連休前夜、木曜日の外呑み。

20200319_蕾と宮の露ピンク
左:柳田酒造合名会社『霞千本桜』25度 黒麹
右:小玉醸造合同会社『宮の露ピンクラベル』25度 白麹

今年はお初の霞千本櫻。
湯割りに良く合う爽やかな甘さは
2020年も健在なんですが
今年はそれプラス
なんていうんだろ…後味?にちょっと華やかな
色芋にあるような香りが
チラっと色っぽく出てきて(笑)
しみじみ旨かったですわ。

宮の露ピンクラベルは自分ちでも買って→
さんざ呑んだんですけど
(とっくに空になった)
師匠が作った湯割りで呑んでみたくて。

…美味しかった。
どうしてこんなに違うのかしらねぇ…
あれこれ試してるウチに1本空になった、
って言ったら
師匠に大爆笑されましたわ。。。

20200319_ヤエザクラオレンジ
古澤醸造合名会社『八重桜 yaezakura ワイン酵母仕込焼酎』25度 白麹

前回→湯割りで冒険したので(笑)
王道の炭酸割りでいただきました。
ワイン酵母のオレンジ芋はやはり炭酸割り正解ですな…。

20200319_復刻版兵六
相良酒造株式会社『復刻版 兵六』25度 白麹
年1回 本数限定

これも今年はお初。
湯割りでいただきました。

ドスッ。っていう擬音が脳内にポップアップしましたね(笑)
みっちり味が詰まって重い感じ。旨。
温度が下がるにつれての変化を楽しみつつ
ゆっくりいただきました。





ランキング参加中です。



スポンサーサイト




土曜日。

久しぶりに外呑みに出ました。
外出自粛がちょっとだけ緩んだことと
前々からの約束がありーので久々のススキノ。

確かに人出は土曜日のススキノじゃない数でしたけど
それでも結構出てました。
が、若者ばかりでしたねさすがに(笑)

お目当てのお店が
ススキノの中心を抜けた場所だったため
そこを避けて西側からグルッと周っていったら
更に閑散としててビックリ。
閉めているお店もたくさんあって
中小路は薄暗いままのところが多かったです。

で、そのお目当てのお店については置いといて(笑)
2軒目に行ったお気に入りのお店で。

20200307_yaezakuraと武家屋敷黒こうじ
ワタシチョイス
左:古澤醸造合名会社『八重桜 yaezakura ワイン酵母仕込焼酎』25度 白麹
相方チョイス
右:知覧醸造株式会社限定蔵だし武家屋敷黒こうじ』25度 黒麹

古澤さんの新焼酎、あちこちのSNSで写真見て
気になってたんですけど…
ラベル見て「これ…オレンジ芋じゃ…」と。
案の定オレンジでしたええ。

苦手なオレンジ芋と
苦手なワイン酵母のダブルコンボ。

「克服しなければ」「勉強しなければ」で
呑んでみましたが
自分がどこに向かっててこう思うのかは
ワタシにも分かりませぬ。

オレンジってことは冷たい(呑み方)系?と
女将に聞くと


「炭酸割り推しみたいですねー蔵の方でも」


1軒目でキンミヤレモンサワーを呑み
2軒目のここでも1杯目にハイボール呑んでるんで
もう炭酸はなぁ…と思ったところに


「でも湯割りも呑めますよ?」(試したらしい)


ってんでお湯割りトライ。

コーマーチ!!!(オレンジ芋)っていう
酸味がドン!ときますさすがに湯割りは(爆)
と同時に芋の甘さも来る。

この夏、炭酸割りで出したら
ジョシに受けそうなお味でした。
(湯割りは二度としない)

二杯目。
202000307_おまち櫻井
櫻井酒造有限会社『おまち櫻井』25度 黒麹

久しぶりに呑みました。
櫻井さんの焼酎。
いや別に避けてたワケじゃなく(笑)
行った店にたまたま置いてなかった(or品切れ)
だけなんだけど。

ラベルの勝手な印象で
どっしりした味のイメージなのに
めっちゃフルーティーなのが
何回呑んでも一口めで「あれ?」ってなる(笑)





ランキング参加中です。






ひとり歩き

宅呑み新規開栓。

20200303_ひとり歩き白
古澤醸造合名会社ひとり歩き』25度 白麹

頂き物の四合瓶。
久々に呑みましたが
湯割り甘々でいいですなー。

なんせ例の流行りのおかげで

呑み会は中止&延期になるし
呑み出は店やってないし
じゃあやってる店と思ったところに
緊急事態宣言やらで出づらいし
でも酒は呑みたいし
宅呑みは肴自分で作るのはともかく
酔ってからの後片付けが面倒でかなわんし
マスクは息苦しいし
来月の遠征自粛濃厚だし

あーなんなんもう!!

と気持ちがささくれ立つ日々。
焼酎だけが癒しです…。





ランキング参加中です。





ひとり歩き 熟成古酒

関西小旅行のupもまだなんですが
波のように仕事がやってきて
脳みその余裕があまりございません。
BBAだから早くupしないと忘れてしまう…

宅呑み新規開栓。
20191023_ひとり歩き熟成古酒1
古澤醸造合名会社『ひとり歩き 熟成古酒』25度 白麹

大好物のひとり歩き古酒、
地元酒屋が取り扱いを始めてくれたーーーー!!
しかも今年はいつもの「古酒」ではなく
3年以上熟成の古酒のブレンドver。
20191023_ひとり歩き熟成古酒2

熟成なので当たり前っちゃ当たり前ですが
今までの古酒と比べて
口当たりが柔らかいというか穏やかと言うか。
美味しいんですけど…うーん…
濃いモノ好きのワタシには
割るとちょっと物足りないカンジが否めず。
従来のひとり歩き古酒の濃いぃカンジと
古酒のまろやかなカンジの両方が欲しい、ってのは
矛盾してるなぁと分かってるですけどねぇ(笑)

昨日は週のど真ん中ど平日なので
濃いめの湯割りに留めましたけど
週末は酒9:水1くらいで前割りしておいて
湯煎の燗で呑んでみようと企んでおります。

それにしても。
新酒が次々出てきてて
お財布が悲鳴を上げっぱなし(笑)
買わずに外で呑むか、
買って家で呑むかが悩ましいところですなぁ…。





ランキング参加中です。




週末呑み@金曜日。

20191011_熟柿と鶴見白濁無濾過
ワタシチョイス
左:大石酒造株式会社鶴見白濁無濾過』25度 白麹
相方チョイス
右:八千代伝酒造株式会社熟柿』25度 白麹
1年に1度のみの限定

白濁無濾過は今年2回目。
やはり旨い♪
相方の「熟柿」ですが…ワタシ実は苦手で(笑)
酒友さんの間でも大人気なんですけど
どーも『渋い』という印象が取れないんですよねー。
なんとか印象を変えたいと
今回も貰って呑んでみたんですが…う~ん
そもそも「柿」自体あんま好きじゃないしな…。


20191011_薩摩茶屋とベニハルカ
ワタシチョイス
左:丸西酒造合資会社『マルニシ ベニハルカ』25度 白麹 数量限定
相方チョイス
右:村尾酒造合資会社『薩摩茶屋』25度 黒麹

酒友さんの間で”お醤油のラベル”と言われていた
ベニハルカ。
名前にもなっているサツマイモを
トンネルで100日熟成させて作られた焼酎だそうな。
もうね、
名前→原料のお芋分かる、からの
お芋分かる→ああ、甘そう、なので
これは炭酸割りだろう、と。
ピッタリでした。甘甘。


20191011_ひとり歩き白とシルクスイート
ワタシチョイス
左:株式会社 霧島町蒸留所『百姓百作 シルクスイート』25度
相方チョイス
右:古澤醸造合名会社『ひとり歩き』25度 白麹

シルクスイートって軸屋さんのイメージ強いんで
(個人の勝手な思い込みです)
てっきりこれもそうだと思ったら
明るい農村か~と。
これも前のベニハルカ同様、
名前→原料のお芋分かる、からの
お芋分かる→ああ、甘そう、で
炭酸割りにしたかったんですけど
そもそも焼酎呑む前に
ハイボール1杯呑んでるんですよ。
だから炭酸もの既に2杯済。
これ以上呑むと後でお腹が張ってキツいなぁ、という
しょーもない理由でお湯割りトライ。
普通に美味しかったです(笑)





ランキング参加中です。






NEW