

20181114_秋茜とき六
ワタシチョイス 左:本坊酒造株式会社秋茜』25度 黒麹
相方チョイス 右:株式会社 黒木本店『き六 無濾過』25度 黒麹

どちらも湯割りで。
秋茜は大好きな銘柄の1つで
毎年楽しみにしてるんですけど…
なんか…薄い?割り方とかじゃなく。
手ごたえが弱いカンジ…こんなんだっけ?


20181114_白濁鶴見と千本桜山田錦
ワタシチョイス 左:大石酒造株式会社鶴見 白濁無濾過』25度 白麹
相方チョイス 右:柳田酒造合名会社『千本桜 山田錦』25度 白麹

これも大好きで毎年楽しみにしている
白濁無濾過。なんだけど。
白濁無濾過の代名詞とも言えるガス臭がナイ!
なにこのまろやかさ?!

やっぱりワタシの舌が
濃いのに慣れ過ぎたのかと思ったんですが
女将や酒友さん一部の話からすると
白濁鶴見に限らず、今年の井濁り系新酒は
どうも全体的に呑みやすくなっている、らしい。

えー…
なんだよそれ。
濃いぃくて芋臭いぃのが
芋焼酎新酒、しかも無濾過の醍醐味でしょうよ~。


〆は↓
20181114_伊勢吉どん新酒と八重桜20度無濾過
ワタシチョイス 左:小牧醸造株式会社『伊勢吉どん 新酒』25度 白麹
相方チョイス 右:古澤醸造合名会社『八重桜 手づくり 無濾過』20度 白麹

これはどちらも買って家で呑んでるので
分かり済み。
ただ伊勢吉どん新酒は
発売されてから日を置いてから買ってるので
発売直後よりはまろやかになっちゃってるんじゃ…と
思ってたんですよね。
で、女将に聞いてみたところ
「最初から(まろやか)だったですわ」
とのこと。

なんだろ…数年前の無濾過ブームみたいに
今年は全体的に呑みやすいまろやかな新酒が
流行りなんだろか…。
寂しいなぁ。




今日の肴、何にしよっかなぁ。

ランキング参加中です。





謳歌とALOALOと夏の潤平

土曜日の夜は師匠の店で呑み。

カウンターに座るなり
「あ!これやっぱり(師匠の店には)あった~!」
20180616_謳歌
黒木本店『謳歌(謳歌)』25度 黒麹

あちこちの酒友さんがSNSでUPしてるのを見て
一度呑んでみたかった限定酒。
オレンジ

農業生産法人「甦る大地の会」で生産された
サツマイモ「タマアカネ」と
宮崎産「ヒノヒカリ」から作られた焼酎で
限定出荷の商品だそうな。

で、ですね。

呑んでみたかったんですけど…
タマアカネなんですよ、ええ。
苦手なオレンジ芋。
私的オレンジ芋が比較的呑みやすくなる
炭酸割りにしたいところだったんだけど
この日は寒い日で(10度ちょいだった)
そんな気になれなかったから
師匠に聞いて、結局お湯割りで。
超甘いって聞いてたほど甘いとは思わなかったし
思ったほどオレンジ芋の酸味とクセも出ず。
んーでももういいかなぁ。
やっぱオレンジ芋苦手ですわ。

そして寒いと言いつつ2杯め3杯めは夏焼酎ロック。
20180616_ALOALO.jpg
鹿児島酒造株式会社ALOALO』25度 白麹

20180616_夏の潤平
小玉醸造合同会社『夏の潤平』20度 白麹

その年の夏焼酎は
できれば可能な範囲で
ひと通り呑んでおきたいんですけど
なんせ、寒くて
本格的に暑くなる頃には
夏の焼酎の出荷ほぼ終わってますしねぇ…。
なんとかならんもんだろか。




赤江の夏焼酎まだ呑んでないや。

ランキング参加中です。




※11/20 旅呑み6、一部訂正しました。

旅呑み食べ記録。

4日目

あれだけ呑んだのに二日酔いもなく
スッキリ早朝起床。
1軒目の鳥刺しの店の湯割りが
薄めだったのが良かったのか…?(笑)

ランチは町屋フレンチ。
京都行って時間があれば
必ず立ち寄っているお気に入りの店。
この後移動&夕飯が重い予定だったので
お酒は控えめに白ワインをカラフェで。
(いつもはボトルなので半分くらい?)

移動。


                 


4日目の目的地、広島着。
20171113_広島駅
何年振りかの広島。
駅がすっっっかり新しいわ広いわでビックリ!
ショップもたくさんあり
広島で有名な酒屋さんの支店もあったりで
いや~便利になったなぁ。

翌日の移動用酒と肴を下見したりして過ごし
夜はこちらへ。
20171113_店

諸事情から店名は伏せますが
初だった前回、めちゃめちゃ美味しくて感動し
「また来るぞ!」と誓った店。
焼酎の品揃えも素晴らしいです。

例によって写真が一切ないんですが…
この店で何が驚いたって、前菜!
9つに仕切られた正方形のお皿に
美しく9種類!

お品書きが付いてたので品目名だけ。

・呉名物 揚げたてがんす
・ちりめんじゃこの手毬寿し
・自家製でんぶのぶり大根
・たまごのフラン
・四川麻婆豆腐の茶碗蒸し
・むちむちっ!炙り銀杏
・自家製カニ味噌ぱん
・里芋のタコ焼き仕立て
・みかんポテサラの大福

前菜でどんだけ呑ますんじゃ、というラインナップ。
が、あくまで「前菜」なので
ここですっ飛ばすと後から泣きます。
ええ、初めてだった前回は
そんなこと知る由もなくタガが外れ
最後、泣きました(笑)
ホントに水1滴も入らないくらいお腹パンパンになって
翌日もエラいめにあったので
今回の合言葉は「自重」。

お酒も控えめに
・ビール
・き六無濾過湯割り
・八幡湯割り

の3杯のみ。

コースも半ばになり
お腹がいい塩梅に膨れてきて
お、今回はいいペースで走り切れるか?と
思ったところに出てくるのが『柿の牡蠣グラタン』。

くりぬいた柿の実に
牡蠣3個分のすりおろし+モッツアレラ2種類、
のグラタン。
美味しいんですよ。美味しいんですけどヘヴィ。
〆の巻き寿司は
胃袋キャパギリギリセーフでした。。。

当然、Barなんぞ行けるはずもなく
行きは広電で来た道を
消化を促すために徒歩でホテル帰。
そういや今回、お好み焼き食べなかったな…。




呑みたいのにセーブせざるを得ない店。

ランキング参加中です。




き六 無濾過

昨日の帰宅は夕方遅くだったので
夕飯はお弁当を買って家でサックリ。
買ってあったけど旅行に出るから開けられず
呑みたくてウズウズしていたコレを
ようやく開けました。

20171115_き六無濾過
黒木本店き六 無濾過』25度 黒麹 ※冬季限定

毎年楽しみにしている新酒の1つです。
かなり濃い目の湯割りでいただきましたが
直燗も美味しそう♪

宮崎の焼酎は基本、
ガツンとくるカンジではなく
穏やかで全体のバランスが丸い、という
勝手な私的イメージを持ってます。
これだけ白濁している無濾過でさえ
濃いのにどこか優しくて
あー杜氏の人柄が出るのかも…とか言ったら
他所の蔵元からクレーム来そうですな(笑)




人の数だけ好みあり。

ランキング参加中です。






NEW