杜氏潤平

宅呑み新規開栓。

20200321_杜氏潤平
小玉醸造合同会社杜氏潤平』25度 白麹

マイレギュラー焼酎。
一生に1つの銘柄しか呑めないならどれにする、
と言われたらこれチョイスですワタシ。

ずっとこれをボトル入れさせてもらってた
お店があって
『ボトル入れてる焼酎は家に置かない』から
今まで来たんですけど
そこが先日閉店。
久しぶりに自宅にお迎えしました(笑)

湯割り、水割り、炭酸割りオールOKの
非常にオールマイティな焼酎です。





ランキング参加中です。




スポンサーサイト




連休前夜、木曜日の外呑み。

20200319_蕾と宮の露ピンク
左:柳田酒造合名会社『霞千本桜』25度 黒麹
右:小玉醸造合同会社『宮の露ピンクラベル』25度 白麹

今年はお初の霞千本櫻。
湯割りに良く合う爽やかな甘さは
2020年も健在なんですが
今年はそれプラス
なんていうんだろ…後味?にちょっと華やかな
色芋にあるような香りが
チラっと色っぽく出てきて(笑)
しみじみ旨かったですわ。

宮の露ピンクラベルは自分ちでも買って→
さんざ呑んだんですけど
(とっくに空になった)
師匠が作った湯割りで呑んでみたくて。

…美味しかった。
どうしてこんなに違うのかしらねぇ…
あれこれ試してるウチに1本空になった、
って言ったら
師匠に大爆笑されましたわ。。。

20200319_ヤエザクラオレンジ
古澤醸造合名会社『八重桜 yaezakura ワイン酵母仕込焼酎』25度 白麹

前回→湯割りで冒険したので(笑)
王道の炭酸割りでいただきました。
ワイン酵母のオレンジ芋はやはり炭酸割り正解ですな…。

20200319_復刻版兵六
相良酒造株式会社『復刻版 兵六』25度 白麹
年1回 本数限定

これも今年はお初。
湯割りでいただきました。

ドスッ。っていう擬音が脳内にポップアップしましたね(笑)
みっちり味が詰まって重い感じ。旨。
温度が下がるにつれての変化を楽しみつつ
ゆっくりいただきました。





ランキング参加中です。




2020.02九州呑み~5日目その2

※全体の移動行程、ホテル・飲食店リンク等は
 『2020.02九州呑みまとめ』→を参照してください。


■第5日目 2月13日(木)

続き。

この旅のメインイベントその2。
蔵訪問。
今回はこちらへ伺いました。
20200213_10小玉醸造
小玉醸造合同会社。

蔵訪問を始めた時、
一番最初に来たのがここでした。
杜氏くんとは年に1~2回
酒会やらで札幌来た時に
顔合わせてるんですけどね。

蔵前の庭にどんぐり。
20200213_11どんぐり
さんざ桜見た後でどんぐりとか…。
季節混乱…。
20200213_12杜氏潤平
焼酎の話…もしましたが
どちらかというと世間話とバカ話(笑)で
一時間強ほど。
ここでこの流れになり→
なんですとー!となったワケです

既に今年の造りは終了していて
蔵は動いてなかったんですけど
約10年ぶりだったので
ちょっとだけ見学させてもらいました。
20200213_13蔵
当時「作ったばかりです」と言っていて
白かった2階部分の木材が
すっかり落ち着いた茶色になり
蔵に溶け込んでるのをみて
あー10年かぁ、と。
老けるはずだわ…

途中、JAのスーパーで
実家へのお土産に果物を送ったり
市内の郵便局で荷物を送ったりしてから
ホテルチェックイン。
この日のお宿はJR九州ホテル宮崎。

そして今
写真撮ってないのに気付く。


何度目かなぁ。駅直結で便利なんですよね。
繁華街もギリ徒歩で行けるし。

荷物置いて駅のお土産屋さん物色。
一日ほぼ車に乗ってただけなんですけど
お城歩いたりしたせいか妙に疲れたので
宮崎の夜を楽しむために!と
ビタミンC接種。
20200213_14へべすドリンク
平兵衛酢ドリンクをゴクゴク。
ちょっと昼寝(夕寝)していざ!
宮崎の夜へ!!

1軒目は『ひろ志』さんへ。
20200213_15ひろ志
3度目かな。
未だに店名聞くと頭の中で
「ヒロシです…ヒロシです…」が
響くのをどうにかしたいんだけど。

地ビールの後、猪(しし)ボールなるものを。
20200213_16猪ボール
すき酒造さんの焼酎
『山猪(やまじし)』のハイボールで『猪ボール』。
なんとなく湯割り向けの焼酎だな、と思ってたので
新鮮でした。

その後は今日行ってきた
杜氏潤平のお湯割り。
20200213_17杜氏潤平お湯割り

2軒目。
宮崎の蔵元のSNSによく出てて
随分前から知ってたんだけど
行くのは初。
当初の予定には入ってなかったんだけど
杜氏くんに「今夜どこ行くの?」と聞かれて
1軒目と3軒目を言ったら
「2軒目にここだね」と言うので
入れたらね、ということで寄ってみたら入れた!

『角打ち しなと』
20200213_18しなと
立ち飲みで他のお客さんも大勢いたので
写真1枚も撮りませんでしたが
いいお店でした。

ここで初めて『宮の露ピンクラベル』の
お湯割りを呑んだんですけど

バリ旨。

甘さと香ばしさと芋の風味と無濾過のクセが
言うことのないバランスの湯割り。

もちろん焼酎自体の味が全てなんですけど
湯割りの作りもベストだった…。
ちなみに家で何度やってもこれが出ないまま
もうすぐ1本無くなります(涙)

帰り、店の外まで見送ってくださったので
いいお店ですね!また来ます!と言ったら
独立するんでここは3月末までなんだとか。
残念…
独立先を杜氏くんにリサーチせねば。

3軒目は『焼酎Bar よっと』さんへ。
20200213_19よっと
宮崎で呑むと毎度ラストはここ。
まー大抵酔っぱらってて
最後の方記憶が飛んでるんですけども(笑)

前日に某局の
『六角精児の呑み鉄本線・日本旅』
という番組が
冬・日南線を呑む!』てのを放映。
それに杜氏くんが出てる、というのを
旅行に出てから知ったもんで
録画できなかったんですよね。

ここのマスター、マメに録画してて
前来た時も昔の番組を観せてもらったことがあるんで
もしかして…と思ったらやっぱり撮ってた(笑)
呑みながらジックリ拝見いたしました

20200213_20ゼロと千本櫻35度
ワタシチョイス
左:株式会社 落合酒造場『零 ZERO 赤江』25度 白麹

赤江の無濾過。
これはSNSでも見たことなかった!
赤江大好きなので迷わずチョイスでした。
もんのすごい色んな味というか
複雑…だけど特有の酸味が…と思ったら
案の定、芋が紫芋(ムラサキマサリ)。
ちょっとだけ苦手なんですよね、紫芋。
バカ舌のクセに苦手なものはすぐ探り当てるという…。
幸い、無濾過特有の荒さが勝ってて
湯割りは美味でした。

相方チョイス
右:柳田酒造合名会社『千本桜』35度 黒麹

昨年夏、チラッとだけ参加した京都の酒イベ
『どうどす焼酎』で
柳田さん担当のお店へ伺った際
「35度を出す」とおっしゃっていたので
相方が宮崎入ってからずっと
どれかなぁ、あるかなぁ、と言ってたんですが
ここでようやくご対面。
やはり超限定本数らしく
まぁワタシの地元での入手は困難だったかと。

味ですが…さんざ呑んだ〆に
35度だったもんで
「これは…来るなぁ」という強い味だった記憶が。

そしてたらふく呑んだ…と思われる…んですけど
写真はこれだけでした。
良く呑んだ宮崎の夜、終了。





ランキング参加中です。




三連休初日の土曜日は
九州土産を渡しがてら
お気に入りのいつものお店で外呑み。

20200222_宮の露ピンクと銀の星
ワタシチョイス
左:小玉醸造合同会社『宮の露ピンクラベル』25度 白麹
相方チョイス
右:株式会社 宮田本店『銀の星』25度 白麹

やっぱりここには入ってたか~の
ピンクラベル。
こないだの宮崎訪問でその限定数っぷりを
思い知ったばかりだったのでね…→

女将曰く、
閉店後の呑みでピンクラベルを呑もうとすると
店主から『くじらさんまだ呑んでないかもしれないから』
ってチェック入ってました(笑)と
ありがたく湯割りで2杯いただきました
プロが割ると旨いんだよねぇぇぇ…。
なぜこの味が出せないのか…。
蔵元or酒屋さん主催の湯割り教室とか
こっちでないかなぁ。

〆はコレで。
20200222_旭萬年無濾過
有限会社 渡邊酒造場『無濾過 旭萬年』28度 黒麹

美味しい連休のスタートでございました。




女将からめっちゃいい昆布貰った(嬉)

ランキング参加中です。




ども。

土曜日に呑み旅から戻りまして
昨日の日曜は宅急便ラッシュ&洗濯の嵐。
ラッキーなことに送った荷物が
全て同じ日に着いたので
早速、2本開けました。

20200216_WY KISHOGURA N1
本坊酒造株式会社WY KISHOGURA No1』20度 白麹

お店で

あ、見たことないやつ。
(手書きPOP見て)カシス系ヨーグルト?
20度?へぇ。
瓶の色からして紫芋かなぁ。
ロックでサクッと呑むのみ良さそー♪

からの予備知識ゼロで購入。
さぁ開けるか!でよくよくラベル読んだら
WY=WINE YEAST、すなわちワイン酵母。
あ…(ワイン酵母苦手)ってなったよねうん。
お芋はやはり頴娃紫(えいむらさき)という
紫芋でした。

20度だけどちょい炭酸割り
(というより炭酸垂らしに近い酒8炭酸2)で。
カシス系&ヨーグルトは分かりませんでしたが(笑)
非常にフルーティーで、でも結構ドッシリ芋!っていう。
変わった味ですけど好きですねこれ。
本坊さんの焼酎はやっぱハズレないわ

そしてギリギリで手に入れたこのコ↓
20200216_宮の露ピンクラベル
小玉醸造合同会社『宮の露ピンクラベル』25度 白麹

従来のブルーラベル=貯蔵タイプに加え
今年初めて出たピンクラベル=新酒タイプ
SNSで酒友さん方が呑んでるのを見て
あー…こっちの酒屋さんに入るのかなぁ。
まぁ入らなくても向う(九州)行けば買えるし、と
気楽に構えてた…

んですけどね。

話が前後するんですけど
今回の旅で行ったんですよ。
飫肥のこの蔵に(笑)
で、杜氏くんとは顔見知りなので
その連絡のやり取りのついでに
「こっち(の酒屋さん)にも入ってる?」
と聞いたら、ある、と。
で、じゃあわざわざ九州で買わなくてもいいか、と
鹿児島の酒屋さんにあったけどスルーしたんですよね。

しかし。

蔵訪問当日。
杜氏くんと喋ってたら
「(酒屋さんに)入ってるけどまだ残ってるかは微妙」
って言いだすんで、えええ?!と。
その場で酒屋さんに電話で確認してくれたら


酒屋さん『あーもうないです!』


なんですとー?!

知らなかったんですけどね…
全部で900本弱しか出してない限定品で
その地元の酒屋さんにも
2ケース(12本)しか入らず
焼酎を中心に扱ってる飲食店さん分で終了だったらしい…
そりゃ店のSNSにも上がらないはずだよ…

鹿児島にはもう戻らない旅程だったし
その日は宮崎泊だったので
どっか!卸してる酒屋でありそうなところ!!
と教えてもらった中から
蔵を出た足で向かったのが大阪屋さん→

店に入るとブルーラベルはあるのに
ピンクが見当たらない…
お店の方に「ピンクラベルありますか?!」と
お聞きしたところ


店員さん「えーっと…」


と言いつつ棚ではなくレジ前のテーブルへ。


店員さん「ラスト1本です!」


セーフ…あ、あぶねー

…という経緯でお迎えした1本です(笑)

この夜に宮崎のBARで初めて呑んだんですが
新酒特有の濃い甘さと香ばしさと芋臭さが
お湯割りによく合います。
しかしこれを昨夜自宅でやろうとしたんですが
なかなか上手くゆかず…。
あーでもないこーでもないと杯だけ重ねた結果、
泥酔一歩手前でございました





ランキング参加中です。






NEW