ひとり歩き 熟成古酒

関西小旅行のupもまだなんですが
波のように仕事がやってきて
脳みその余裕があまりございません。
BBAだから早くupしないと忘れてしまう…

宅呑み新規開栓。
20191023_ひとり歩き熟成古酒1
古澤醸造合名会社『ひとり歩き 熟成古酒』25度 白麹

大好物のひとり歩き古酒、
地元酒屋が取り扱いを始めてくれたーーーー!!
しかも今年はいつもの「古酒」ではなく
3年以上熟成の古酒のブレンドver。
20191023_ひとり歩き熟成古酒2

熟成なので当たり前っちゃ当たり前ですが
今までの古酒と比べて
口当たりが柔らかいというか穏やかと言うか。
美味しいんですけど…うーん…
濃いモノ好きのワタシには
割るとちょっと物足りないカンジが否めず。
従来のひとり歩き古酒の濃いぃカンジと
古酒のまろやかなカンジの両方が欲しい、ってのは
矛盾してるなぁと分かってるですけどねぇ(笑)

昨日は週のど真ん中ど平日なので
濃いめの湯割りに留めましたけど
週末は酒9:水1くらいで前割りしておいて
湯煎の燗で呑んでみようと企んでおります。

それにしても。
新酒が次々出てきてて
お財布が悲鳴を上げっぱなし(笑)
買わずに外で呑むか、
買って家で呑むかが悩ましいところですなぁ…。





ランキング参加中です。



スポンサーサイト




週末呑み@金曜日。

20191011_熟柿と鶴見白濁無濾過
ワタシチョイス
左:大石酒造株式会社鶴見白濁無濾過』25度 白麹
相方チョイス
右:八千代伝酒造株式会社熟柿』25度 白麹
1年に1度のみの限定

白濁無濾過は今年2回目。
やはり旨い♪
相方の「熟柿」ですが…ワタシ実は苦手で(笑)
酒友さんの間でも大人気なんですけど
どーも『渋い』という印象が取れないんですよねー。
なんとか印象を変えたいと
今回も貰って呑んでみたんですが…う~ん
そもそも「柿」自体あんま好きじゃないしな…。


20191011_薩摩茶屋とベニハルカ
ワタシチョイス
左:丸西酒造合資会社『マルニシ ベニハルカ』25度 白麹 数量限定
相方チョイス
右:村尾酒造合資会社『薩摩茶屋』25度 黒麹

酒友さんの間で”お醤油のラベル”と言われていた
ベニハルカ。
名前にもなっているサツマイモを
トンネルで100日熟成させて作られた焼酎だそうな。
もうね、
名前→原料のお芋分かる、からの
お芋分かる→ああ、甘そう、なので
これは炭酸割りだろう、と。
ピッタリでした。甘甘。


20191011_ひとり歩き白とシルクスイート
ワタシチョイス
左:株式会社 霧島町蒸留所『百姓百作 シルクスイート』25度
相方チョイス
右:古澤醸造合名会社『ひとり歩き』25度 白麹

シルクスイートって軸屋さんのイメージ強いんで
(個人の勝手な思い込みです)
てっきりこれもそうだと思ったら
明るい農村か~と。
これも前のベニハルカ同様、
名前→原料のお芋分かる、からの
お芋分かる→ああ、甘そう、で
炭酸割りにしたかったんですけど
そもそも焼酎呑む前に
ハイボール1杯呑んでるんですよ。
だから炭酸もの既に2杯済。
これ以上呑むと後でお腹が張ってキツいなぁ、という
しょーもない理由でお湯割りトライ。
普通に美味しかったです(笑)





ランキング参加中です。




八重桜20度 五合瓶

夏の焼酎をほぼ呑み終わり
新酒が本格的に出回る時期には
まだ少し間がある今。
こういう時は酒収納で寝かせている
ストックから数本出してきて
入手した経緯やらモロモロを思い出すべく
記憶を必死に手繰ります。

そんな今回の宅呑み新規開栓はコレ。
20190925_八重桜20度1
古澤醸造合名会社『八重桜 20度』白麹

900ml=五合瓶です。
ラベル裏には
20190925_八重桜20度2
2016.9.7(詰め日?)のスタンプがあったので
恐らくは3年前…
たぶん、宮崎の焼酎イベント『ノンジョルノ』に
参加した際に持ち帰ったものだと思うんですけどね。

円卓の立食で
各テーブルの上には参加蔵元の焼酎が
蔵ランダムで数本置かれてたんですよ。

当日は各蔵元が待機している蔵ブースへ行って
お酒をもらってくるのもヨシ、
テーブルに置いてある焼酎を呑むのもヨシ、
だったんですけど
ウチはもちろん、相席の方々も
やはり蔵元と話すのを楽しみにしていて
もっぱらブースに足を運んでたため
あまりテーブルの酒には手をつけなかったんですよね。

そしたら会の終わりに
『テーブルの焼酎はどうぞお持ち帰りくださって結構です』
という案内があったんですけど
相席の方(地元の焼酎好き同僚グループだった)が
北海道から来たんだから持って帰りぃ!と
未開栓のものをどんどん包んでくださいまして。

酔っぱらってたんで渡されるまま
持ち帰って来た…中の1本(笑)ではないかと(笑)

でね。
このラベルデザインがどうにも…。
初めて見たんですよねこのラベル。
20度はもちろん地元にもありますけど
五合瓶…は初…だったかなぁ。

五合瓶だからなのか、旧デザインのものなのか、
地元向けのものなのか…謎ですが
焼酎自体は甘くて美味
20度なのでロックでいただきましたけど
爽やかな甘さがドン!と来ます。





ランキング参加中です。







ひとり歩き 黒傳

宅呑み新規開栓。

20190316_ひとり歩き黒傳
古澤醸造合名会社ひとり歩き 黒傳』25度 黒麹

大好きなひとり歩き黒。
鹿児島で買ってきたやつです。
地元でも買おうと思えば買えるんですが
取り扱いのある酒屋さんは
豪雪地帯で有名な2つ隣の市。
…九州で買った方が早いんですよね

やっぱ旨い!!
あっという間になくなりそう…。




近くで買えればなぁ。

ランキング参加中です。




秋茜と旭萬年雪

旅レポはできれば続けてupしたいんですけど
間にどうしても通常呑みが入ってしまう…。






そんなワケで金曜日の外呑み。

この店でのスタートはいつも、
20181130_とりハイボー
とり(あえず)ビー(ル)ならぬ、
とり(あえず)ハイ(ボール)。

からの~

20181130_秋茜と潤平無濾過
ワタシチョイス 左:本坊酒造株式会社秋茜』25度 黒麹
相方チョイス 右:小玉醸造合同会社
『杜氏潤平 蒸留したて 新酒無濾過』25度 白麹

毎年、秋茜はこの店でしか呑まない(呑めない)ので
これが今年ラストかなぁ。
そういえば日曜日に某農業系アイドルのTVで
モノホンのアキアカネ(とんぼ)を初めて観ました。
思わず「あ!本坊さんのヤツ!」と
テレビを指さして叫んだのはワタシです。


20181130_萬年雪と八重桜無濾過
ワタシチョイス 左:有限会社 渡辺酒造場無濾過 旭萬年 雪』28度 白麹
相方チョイス 右:古澤醸造合名会社『八重桜 手づくり 無濾過』20度 白麹

今年初の萬年雪!
毎年分かりやすく味が変わるので
面白くもあり楽しみでもありガッカリも時々あり(笑)な
萬年雪ですが
相変わらずの香ばしい焼き香は健在!!
利き酒はアホですけど、この匂いを嗅ぐと
「ああ~渡邊さんのやつだ~♪」←こんなカオになります。

最近は呑みやすい方向へ向かってて
クセモノ好きとしてはちょっと寂しかったんですが
今年のはいい!クセ感出てます!!
翌日、早速酒屋さんに行って
子ペンギン捕獲してきました。
(四合瓶はラベルがペンギン@冬ver.)




子ペンギンとあと2本捕獲してきた♪

ランキング参加中です。






NEW